登記とは②

キッパリ

 

こんにちは。

ホームコーディネーターの大友です。

 

昨日の表示登記に引き続き、

本日は保存登記についてご説明いたします。

 

保存登記とは、新たに生じた不動産について初めて

行われる所有権の登記です。

表示登記とは異なり、所有権を公示する効果をもち、

その後の当該不動産の権利変動の登記の基礎となります。

 

表示登記は新築後1か月以内に行わなければ

過料10万円となりますが、保存登記は任意ですので

必ず行わなければならないという訳ではありません。

 

ですが、保存登記を行わないと

所有権移転(売買や相続)や抵当権設定ができません。

抵当権が設定できないと、住宅ローンを組むことも

できないのです。

 

このように、表示登記・保存登記はどちらも

家を新築する際に必要になってくる手続きなのです。

 

専門家に依頼をすると表示登記・保存登記で

15万円程かかりますが、こういった諸経費については

住宅広告などの金額には含まれていないことが多いので

注意が必要です。

 

弊社で作成している資金計画提案書にはマイホームに

かかる費用を細かく記載しており、もちろん登記費用も

計上しておりますので安心して家づくりができます^^

 

専門用語が多く、わからないことだらけの家づくりも、

ひとつひとつ丁寧に、わかりやすく進めて参りますので

ぜひ一緒に最高のログホームを建てましょう^^

 

 

【つくば市のモデルハウス】

IMG_5560

 

【資料請求】

 

ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:0297-60-8169

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>