屋上付き住宅の構造

屋上付きのログホームを建築していますが、現場に行きますと1Fのログ材の高さが26cmありますのでとても重厚感があります。

仮設階段を上がると2Fで使用しています柱がよく見えてきますが、太く見ごたえがあります。

屋上付き住宅

IMG_5766

一般の住宅では3.5寸柱(10.5cm)や4寸(12cm)がよく用いられますが、構造部分は幅5寸(15cm)を使用していますので、実際目にするとその太さに驚きます。

現在も残っている築500年の木造の民家の柱は5寸角をよく使用していたそうです。

屋上部分の床にも一般的な住宅の構造材として用いる角材が細かいピッチで入っています。

図面で見た際も材の多さを感じますが、実際現場で目にすると思わず声が出るくらい強固な印象の建物となっていました。

設計 植松

トイレ内手洗いの打合せ(天然石カウンター)

トイレ内の手洗いのお打合せをしておりますが、限られたスペースの中で小さい手洗いでなく雰囲気がよく洗いやすい大きさの洗面器のご希望がありました。

メーカーさんの商品ではご希望のものがなく、天然石のカウンターにデザイン性のある洗面器をのせ収納扉を含め造作することにしました。

天然石カウンター

カウンターに使用する天然石をお見せするととても気に入って頂けまして良かったです。

トイレにスペースがある場合は手洗スペースを広く取りますと、トイレのグレードも上がり、お客様がいらした際も使いやすく喜ばれます。

IMG_2926

046

設計 植松

ホンカファンミーティング開催 フレンチレストラン内にある暖炉

2017年ホンカファンミティングを開催させて頂きました代官山の老舗フレンチレストランのパッションさんには大きな暖炉がありました。

こちらの暖炉を見た時に、社会人に成りたてで若かった頃の記憶が蘇ってきました^^

友達と背伸びをし『代官山でフレンチを食べてみたいね』とお伺いしたレストランだったことを思い出しました。

暖炉で焼いたお料理もあるそうで、ファンミーティングでのお料理は特別にご用意して下さったメニューでお子さんをはじめみなさんとても喜んでいらっしゃいました。

<修道院で使われていた暖炉>

↓ こちらの暖炉のお写真が素敵ですので是非ご覧下さい。

http://www.arrival-wedding.com/tokyo/restaurant/pachon/

IMG_5627

IMG_5636

IMG_5638

IMG_5639

IMG_5640

IMG_5641

IMG_5649

ホンカジャパンのホームページには当日の様子が掲載されておりますのでご覧下さい。

http://news.honka.co.jp/news/news_temp.php?news_no=273

設計 植松

 

ホンカをご検討中の皆様とオーナー様の集い

ホンカオーナー様の代官山の老舗フレンチレストランPACHONさんをお借りしまして、ホンカファンミーティングが開催されました。

IMG_5694

フィンランドからはマルコCEOが来日され、シェフのホンカオーナー様よりフランス語と日本語でお話をして頂きました。

代官山フレンチ

 

IMG_5627

IMG_5655

IMG_5646

オーナー様からは写真をもとにログホームのお話がありました。

久ぶりにお会いしましたオーナー様からはご主人が造作された2Fのトイレ内の収納や、ベンチ式のおもちゃ箱のお写真を見せて頂きました。

残った壁材を利用され上手に造られていました^^

IMG_5672

抽選会ではオーナー様がログを加工し造られたカップもありまして素敵でした。

お子様にはムーミンの商品が大人気でした。

IMG_5681

IMG_5700

各テーブルで団結したクイズの時間やじゃんけん大会は本当に盛り上がりました。

この様な機会でないとお子さんと代官山でフレンチを食べれないのでとても嬉しいですというご家族の言葉とお料理を食べた瞬間に ”美味しい~~” の言葉が印象的でした。

これからご検討される皆様とオーナー様が和まれた雰囲気でゆっくりお話することが出来、また皆様が想像以上に毎年楽しみにされていることを知り、素敵な集まりだと思いました。

来年も皆様のご参加をお待ちしております。

設計 植松

 

(現場状況)ノンセトリングログ ログ組

屋上のあるログホームの為ノンセトリングログで、ログ組が始まりました。

日差しの強い青空のもと、大工さんが頑張って作業されています。

ノンセトリングログ

 ログ組

ログに空いているのは電気配線用の穴やノンセトリングログ専用のボルトの穴でフィンランドの工場で加工されてきます。

IMG_5593

IMG_5607

ログの両側面の部材の繊維方向を水平に中央は垂直方向に交差圧着し、ログ特有のセトリングを抑止しています。

 IMG_5599

設計 植松

 

 

 

 

屋上にも対応するノンセトリングログ

今回設計しましたログホームはホームエレベーターや屋上のある住宅の為、現場サイドとも打合せを繰り返しFXLノンセトリングログを採用しました。

ノンセトリングログ

↑ ログの両側面の繊維方向を水平方向、中央の部材の繊維方向を垂直方向とし交差接着したログとなっています。

ログ建築特有のセトリングを抑止したログホームを建築することが出来ます。

 

設計 植松

屋根勾配に合わせた天窓選び

天窓にはいくつか種類があり、屋根の勾配(角度)により取付け出来るタイプが異なります。

<大屋根>

横浜ログ

屋根勾配がきつい場合は手動の回転式の天窓を取付けることが出来ます。

約180度回転した際固定が出来るので、室内からお掃除が出来ます。

ログ天窓

IMG_0021

<平屋>

IMG_4983

平屋の様に屋根勾配が緩い場合は、上部を軸として天窓の下の部分から上に開くタイプとなります。

IMG_5580

天窓は操作ロッドで手動で開閉するタイプと吹き抜けや高い場所など手が届かない場合は自動タイプをお選び頂けます。

↓ こちらはロールスクリーンの開閉をするソーラーバッテリーのリモコンです。

IMG_5588

 

IMG_5587

部屋の方角や用途によりロールスクリーンは、標準タイプまたは遮光タイプのご提案をし仕様を決めていきます。

設計 植松