セットバック

top Fregatti reposaari-4

 

こんにちは。

ホームコーディネーターの大友です。

 

昨日のブログで「接道義務」について、

「幅4m以上の道路が少なくとも2m以上

その土地に接していなければなりません」

とご説明しましたが、実際の道路は幅4mに

満たないものも多くあります。

このままでは建築物を建てられない敷地が

数多く生まれてしまいます。

 

そういった場合は、「敷地のセットバック」

をすることにより接道義務をクリアできます。

「敷地のセットバック」とは、巾4mに

満たない道路において、道路中心線から

2m後退した線を道路と敷地の境界線として

取り扱うことです。

セットバック

道路を挟んだ反対側の土地が川や崖の場合は

川や崖側の道路境界線から4m後退した線を

境界線として取り扱います。

これにより接道義務が満たされます。

 

 

ただ、セットバックをした場合、セットバック

部分は敷地面積に入れずに建ぺい率や容積率の

計算をしなければなりませんので注意が必要です。

 

土地をお探し中の方は、現地確認に行かる際、

接道義務やセットバックの有無についても

頭に入れながらご検討いただければと思います^^

 

 

モデルハウスのご予約はこちらへ。

TEL:0297-60-8169

Mail:info.honka-tsukuba@isekiya-komuten.com

 

 

【つくば市のモデルハウス】

モデルログハウス

 

【資料請求】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>