yokohamakita のすべての投稿

オーナー様からご紹介頂いた美味しい果物(いちご・イスラエル産オアオレンジ)

いちごの季節ですが、以前オーナー様から頂きましたEM菌で栽培したいちごがとても美味しく、今回発注をしました。

EM菌いちご

5月頃まで販売しているそうで、いちご屋さんは忙しい日が続くそうです。

ログ家庭菜園

オーナー様のお庭もEM菌を使用した家庭菜園がありまして、無農薬の野菜造りをされています。

こちらは初めて食べましたがイスラエル産のオアというオレンジです。

野球のWBCで次回対戦するイスラエルですが、果物ではあまり馴染みがないのですが、このオアオレンジはとても甘くて非常に美味しいです。

今まで食べたことのあるオレンジとの違いに驚きました。

店頭で見かけた際は是非一度お召し上がり下さい^^

イスラエル産オレンジ オア

 

 

 

春の家具フェア(3/1~3/31まで開催中)

北欧住宅に合う家具メーカーさんをご紹介しておりますが、当社にて3/1~3/31まで「春の家具フェア」を開催しております。

通常時期の割引に加えさらに5%お値引きとなりますので、是非この機会にご検討されてはいかがでしょうか。

対象メーカーさんにつきましては下記までお問い合わせ下さい。

P1020274

(リーン・ロゼ ソファー)

リーンロゼソファー1470471832922

 

 

シエスタ株式会社

担当 植松 香織

TEL 045-938-5888

info@log-siesta.jp

 

 

 

大きな棟木

現在施工している建物の2Fに上がりますと棟木の大きさに目がいきました。

棟木とは屋根の骨組の頂部(一番高い位置)に用いられる部材です。

構造的には屋根荷重を小屋束(今回のプランはログ壁)から梁へと伝える役目を果たしています。

プランニングの際に棟木の寸法も検討しますが、建物の間口も広いので実際450(45cm)ある材を目にするとその大きさを改めて感じました。

IMG_3889

IMG_3886

↑ 吹抜け部分は仮床を造り施工します。

仮床が取れるととても広い吹抜けとなりますので楽しみです。

設計 植松 香織

蓄熱に優れたフィンランドのソープストーン

世界に約200種のソープストーンがありますが、その中でフィンランドのカレリアン・ソープストーンだけが、極めて高密度で熱や冷たさを長時間蓄える性質を持っているそうです。

ソープストーンを冷凍庫で凍らせ飲物に入れると、飲物が薄まらないので氷の変わりに入れたりもします。

フィンランドでは高い耐熱性と蓄熱性から昔から暖炉に使用されてきました。

石のストーブ

この石のストーブは上手く煙の上昇気流をつくり薪を燃やすには、様々な工夫が必要ですが、火を消した後に驚くほどの保温性を発揮します。

火をつけ2時間位しますと側面の石もだいぶ熱くなり、立ったまま岩盤浴^^?が出来るくらいです。

翌日の朝、石に触れますと熱く建物も暖まっています。

そして夕方に触れますと、石はほんわか暖かくソープストーンの持つ力に驚くばかりです。

設計 植松 香織

 

仕事初めのご挨拶

あけましておめでとうございます。

今年の仕事初めは昨日の朝より現場で始まりました。

例年は横浜のモデルハウスからスタートしますが、朝から現場に来ますと身の引き締まる思いがしました^^

本日は、遠方に住んでいてご実家に帰省されていたお客様のご来場がありまして、年始よりホンカのログを見たいと思って下さって嬉しく思いました。

今年も素敵なログホームの建築が出来ます様お手伝いしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

設計 植松 香織

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス プレゼント探しゲームを開催してます

クリスマスの3連休中は、横浜のモデルハウスにてプレゼント探しを開催しています。

img_3721

img_3723

↓ モデルハウスに隠れている折り紙を7つ探すとヒントが書いてあります。img_3711

img_3717

↑ 上の写真内にもヒントの折り紙が隠れてます^^

昨日参加されたお子さんは壁と同化している折り紙も見つけ、プレゼントを見つけることが出来ました。

ご見学はご予約制となっておりますので、ご来場の際はご連絡をお待ちしております。

(現場状況)ログ組が進んでます

フィンランドから届いたログの小口にはA通りの1段目 (A-1 A-2 B-1・・・) など番号の紙が貼ってありますので、組みやすいように部材を仕分けし、ログ組をはじめます。

気密・水密性を向上させましたホンカが独自に開発したカーブノッチや、ノッチ部分の施工への配慮につきましては横浜のモデルハウスにお越しの際ご説明したいと思います。

img_3675

本当に沢山のログ材が並びきれいでした。

img_3676

箱根ログ組

img_3667

img_3677

傾斜地で基礎が高いので1F部分のログ組の途中でも下から見ますととても迫力がありました。

慣れた大工さんが一緒に施工しているのですが、離れた場所から見ていても抜群のチームワークの良さを感じました。

今後は2Fの床組をしさらにロフト部分もログ組がありますので1つ1つ形になっていくのが楽しみです。

設計 植松 香織