『 建築の基礎知識㉑ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ 海外フィンランド

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

前回の続きです。

品質のコンクリートをつくるには、材料調合比や均一に練ること、温度の管理と水の量が大切だそうです。

特に水の量は、コンクリートの強度や耐久性などの品質に大きくかかわるので、コンクリートをつくるうえでもっとも重要なポイントといえます。

建築_ログハウス コンクリート

水とセメントの質量の割合を水セメント比といい、W/C(Water-Cement ratio)で表します。

例えば、水が180㎏でセメントが300㎏の場合、180÷300=0.6で、水セメント比は60%となります。

一般に、W/Cが小さいほど固くて強いコンクリートになります。

ただし、水の量が少ないと水和反応がうまくいかず、型に流し込みにくくなります。

ですが、流し込みやすいからとあまりたくさんの水を混ぜると、コンクリートの強度が落ちます。

一番いいのは、流し込みやすい範囲内で、なるべく水を少なくするということになります。

水の比率が性質を左右するということですね。

 

また、コンクリートの固さを調べるには、スランプテストを用います。

建築_ログハウス コンクリート1

この図のようなスランプコーンという入れ物の上からコンクリートをつめ込み、スランプコーンを上へ引き上げます。

このときのスランプコーンの高さとコンクリートの山の高さの差(cm)をスランプ値といい、水が多く、やわらかいほどスランプ値は多くなります。

建築物の壁や梁、柱などに使うコンクリートの場合は、スランプ値20~22cmくらいが一般的です。

一方、ダムや橋などの土木建造物に使う場合は12~16cmくらいだそうです。

というのも、建築の場合は、狭いところにコンクリートを流し込んだり、そのあいだに鉄筋が入ったりするので、流し込みやすいコンクリートでなければならないからです。

 

調合で品質が決まるコンクリートは、水の量がポイントということになりますね。

次回は、コンクリートの品質を安定についてお話します。

□◆◇■ 年末年始休業のお知らせ □◆◇■

2017年12月27日(水)~ 2018年1月5日(金)

皆さん、思い出に残る年末年始をお過ごしください。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>