《 2018.12.10 ホンカ・ダイレクト名古屋ショールーム 》

こんにちは。 ホームコーディネーターの小俣です。

名古屋ショールーム リース

今日も窓際に居ると、ぽかぽか陽気に眠くなってしまうくらい暖かい名古屋ショールームでした。

午後になり、ログハウスについて詳しく教えてほしいというお客様がご来場。

名古屋ショールーム コーヒー ログハウス (3)

いつものように、ログハウスの基本的なことをお話し、そのあとはホンカのログについてお話しをさせて頂きました。

色々お話をさせて頂くうちに我が家の話になり、「 小俣さんは、なぜホンカのログハウスを建てたのですか? 」というご質問をいただきました。

正直、最初家を建てると決めた時、主人は親戚の大工さんに在来工法の家を建ててもらうつもりでいました。もちろん私はホンカに住みたいとずっと思っていたので、その良さをわかってもらいたくて、皆さんにお話しするようにログハウスについて、そしてホンカについて話をしました。

名古屋ショールーム コーヒー ログハウス (2)

「ログハウスは無垢の木をふんだんに使い、健康住宅として安心して長く住める建物であるということ。その中でもホンカは、マシンカットログハウスを開発し、業界の中でも老舗であるということ、フィンランドに自社工場を有し、高品質で世界一のログハウスメーカーとして最新の技術を持って製材している会社だよ。」 と。

その後、家族みんなを山中湖にあるホンカ・デザインセンターに連れていき、当時築13年ほど建った建物を見てもらい、古さを感じず、耐久性のある建物であることに驚いていました。

何よりも梅雨時に行ったということもあり、室内に入った時のあのカラっとした空気感が今でも覚えていると主人はいいます。

住んでから実感したこともあります。

主人が真冬の夜に帰宅しても、昼間人気がない家に帰っても寒いと感じたことがないとも言っています。

次女もひどいアトピー性皮膚炎や片頭痛持ちだったのですが、それが軽減され、とても喜び、「 結婚をしてもログハウスに住みたい! 」といっています。

また、家族みんなで過ごす場所が圧倒的に“ 家 ”になったということも、やはりログハウスだからかな?とも思っています。

以前は、誕生日や結婚記念日などイベントがあるごとに外食をしたりしていたのですが、今は家で気軽にBBQをしたり、子供たちが料理を作ってくれたり、冬には薪ストーブ料理を楽しんでいます。

こうしたお話を皆さんにお伝えし、家というのは雨風をしのぐただの箱ではなく、そこに住まう人達がいかに健康に、そして快適に楽しく、何よりも安心して長く愛着を持って住み続けることができる建物を選んでほしいなと思っています。

名古屋ショールーム コーヒー ログハウス (1)

ここホンカ・ダイレクト名古屋ショールームでは、そんな私が経験してきたことを皆さんにお話し、家づくりについて色々情報を得ていただきたいと思いながら、お話しをしています。

もうすぐ年末ですね。家族が集まるお正月休みに、家づくりについてお話をする機会があると思います。

是非その前に一度、当ショールームにご来場いただき、ログハウスについて情報を得てみませんか?

尚、週末はご来場者が重なることが多くなってきておりますので、事前にお時間にてお約束をさせて頂ければ嬉しいです。

スタッフ一同、ご来場お待ちしております。

平井&小俣(名古屋) 小俣

〖 ホンカ・ダイレクト名古屋ショールーム 〗

 名古屋ショールーム ログハウス

☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.

〒464-0819 愛知県名古屋市千種区四谷通2-13 ルーツストーンファーストビル1F

株式会社ホンカ・ジャパン ホームコーディネーター 平井邦明・小俣あけみ

名古屋ショールーム T E L: 052-783-1169 平井携帯 090-3132-1169 小俣携帯  080-7044-6911

平井E-mail hirai@honka.co.jp 小俣E-mail omata@honka.co.jp URL  www.honka.co.jp

ホンカジャパンダイレクト メールマガジン配信中! ※下記ブログがご覧頂けます。 【 東京 】 http://honka-blog.jp/aoyama/ 【 名古屋 】 http://honka-blog.jp/nagoya/

☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>