カテゴリー別アーカイブ: メンテナンス

現場報告(福井県敦賀市)

外の街路樹や山も色づき始め、秋らしくなってきましたね!

黄色や緑や赤色と色とりどりで綺麗ですよね。

  

さて、今回は築14年程前に建てさせていただいたお宅のメンテナンス工事です。

屋根、建物の補修、再塗装などのご依頼をいただきました。

足場が組まれてこれから作業が始まります。

  

凄い角度での作業に驚いてしまいました(^-^;

安全を確保して作業していますが、職人さんならではのお仕事ですよね。

  

続いては外壁です。

こちらのお宅で採用している塗料、Tikkurila(ティクリラ)の再塗装時期としては7年程を目安にして頂いているのですが…

  

近くでみると塗装が薄くなっているのが分かります。

まだしばらくは作業はかかりますが、再塗装されたお写真もまたご紹介したいと思います!

10年目の再塗装!

雨が降った日の次の日ショールームの前の草抜きをしていると...

あまがえるがでてきたのでビックリ!

綺麗な色にもビックリ!元気よく草の中に入っていってしまいました。(見つけられましたか?)

今日は長野県のログハウスの再塗装の様子をお届けします。

こちらのログハウスは10年前に弊社で施工させていただいたお宅です。

足場が組まれて再塗装の準備は整いました!

どんなふうに変わるのか楽しみですね☆

再塗装前は琵琶湖展示場のモデルハウスと同じ色でしたが、今回はムーミンハウスのような青色に再塗装され雰囲気がガラリと変わりましたね(^-^)

扉のスカンジナビアンレッドがアクセントになり可愛いです♪(ちょっと分かりづらいですが(^-^;)

ログハウスに関わりまだ少しですが、ログハウスである事によって楽しめることがたくさんあるのだなと感じました。

今回の再塗装の件もそうですが、経年していく建物と同時に自分たちのその時に感じた感性が建物で表せるって素敵な事だなと改めて感じました。

またこちらのログハウスの経過もお伝えしますね☆彡

モデルハウス再塗装終了〜!

春の陽気が続かずになんと梅雨入りしてしまいましたね💦

恵みの雨も必要ですが、災害級にならないことを願います👏

今回は長らく足場がかかっていたモデルハウスとショールームが綺麗に再塗装されました♪

ログハウスに煙突って可愛いですよね☆

玄関前のウッドデッキもカフェスペースみたいになりました。

再塗装されたモデルハウス&ショールームを見ると気持ちがまた新しく新鮮な気持ちになりました。

ショールームはこんな感じになりました。

白が際立って爽やかになりましたね。

最後に正面から📷

少し変更が加わったところがあります!

気づかれた方いらっしゃいますか?

正解は・・・バルコニーの手すりの色が柔らかい茶色に!

そして真ん中のテラスに屋根がかかりました(*^^*)

綺麗に再塗装された琵琶湖展示場にぜひ遊びに来て下さい☆彡

再塗装中の現場です(滋賀県大津市)

ご無沙汰しております。塗装担当の神です。

ここ最近、再塗装のご依頼が続き日々忙しくさせて頂いています。

工事待ちのお客様には申し訳ありませんが、順次お伺いさせて頂きますので今しばらくお待ちください…!

 

今は大津市の築13年目のログハウスの再塗装をしています。

屋根のカラ―ベストと外壁の塗装です。

梅雨時期なので天候を見ながらの作業にはなりますが、洗浄や下塗りを終え、何とか上塗りの工程まで進みました。

外壁の劣化が進んでいる面は3回〜4回塗りで仕上げていきます。

 

完成まであと少し!

