7月15日 『夏に断熱材の話』

みなさん、こんにちは。

営業の河西です。

 

今日は山中湖でもすでに30度になっています。

外は暑くて出る気がしませんが、私の仕事をしている

ログの中はとても快適。

ログの高い断熱性と調湿効果のおかげでしょうか。

でもログ以外の断熱材にも秘密があります。

 

断熱材というと冬の寒い日の断熱が頭に浮かびますが

夏の暑い外気をシャットアウトする意味でも

断熱材は効果を発揮します。

 

そこで今日は、弊社でホンカログホームを施工させて頂く際に

標準で使用しております断熱材についてお伝えします。

 

断熱材といえば、皆さんが頭に浮かぶものの多くは、

きいろっぽい色をした【グラウウール】と呼ばれるガラス繊維でできた

断熱材でしょうか?

800pxglaswolle

弊社でも以前は、このグラスウールを主として使用していまし

たが、現在は、仕上がってからではなかなか見えない部分の

断熱材にもこだわりを、という事で【木の繊維】でできた

断熱材を標準仕様としております。

 

この断熱材は、環境・健康に対応した次世代エコ断熱材で、

環境先進国のドイツで開発されたものです。

2009年【株式会社 木の繊維】という会社が、ドイツの最新設備

を導入し、北海道産の針葉樹(主にカラマツ)を原料とする生産

工場を北海道の苫小牧市に誕生させ、日本国内での生産・出荷を

開始しました。

断熱材

弊社が、この断熱材を使用している理由をご紹介します。

1. 林地残材や間伐材の利用促進により森林循環を促してい

ます。また、工場にはバーク(樹皮)を燃料とするボイラー

を設置しているそうです。

森林循環や木を無駄にすることがないというところが、

ホンカの工場の取り組みと同じです。

 

2. 原料は、不純物の内北海道産バージンチップを使用して

おり、ホルムアルデヒドやVOC(トルエン・キシレン他)

フリーでシックハウス・アレルギー対策にも貢献しています。

住む人にも、建てる人にも安心、安全な断熱材です。

 

3. この断熱材は、高性能グラスウールなどと同等の断熱性能を

有しており、申し分のない断熱効果を発揮しています。

 

4. 熱容量が高く、周囲の温度影響を受けにくい特長を持って

います。夏季においては、暑さが室内に到達する時間を遅延

させ、涼しい室内環境を創出。冬季においても、室内の

温度変化がおこりにくい環境を創出。年間を通じて、冷暖房費の

削減に貢献しています。

 

5. 優れた吸音性能が話し声、テレビ音、車のエンジン音

といった生活騒音の軽減に効果を発揮しています。

これはログハウス同様、居住空間に静寂をもたらし、

プライバシーの確保にも貢献しています。

 

6. 木が主原料であるこの断熱材は、木材の特性である調湿効果

(吸放湿性)をもっているので、湿度をコントロールすることが

出来ます。

 

7. 適度な密度と柔軟性があるため、構造体にしっかり密着。

隙間のない断熱施工が容易であるという点です。

2

3

以上のようなことから、グラスウールよりも高額ではあります

が、商品としてのクオリティーの高さからも弊社の標準仕様

断熱材としています。

 

サンプルも山中湖ホンカデザインセンターでご覧頂くことも可能

ですので、ぜひ手に取ってご覧ください。

河西さん

河西でした。

HONKAは今年、創立60周年を迎えました。アニバーサリー動画をぜひご覧ください。

HONKA60周年記念動画♪

※皆様のご意見・ご要望ご感想などたくさんお待ちしております。

 

 

✜ホンカ富士北麓Facebookページのご案内

https://www.facebook.com/beborn.b

✜ここでしか見れないこだわりのログホーム!!
ホンカ富士北麓の施工実績をご覧になれます!!
山中湖・河口湖・山梨・静岡・神奈川・長野・東京・埼玉を
中心に314棟の実績(2018年7月現在)
『ホンカ富士北麓 施工実績』

 

2http://www.be-b.jp/results/example.html

✜毎週月曜日更新!!施工中の様子がご覧になれます!!

『ホンカ富士北麓 施工中の物件』

DSC01219

http://www.be-b.jp/field/index.html

 ✜お得な山中湖・河口湖の別荘・不動産情報が盛りだくさ ん!!

『ビ・ボーン不 動産』

3

http://estate.be-born.jp