カテゴリー別アーカイブ: オーナー様・完成建物

オーナー様宅のご見学(一般住宅からログへの住み替え)

先日ご検討中のお客様と一緒にオーナー様のご自宅にお邪魔させて頂きました。

街中のRC住宅での暮らしからログを選ばれた経緯や一般住宅からログに住み替えられてのご感想、ご自身のやりたい事が楽しめる環境と将来の暮らし方などをお話しくださいました。

みなさんでお話しが盛り上がりまして時間が過ぎていきました。

わたくしも久しぶりにお会いし更地のお土地でのプランニングや工事中の当時を思い出しとても懐かしく楽しい時間を過ごす事が出来まして、感謝致しております。

ありがとうございました。

~北欧の街づくり家づくり~ ホンカ横浜北 シエスタ株式会社~

☆長きにわたる住宅地(狭小住宅地)でのログホーム建築のノウハウと技術がここにあります☆

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sAA1A1041.jpg


植松E-mail : info@log-siesta.jp TEL : 090-3331-1529 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ホンカ横浜北 シエスタ株式会社

ホンカ横浜北 (honka.jp)

〒226-0021
神奈川県横浜市緑区北八朔町1306-4
Tel:045-938-5888
Fax:045-938-5889

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

北欧の彩り(塗替え)

築7年のホンカログホーム(横浜市)の塗替えが完了しました!

茶系の木目出し→スカンジナビアレッドの塗り潰しに変化した様子は新しいログホームへの生まれ変わりを感じました^ ^

オーナーさんも素敵な配色にご満足の様子でした^ ^

~北欧の街づくり家づくり~ ホンカ横浜北 シエスタ株式会社~

☆長きにわたる住宅地(狭小住宅地)でのログホーム建築のノウハウと技術がここにあります☆

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sAA1A1041.jpg


植松E-mail : info@log-siesta.jp TEL : 090-3331-1529 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ホンカ横浜北 シエスタ株式会社

https://honka.jp/yokohamakita

〒226-0021
神奈川県横浜市緑区北八朔町1306-4
Tel:045-938-5888
Fax:045-938-5889

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

お引渡し

長年の夢でいらっしゃいましたログホームが完成しまして、無事にお引渡しすることが出来ました。

ご検討当初窓口をしていました営業担当者にも報告しますと、完成したログに足を運んでくれオーナー様とも会うことが出来、懐かしく話が尽きず時間が過ぎていきました。

当時一般住宅をご見学に行かれると体調が悪くなられ自然素材の住宅をご検討されたそうです。十数年前から建替えをご検討されていらっしゃいましたので、社員一同本当に嬉しく思います。

ご家族皆様ログホームで健やかに穏やかな日々をお過ごしください。

箱根町ログホームオーナー様Voice4(屋根付きガレージとクラシックレンジローバー)

【クラシックレンジローバー】

初代のレンジローバー。ローバージャパンができる前に日本にいち早く導入して各カー雑誌に貸し出されて掲載された貴重な個体そのもの。某カー雑誌編集長がガレージ保管していた個体で、弱点であるリアゲートの錆や腐りが無い珍しい個体。入手時は原因不明の不調で工場もお手上げ状態でしたが、ガソリンタンクの中の錆が原因であることを自分で突き止めてタンクをレストアして走行できるようにしました。大雪の時に強羅への急坂では乗り捨てられたクルマたちを尻目にグイグイ登り、その実力を垣間見ました。

箱根ログ

クラシックレンジローバー1_R

IMG_8040_R

クラシックレンジローバー2_R

 

〔クラシックレンジローバーお施主様 ブログ〕
https://camphakone.blogspot.com/search/label/CLASSIC%20RANGE%20ROVER

箱根町ログホームオーナー様Voice3(プラン)

★ルオントについて★
大屋根で平屋のログホームを希望していたのでルオント決め打ちでした。定住用なので既成仕様から左右幅を90㎝ずつ広げています。2人住まいなので無駄な部屋もなく、ミニマムな部屋数でも充分な広さです。さらに、片方の屋根を伸ばしてアシグルマ用のカーポートを作りました。雨でも濡れずに出入りできて非常に便利。前の家で大雨の中の荷物の積み降ろしで何度も泣きましたので、今では雨が降るたびに作って良かったと感じています。

★ガレージについて★
みなさんが現実を知らずに憧れているビルトインガレージは、クルマの排気ガス臭・熱気・騒音・雨の日に戻った時の凄まじい湿気などで、前の家でかなり厳しい事を身にしみて実感しました。そこで、ログホームは住居専用として、ガレージは30mほど離れた位置に作りました。基礎工事と組み立てのみプロにお願いし、外装塗装、電気工事、水道工事をすべてDIYで行いました。あとはミニキッチン設置を残すのみです。

箱根ログ

IMG_8761_R

ログガレージ

 

住宅街でのログ材搬入(戸田市)

フィンランドから入港しましたコンテナから最初に使うログ材を戸田市のお土地へ搬入しました。

お土地は周辺にマンションに囲まれていまして10t車が入りましたので幸いでした。

10t車が入らないお土地が多いので、その場合は4t車や2t車で搬入出来るようにプランニングの段階で検討をしていきます。

住宅街ログ

P7270610

P7270616

 

箱根町ログホームオーナー様Voice2(ログホームに決めた理由)

★ログホームに決めた理由★

建物ですが、当初考えていたのはミッドセンチュリーに米国西海岸で流行ったアイクラーホームズ。相当調べて決め込んでいましたが箱根の気候風土にはそぐわないと諦め、普通の2×4のアメリカンな平屋住宅に決めかけていた頃に、ログホームに出会いました。ログといえばあまり好みではない丸ログしか知らなかったのですが、平面な壁面のマシンカットを知って、これなら!と、飛びつきました。と、言いますのも、ログは湿気に強いと思ったからです。外壁と内壁で断熱材を挟み込む建物は、湿気が非常に多い箱根では壁内結露で湿気が絶対に溜まリます。すべての壁の中を均一に湿度40%以下の状態で1年中保ち続けるのは無理です。通気工法などもあるようですが、森の中は虫が多いので通気孔内に巣を作られて詰まっても嫌ですし、そもそも外気が湿度90%になるのでその外気を壁に通気させても意味がありません。湿気はカビや臭いの原因になりますし、壁や柱が腐ることも実際に中古物件で目の当たりにしていました。しかし、ログであれば無垢材ですので物理的に壁の中に空洞がありません。これで時々刻々と変わるであろう壁の中の湿度を気にしながら生活することもありません。結果は大正解!以前の家は、憧れのRC打ちっぱなしの住居でしたが、夏は壁がとても熱を帯びて夜中まで暑く、冬は壁がキンキンに冷えて底冷えして結露してカビも生えました。アルミサッシも結露して床に水が溜まってフローリングが腐り始める始末。ログホームでは夏涼しく、冬は暖かく、窓もドアも木製で結露とは無縁です。ちょっと驚きました。

箱根ログ

IMG_8633_R

IMG_8619_R