《  ログハウスについて 》

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

HONKA UK2

今日は、ログハウスの素晴らしさをお伝えしたいと思います。

 

名古屋ショールームやモデルハウスにご来場頂く皆達が求める家づくりには、必ずといっていいほど、「木を使った家が欲しい。」「環境の良いところで子供を育てたい。」「安全で安心できる家が欲しい。」というご要望をお聞きします。

イメージは?とお聞きすると、「 見えるところ触れるところ、すべてに木を使い、木を感じられる家。」がいいと。

そこで各在来工法などの住宅メーカーは、それにお答えできる様、できる限り木の板を使って室内を装飾します。

無垢の床板、天井板、そして板壁。室内の見えるところ、触れるところ全てに木が感じられます。

HONKA UK4

つまり、ログハウスの室内と同じ雰囲気ということですね。

しかし、ログハウスと一般住宅メーカーの室内イメージは同じですが、「安全」というカテゴリーを加えたときに大きな違いが出てきます。

それは、構造の違いです。

 

最近地震が各地でおこっています。そのため皆、より安全な建物を求めるようになりました。

皆さん、地震による建物の倒壊を見たことがありますか?

20年以上前に建てられた在来工法などの古い建物や見かけはそんなに古さを感じない建物が、地震などによって倒壊している姿を目にします。

その為、各メーカーは耐震設備に投資をして、その危険性を回避する商品をお客様に提供しています。

しかし、ログハウスは違います。元々の構造が、耐震性に優れているため、耐震のために設備投資をする必要がないのです。

ホンカ ログハウス 木の厚み

ホンカ・ログホームは、10cm以上のログ材をしっかりと組み合わせ、地震がおこったとしてもその揺れをログ材同士が吸収します。

他の工法と比べると、ログ(木)を積み上げているログハウスが、その揺れを吸収するのとでは負荷の違いが明らかです。

事実、6年前のあの大きな地震の後の余震で、ホンカ・ログホームとツーバイ工法の住宅とでは明らかに大きな差が出ました。

静岡県富士宮市が震源地となった震度五強の地震の際、ホンカ・ログホームと隣接する同じ築年数のツーバイ工法で建てた住宅の外壁に、大きなクラックが入り数百万の費用をかけて補修をしたそうです。

もちろん、ログホームはログ壁が揺れを吸収したため、お施主様が室内にいても船酔いをしている気分になっただけで、人も建物も無傷だったと教えてくれました。

私もこの時期は山中湖に居て、ログハウスの中で余震を何度か経験しましたが、まさにログ壁が揺れを吸収しているのがわかり、この建物の中に居れば安全だということを実感しました。

 

過去の大震災でも、ログハウスは地震に強いことは、知られていましたが、ホンカは、2007年の7月と9月に行われたログハウスの実大振動試験に参加し、阪神淡路大震災と同時の揺れ、さらにその1.5倍の揺れを加え実験しましたが、ログハウスは大震災に対しても非常に頑固な構造であることが実証されました。

この試験により、耐震等級3の設計が可能になったのです。

この様に、ログハウスは地震に強い建物として、あの震災後は特に注目を浴びました。

下記映像をご覧下さい。

ログハウス実大振動実験 耐火試験

「木の家がいい!」と考えるのと同時に「安全な家がいい!」という 観点から住まいを選ぶということも必要な時代ではないでしょうか。

平井(名古屋) 平井

☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆.☆. ☆.☆.☆. ☆.

〒464-0819
愛知県名古屋市千種区四谷通2-13
ルーツストーンファーストビル1F

株式会社ホンカ・ジャパン / 名古屋ショールーム
ホームコーディネーター / 平井 邦明

T E L: 052-783-1169
携帯電話:090-3132-1169 E-mail
hirai@honka.co.jp
URL www.honka.co.jp

☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆.☆. ☆.☆.☆. ☆.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>