登記とは①

M3_iso kuva

 

こんにちは。

ホームコーディネーターの大友です。

 

本日は土地を購入したり家を建てたときに行う

「登記」についてご説明します。

 

登記とは、土地や建物の「状況」と「権利関係」を

国の機関である法務局に届出し記録することです。

法律的にその不動産の権利を主張することができ、

不動産取り引きの安全と円滑を図ります。

 

では住宅を新築した時に行う「表示登記・保存登記」

というのはどういうものなのでしょうか。

 

まずは表示登記ですが、これは不動産登記の表題部に

される登記で、不動産の特定を目的とします。

土地については、その所在、地番、地目、地積を、

建物については、その所在、家屋番号、種類、構造、

床面積が表示されます。

これらを登記簿に記載することによって、

不動産の客観的現況をそのまま公示します。

 

内装工事がほぼ仕上がったタイミングで登記をし、

その後保存登記、抵当権設定を行います。

 

準備する書類なども多く、煩雑な処理と感じる

方も多いと思います。

もちろん弊社にお任せいただいても大丈夫ですし、

ご自身で申請しても大丈夫でございます。

 

初めての家づくりで不安なこともあると思いますが、

ひとつひとつ解決しながら一緒に家づくりを進めて

参りますのでご安心ください^^

 

明日は保存登記についてご説明いたします。

 

 

【つくば市のモデルハウス】

IMG_5989

 

【資料請求】

 

ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:0297-60-8169