大きな棟木

現在施工している建物の2Fに上がりますと棟木の大きさに目がいきました。

棟木とは屋根の骨組の頂部(一番高い位置)に用いられる部材です。

構造的には屋根荷重を小屋束(今回のプランはログ壁)から梁へと伝える役目を果たしています。

プランニングの際に棟木の寸法も検討しますが、建物の間口も広いので実際450(45cm)ある材を目にするとその大きさを改めて感じました。

IMG_3889

IMG_3886

↑ 吹抜け部分は仮床を造り施工します。

仮床が取れるととても広い吹抜けとなりますので楽しみです。

設計 植松 香織

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>