7月25日 『第3回 フィンランドカフェ開催報告』

皆さん、こんにちは!!毎日暑いですね。今日の山中湖は雲が多いので、ちょっぴり涼しいです。

さて、先週末に山中湖デザインセンターにて、第3回目のフィンランドカフェが開催されました。今回も、名古屋工業大学教授でありフィンランド経済学者とともに研究を続けていらっしゃる徳丸宜穂先生と、山中湖在住のヘルシンキのアールト大学で研鑚を積まれた、相模女子大学教授・尾崎真奈美先生、そして、「福祉国家の観光」に関する本を出版された、フィンランド研究をされている東洋大学教授の藪長千乃先生を中心に行なわれました。

(※過去のブログもご覧ください→5月11日 『「フィンランドカフェ」が開催されました!』7月2日 『第二回 フィンランドカフェ開催報告』

今回、フィンランドでは夏の風物詩と言われるザリガニパーティー形式の講演会。フィンランド料理をはじめ、地元ファーム山中湖の採れたてオーガニック野菜を使った料理がもてなされ、とても賑やかで楽しい時間が流れていました。

フィンランドで活躍するVisualArtistであるMikko Raskinen氏をゲストスピーカーに迎えてのお話会。

フィンランドでは人気の高級食材として知られるザリガニ♪意外といけるお味で美味。ロブスターのお仲間だとの事です。フィンランドでは、生きたままのザリガニを水とディル(香草)・塩・砂糖を入れて茹でるそうですが、今後はそのような調理方法は違法になるようです。スイスでは既に発令されているとのことですが、北欧はそういった動物愛護的考えが進んでいますねー。

IMG_4789

 

斬新なヘアスタイル(可愛いムーミンハットで隠れているが、サリーちゃんのパパ風)で、とてもハイセンスなMikko氏。

IMG_4792

 

Mikko氏の作品。電子回路と金のアート。素敵♪

IMG_4795

 

日本の茶室の掛け軸からヒントを得て創ったという縦長の作品。

IMG_4797

フィンランドのオーロラの写真も見せてくれました。

IMG_4805

Mikko氏は、比較宗教学を専攻したにもかかわらず、いつの頃からか絵を描きたいと思うようになり、大学で芸術を専攻していないために政府や財団からの助成金が受けにくいそうです。そのために大学で映像技術者として働きながら、余暇に作品を作っているとのことでした。真奈美先生曰く『彼の作品はラップランドの厳粛な自然と静寂、深い思索と強い意志に縁取られている。縦長の作品群は、茶室のお軸からヒントを得たという。天と地、憧れと現実、限りある世界と悠久、静と動、そのような宇宙の根源的な統合を彷彿とさせるようなミッコの眼差しを感じた。』と。

お人柄も朗らかで、日本が大好きなMikko氏。山中湖の森と湖を見た時に、フィンランドのようだとおっしゃっていました。今後Mikko氏の作品を展示してくださるギャラリー等、情報がありましたら、ぜひビボーンまでご一報下さい。皆さんMikko氏の応援お願い致します!!

日曜日は、日本とフィンランドを結ぶ人が集まる素敵な場所になりました。HONKA発祥の地、フィンランド。ヒト・モノ・コト・ココロ…日本とフィンランドはなぜか似ているようです。きっと更に多くの日本の皆さんに、HONKAの良さを分かっていただけると確信しております。

営業・城定でした♪

jojo1

Email: jojo@be-born.jp

HONKAは今年、創立60周年を迎えました。アニバーサリー動画をぜひご覧ください。

HONKA60周年記念動画♪

✜ホンカ富士北麓Facebookページのご案内

https://www.facebook.com/beborn.b

✜ここでしか見れないこだわりのログホーム!!
ホンカ富士北麓の施工実績をご覧になれます!!
山中湖・河口湖・山梨・静岡・神奈川・長野・東京・埼玉を
中心に314棟の実績(2018年7月現在)
『ホンカ富士北麓 施工実績』

 

2

http://www.be-b.jp/results/example.html

✜毎週月曜日更新!!施工中の様子がご覧になれます!!

『ホンカ富士北麓 施工中の物件』

http://www.be-b.jp/field/index.html

P1110803

✜お得な山中湖・河口湖の別荘・不動産情報が盛りだくさ ん!!

『ビ・ボーン不 動産』

3

http://estate.be-born.jp

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>