『 建築の基礎知識⑩ 』

こんにちは!

ホームコーディネーターの小俣です。

海外施工例 室内(春)

今日は久しぶりに、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

さて、いままで建築の歴史をざっとお話ししてきましたが、もう少し建築の基礎的な知識をご紹介したいと思います。

 

建物というのは、ご存知のように住宅の他にもいろいろな種類があります。

通学・通勤中や街に出かけた時に何種類もの建築物が目に入ると思います。

それらの建物は、それぞれの特別な使用目的がありますので、造り方も形も違います。

あのすま会 ホームコンサート カルテット

例えば、コンサートホールはいい音をお客様に届けることが重要です。そのために騒音があってはいけません。

そこで、壁を厚くし、隙間から騒音が入ってくるのを防ぐため出入り口を二重にし、入口の手前に小さな部屋を設け、窓はなるべく設けないなどの工夫が大事になります。

さらに先に出た音が後から出てくる音の邪魔をしないように、吸音率の高い壁にするなど、いろいろな工夫をしています。

 

また、ドーム形屋根の野球場、東京ドーム、通称ビッグエッグは、日本で初めてつくられた大規模な室内加圧式のエアドームなんだそうです。

天井の膜がうまく支えられているのは、外の気圧より内部の気圧を高くしているからなのだそうです。

建築面積46755㎡、地上6階、地下2階、収容人数56000人という大きなドームで、雨、台風、地震などに耐え、温度・湿度を保ち、天井を支えているのは実は空気なんだそうです!驚きですね!

それからもう一つ。病院はどうでしょうか?

大きな病院では入院患者、外来患者、救急車で運ばれてくる急患などがいて、それぞれの患者をケアする病院側の職員の仕事も多様です。

建物もそんなきわめて複雑な病院の機能に対応するもの荷なっているそうです。

例えば、床に段差がなかったり、人や物それぞれ専用の出入り口があったりします。

ちなみに、ホンカ・ジャパンでも個人病院を建築しているんですよ。

花村医院 ※詳しくは、ホンカ飯田の施工例に載っています。

花村医院

花村医院1

前田脳神経外科

※詳しくはホンカ・リゾート富士五湖の施工例に載っています。

前田脳神経外科

前田脳神経外科1

どの建築物もそれぞれ独自の設計が必要ということですね。

 

いかがでしたか?

次回は、建築に関わる人達についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ ログハウス 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン

/ ホームコーディネーター

小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp

直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5

SHOKAIビル 6F

TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>