『 フィンランドのログハウス研修記-2017 ~その⑤~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ ログハウス工場 (8)

「フィンランドツアー2017」フィンランド研修記の5回目は、ホンカのカルストゥラ工場をご紹介します。

ホンカ ログハウス工場 (1)

カルストゥラ工場は、フィンランドのほぼ中央に位置し、広さはなんと約40ヘクタール。世界中のホンカはここで作られています。

ホンカ ログハウス工場 (2)

木材は原木から加工され、工場のラインで順番にログへと加工して行きます。

ホンカ ログハウス工場 (10)

工場内はとてもきれいで、徹底した品質管理が行われています。

ホンカ ログハウス工場 (6)

ラインに乗った木材は熟練したスタッフが一つ一つ管理します。

ホンカ ログハウス工場(12)

また、コンピューターで木材の節を細かく管理。死節など節が飛んでしまっているような木材を自動検出しています。

ホンカ ログハウス工場 (4)

製品の品質管理の部分では、フィンガージョイント(木材と木材をつなげる接着部分)の強度について、日々曲げ強度を測定し品質確認を行っています。

ホンカ ログハウス工場 (5)

その他、ログ材の品質確認も日々行われていて、ライン上でランダムにカットされたログ材を水圧機にかけ、ラミネート(接着)部分の精度を確認しています。

ホンカ ログハウス工場 (7)

完成したログ材は、1本1本人の手で丁寧にまとめられます。

ホンカ ログハウス工場(11)

ログ材は、ホンカのロゴが入った梱包材で、納品まできれいな状態でお届け出来るよう丁寧に梱包されます(^^)

ホンカ ログハウス工場 (3)

ログ材のほか、建具(窓、ドア)や床材、天井材などの仕上げ材など1棟分のすべての材料が整ったら出荷されます。今では世界50か国以上に出荷されています。日本へは船でコンテナ配送されています。

ホンカ ログハウス工場 (9)

因みにもう一つご紹介。工場内にはパワープラントを設け、工場内で出た木材のゴミを利用し発電しています。発電した電気は工場で自給するだけでなく、町の学校や病院などの公共施設や周辺の一部の住宅にも供給されています。

ホンカ・ログホームは、みなさまから注文を頂き、世界最新のログ工場でつくられ、品質徹底管理のもと、みなさまのもとへ直接お届けしています。

ログ材の作る工場工程など興味のある方は写真をご覧頂きながらご説明させて頂きますので遠慮なくご連絡ください。

フィンランド研修記、次回をお楽しみに。

平井

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン                 ホームコーディネーター  平井邦明            E-mail hirai@honka.co.jp                  直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F    TEL 03-5778-4169            HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>