ホンカ カナダ

『 建築の基礎知識 ㊴ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識の中の三角測量についてお話ししたいと思います。

地面が平らなら、距離と角度を測るだけでいいのですが、坂になっていて高低差がある敷地に建物を建設することもあります。

建物の床は水平になっていて欲しいので、傾斜地でも建物を斜めに建てるわけにはいきません。

その為、図のような水平距離を求める必要があります。

建築の知識_測量

AB間の距離を知りたいとき、A1に巻尺を置き、水平に伸ばします。坂の勾配が急で、一度にBまで測れない場合は、とりあえずCで垂直に下ろし、そこをC1とします。これで、ACの距離がわかります。

C1から同じように、水平に伸ばして、目的地のBまで届いたら垂直に下ろし、CBの距離を測ります。ACとCBの距離を足すと、ABの距離がわかります。これとは逆に、下から上へと登りながら測る方法もあります。

ふつう、住宅やビルを建てるときは、このような方法で測量が行われます。一方、ダムや橋などの大きな土木建造物をつくるときは、山を1つ2つ越えることもあります。そうなると直接巻尺を当てて測ることができないので、間接距離測量を行います。

その中でも、三角測量というのが最も基本的で良く用いられている方法です。

建築の知識_測量1

三角測量は、正弦比例の法則を利用して行います。正弦比例とは、三角形ABCの角A、B、Cの大きさに、辺a、b、cの長さが正弦比例するというものです。この三角形の性質を利用して測量を行うのです。この三角測量を行なう道具としては、望遠鏡やレーザー光線を使った測量器機などがあります。

さらに航空写真や人工衛星の利用など大がかりな技術が用いられることもあり、測量技術は日々進んでいます。

次回のこのシリーズでは、建物の下の地盤についてお話ししたいと思います。

只今千葉県富津市で施工中の現場を見学できますので、お気軽にお問い合わせください。

《 お問合せ・予約先 》
平井 E-mail:hirai@honka.co.jp
平井携帯電話:090-3132-1169

千葉県富津市の現場の様子 ➡ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>