雑種地とは

P1020446

 

こんにちは。

ホームコーディネーターの大友です。

 

「雑種地に家は建てられますか?」

モデルハウスにいらっしゃるお客様にたまに

このようなご質問をいただきます。

 

答えは「建てられる場合もありますし、

建てられない場合もあります。」です。

 

まず、雑種地というのはどういうものかと

言いますと、「法務省令で定められた他の22種類の

用途のいずれにも該当しない土地」のことです。

 

もう少しわかりやすく言いますと、

法務省令で定められている地目は23種類あります。

田、畑、宅地、学校用地、鉄道用地、塩田、鉱泉地、

池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、

水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、

公衆用道路、公園、そして雑種地です。

 

この雑種地以外の22種類のいずれにも該当しない

土地を雑種地としています。

 

わかりやすい例で言いますと、屋根のない駐車場や

資材置き場、ゴルフ場などは雑種地に当ります。

 

さて、冒頭の「雑種地に家が建てられるか」という

質問ですが、家が建てられるかどうかは地目で

決まるのではなく、都市計画法や農地法で

制限されている土地かどうかで決まります。

 

市街化区域の雑種地には家を建てられますが、

市街化調整区域の雑種地には原則家を建てることは

できません。

 

原則と言いましたのは、市街化調整区域でも特例で

家を建てることができる土地も存在するためです。

 

このように家を建てられる土地なのかどうか

というのは簡単に判断できるものではありません。

候補の土地がありましたら、建築可能かどうか

しっかりと調査をいたします。

特例に該当するかどうかも様々な条件によって

変わってきます。

 

弊社ではこういった調査もお任せしていただいて

大丈夫でございますのでお気軽にご相談ください^^

 

 

【つくば市のモデルハウス】

IMG_5447

 

【資料請求】

 

ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:0297-60-8169