ワークトップの素材

IMG_0089

 

こんにちは。

ホームコーディネーターの大友です。

 

昨日のブログでキッチンのワークトップの

素材でエンジニアドストーンというものを

ご紹介しましたが、その他にワークトップに

使われる素材にどんなものがあるのか

ご紹介したいと思います。

 

まずは代表的なのはステンレスですね。

安価でメンテナンスもしやすいのですが、

傷がつきやすいという面があります。

 

そして最近よく見かける人工大理石。

インテリア性が高いものが多いですね。

大理石という名前ですが、実際はアクリル系

またはポリエステル系の樹脂でできています。

 

昨日ご紹介したエンジニアドストーンは

人工大理石の一種で、粉砕した水晶を

樹脂で固めて形成したものです。

 

セラミックも最近CMでよく見ますね。

焼き物ならではの意匠性が特徴で

熱に強く、硬い素材です。

 

その他にもメラミンや天然石、タイルや

モルタルなんかも使われています。

 

耐水性、耐熱性、対汚性、耐久性、強度、

メンテナンス性、費用など、

それぞれの素材にそれぞれの特徴があり、

一概にどれが優れているというのは

言えないので、お好みに合う素材をセレクト

するのがいいかと思います。

 

また、素材によって取扱いのないメーカーも

ありますし、逆にこの素材ならこのメーカーが

おすすめ!というパターンもあります。

 

素材から選ぶ場合も、メーカーから選ぶ場合も、

しっかりとアドバイスをさせていただきますので

お気軽にご相談ください!

 

設備の打ち合わせもすごく楽しいですよ^^

 

 

モデルハウスのご予約はこちらへ。

TEL:0297-60-8169

Mail:info.honka-tsukuba@isekiya-komuten.com

 

 

【つくば市のモデルハウス】

IMG_5553

 

【資料請求】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>