引き続き丁寧に仕上げていきたいと思います。

 

 

塗装担当:神(ジン)

IMG_1253 (2)

 

再塗装のご報告とお知らせ

こんにちは。

今日は、先月再塗装を終えた大津市のお宅のご紹介です。

築9年目での再塗装です。足場を設置して塗装スタート。

建物の規模にもよりますが、平均1か月程度は塗り替えに日にちがかかります。

新築時は通常2度塗り仕上げですが、再塗装の場合、劣化が見られるところなどには3度塗りをしてより強く仕上げていただいています。

 

全て手作業で、とても小さい刷毛でいつも丁寧に塗って下さいます。

私も先日モデルハウスの塀を塗ってみましたが、なかなか思う様には塗れずとても根気のいる作業だったので、本当に職人さんの仕事には感動します。

 

また、塗装の際には窓周りのコーキングが劣化していないかの確認をしています。

コーキングは窓などの防水性能を保つための物なので、せっかく再塗装をしてもコーキングが劣化して切れたままでは建物の寿命を縮めてしまいます。

再塗装の際に併せて確認することはとても重要なポイントなのです!

同じ色で再塗装され、優しいイエローがよみがえりました!

 

先日ニュースレターでもお知らせしましたが、只今メンテナンスのご依頼が集中しておりお待たせしている状況です。

〜2019.6月現在の対応目安〜

・再塗装、カビ取り…2020年5月以降

・その他補修…出来るだけ早めに対応

 

再塗装の際はとくに前もってご相談いただけると有難いです。

よろしくお願いいたします。

 

三科(みしな)

DSC03005

 

ログハウスの再塗装について。

ご無沙汰しております。塗装担当の神です!

他社で施工されたログハウスの再塗装のご相談を頂く事もよくあるのですが、その中で最近多い事例をご紹介したいと思います。

こちらの写真の様に塗料が剥離してフィルム状になってしまっているケース。

このような状態になってしまう原因としては、主に塗料の選択と下地の調整不良によるものです。

弊社で使用している塗料では起こりえない状態ですが、この状態からのメンテナンスは、この層を出来るだけ除去してから塗装をすることになり、時間も手間もかかってしまいます。

一般的に木材の塗料の種類は大きく分けて下記の2種類です。

 

造膜型塗料…

木材の表面に塗膜を作るため、風雨による劣化を防ぐことができ、撥水性にも優れている。

しかし、外壁塗装をした状態で塗膜が固定されてしまい、木が伸縮する動きに塗膜がついていけないというデメリット。

浸透性塗料…

塗料が木材の内側に浸透することによって木を守ってくれるという仕組み。しかし、塗膜を貼らないために耐久性や耐水性という点では造膜型塗料とは大きく違い、傷がつきやすかったり、劣化が早いというデメリット。

 

弊社で採用している塗料は木部を紫外線や湿気から保護し、塗り重ねて強くなっていく塗料です。

ただ単に「強い」というだけで木部保護塗料を選択するのは良くありません。

植物油で出来ており環境にもやさしく、豊富な色のバリエーションがあります。

再塗装の際はしっかり汚れなどを落として塗布面を調整し、上から塗り重ねていきます。

 

みなさまのご自宅の塗料はどのようなタイプでしょうか?

塗りたてはいいのですが、劣化した後に再塗装をする事を考えた上で塗料の選択が重要です。

他社で塗装される場合も、価格だけではなく、ぜひ塗料の選択や下地調整についても注目してご検討されるのが良いかと思います。

 

丁寧な作業を心がけておりますので、再塗装をお考えの際はお気軽にご相談ください。

 

 

塗装担当:神(ジン)

IMG_1253 (2)

ホンカログハウス再塗装完了!

 

塗装担当の神(ジン)です。

福井県福井市で築15年程経過するホンカログハウスのメンテナンスをさせていただきました!

