『 価値を高める仕事をいつまでも求め続ける。 』

こんばんは。

ホームコーディネーターの平井です。

 

今日は、ムーミンの生みの親であるトーベ・ヤンソン生誕100周

年つながりで、創業100年を超える歴史がある「公長齋小菅(こ

うちょうさいこすが)」という企業のアイテムの一部をご紹介し

ます。

 

家具などの調度品や天井などの建築資材、身の回りにある自然風

景として、日本人が古来から慣れ親しんできた “竹”。

ホンカ 竹

そんな日本の風土や文化に根差した竹素材を使って、現代の竹工

芸をけん引する企業なんだそうです。

この会社は、創業当初から竹工芸を一貫して扱い続け、宮内庁・

宮家の御用達を承るほど信頼と実績を積んだ老舗のメーカーとの

こと。

先祖となる江戸時代後期の御用絵師「公長」の名を掲げ、その芸

術的DNAを受け継いだ「公長齋小菅」は、類まれなるセンスで他

メーカーとは一味違う色気を感じる竹工芸品を作り上げているの

だそうです。

 

今回私がこの企業の商品を紹介しようと思ったもう一つの理由

は、この会社のディレクター・小菅達之氏が「自分たちが竹の魅

力を100%引き出せているとはまだ思っていない」と語り、常に

竹の価値を高めるための挑戦をし続けている。ということをおっ

しゃっていることを知ったからなのです。

ホンカ 竹2

2011年には竹工芸の伝統的な技法である網代編みと皮革を融合さ

せたコレクションを発表。

竹素材にマッチする革、高い技術を追求し、イタリア・フィレン

ツェの工房と手を組んで実現した日伊合作の逸品だそうです。

使用する植物タンニンなめしの革は使い込むほどにその風合いを

増していき、竹と漆のつややかな経年変化とともに異素材の共演

が楽しめる。

キリッと引きしまった表情は、竹=和のイメージをいい意味で裏

切り、スーツやジャケットスタイルに似合うラグジュアリーな印

象となっています。

ホンカ 竹3

“ 竹×皮革の革新的なアイテム ”を生みだし、竹の価値を高める仕

事を求めているという姿勢にすごく共感しました。

ホンカ JCOM5

私も“ 本物の木の家    ホンカ・ログホーム ”の価値を高める仕事を

いつまでも求め続けていきたいと改めて強く思いました。 平井

平井写真2015.3

 

**********************

株式会社ホンカ・ジャパン

東京都港区北青山1-2-7

コウヅキキャピタルイースト4F

TEL 03-3479-4169 FAX 03-3479-4168

HP http://www.honka.co.jp/

**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>