 

前回のメンテナンスの様子はこちらです。

 

20151202_110355

20151202_115751

 

カラーベスト、トタン屋根共に中塗り作業中です。この後、上塗りを行います。

 

20151215_151727 20151214_154816

 

デッキはブラシやタワシなどを用いてカビや泥などを洗い流します。

外壁は2回塗りをしても吸い込みの激しい部分は3回塗りをして仕上げとしました。

 

20151230_123153

20151230_123254

20151230_123610

 

冬のシーズンということもあり、天候が優れない日もあったのですが、

臨機応変に対応し、母屋・離れ共に無事メンテナンス完了です!

 

 

塗装担当:神(ジン)

IMG_1253 (2)

ホンカログハウスの再塗装

 

塗装担当の神(ジン)です。

現在、福井県福井市で築15年程経過するホンカログハウスのメンテナンスに取り掛かっています。

 

20151117_105939 20151121_131559

 

屋根の高圧洗浄、縁切のためタスペーサーを差し込み、下塗り作業を行います。

 

20151120_121008 20151121_081912

 

外壁は研磨後、ホコリを除去し、窓ガラスを水拭き後、

「キシラデコール」を塗っていき、よく吸い込む箇所はタッチアップをします。

 

これから雪のシーズンに入りますが、それまでにできるところまで頑張って進めます。

 

塗装担当:神(ジン)

IMG_1253 (2)

再塗装工事のご報告

 

塗装担当の神(ジン)です!

この度、滋賀県高島市K様邸の再塗装工事を行いました。

 

IMG_1098

IMG_1109

IMG_1119

IMG_1132

 

まず、カビや汚れをタワシ研磨で落とします。

研磨材としてタワシ研磨が一般的ですが、落ちにくいときは水拭きや、紙ペーパーもオススメです!

 

IMG_1133

IMG_1167

 

その後はダスター刷毛やブロアーを用いて細かい埃を飛ばし、

塗装をしないヶ所に養生をし、木部の乾燥を確認後、塗装作業に入ります。

 

再塗装の場合、基本は2回塗り仕上げですが、劣化の酷いヶ所は3回塗りで仕上げたり、

防腐剤で下地を調整したり木部の傷み具合により工程を変えます。

 

IMG_1202 (2)

IMG_1216 (2)

 

木部以外の雨樋や板金部分は水拭きで綺麗になりますよ。

塗装が必要な場合は木部同様、紙ペーパーで細かいキズをつけると塗料の密着度が上がります!

その他にもチェックをして不備があれば、塗装をしていきます。

 

塗装後の建物のご紹介はまた後日・・・

以上、再塗装工事のご報告でした。

 

 

塗装担当: 神(ジン)

IMG_1253 (2)

 

築9年目の再塗装工事です。

 

春を通り越して夏のように日差しが強い日が続きますね。

ゴールデンウィークがすでに始まっている方や、明日から始まる方もいらっしゃると思いますが、

お出かけ日和になりそうですね!(^^)v

みなさんはどのように過ごされるのでしょうか?

 

さて、先日築9年目になるホンカログホームM様邸の再塗装工事を行いました。

 

DSC_1218

 

今回初めての再塗装ですが、大きく痛んでいる部分も見られず、

改めて「ティックリラ」の塗料は強いんだなと実感しました!(^o^)

 

DSC_1439 DSC_1373

 

下地処理としてタワシやペーパーで汚れを落としていきます。

そして、サビの出ている金具にはサビ止めを塗布します。

 

DSC_1371 DSC_1444

 

ログの上部などは雨が当たって痛みやすいので、板金などで傘木をすることが多いですが、

今回は庇の下で、特に腐食も見られなかったため、塗装のみ行いました。

その他の腐食箇所や窓廻りの劣化なども確認し(ここが重要です!)、特に問題はありませんでした。

 

DSC04575

 

イエロー系からグリーン系の色に塗装したことによって、イメージが大きく変わりましたね(^^)/

綺麗になった建物と新緑の葉がお似合いです♪

 

DSC04569

DSC04571

 

メンテナンスをすることによって、建物により愛着を深めていただけるとうれしいです(*^^*)