『 建築の基礎知識 ㉜ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA LOGHOME 1

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

皆さん、街はいったいどうやってできているのだろうと考えたことがありますか?

ビルの屋上から街を見下ろしていると、街の様子がよくわかります。多少は入り組んではいますが、建物は好き勝手な所に建っているわけではないのです。

人が生活しやすいように建物の配置が考えられ、計画的に街が作られています。

都市の中では、たくさんの人が働き、勉強し、生活をしています。その人々が安全で快適な暮らしを送ることができるように、土地の使い方や建物の建て方などにルールが設けられているのです。このルールに沿って計画的に年を整えていくことを“ 都市計画 ”といいます。

昭和40年以降、都市に人口が集中し、建物が過密に建ち並んだそうです。一般に人口密度の高い地域は生活には便利ですが、物価が高くなりますし、防災の面では好ましくないようです。

〖 小俣邸 〗小俣0

その一方で、地方には過疎地域が増えてきています。我が家の地域もそうですが、物価が安いという点では暮らしやすいのですが、利便性の炎では十分とはいえないなと感じる時があります。

過密な地域と過疎の地域とで生じるこういった不均衡を防止・解消し、うまくバランスを保ちながら都市を整えていこうというのも、都市計画の目的です。

家を建てる時も、色々な規制が課せられます。街づくりに関する法律だけでなく、健康を維持し、安心して住むことができるように、建物の建て方を定めた法律があります。

次回から、街づくりや建物の建て方に関する法律についてお話していきたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

【 施工中の現場見学をオススメしています! 】

只今、ホームコーディネーターの平井が担当しました現場が
各地で施工中です。

家づくりを計画するうえで、私達は現場見学をオススメしています。その理由は、Web上では得られない情報がたくさんあり、不安や疑問を解消でき、皆さんそれぞれが新たな発見をしていただけるからなのです!

《 東京エリア 》
◇千葉県館山市(S様邸 トゥンネ+ アレンジプラン)
施工担当のKIGUMIさんのブログ
http://honka-blog.jp/saitamahigashi/?cat=35

◇埼玉県飯能市(M様邸 タルモアレンジプラン)
12/13(木)地鎮祭開催予定!

《 名古屋エリア 》
◇愛知県岡崎市(K様邸 アイヴァン アレンジプラン)
※来年1月末頃からログ積みの予定です。
http://honka-blog.jp/nagoya/?cat=40

◇愛知県常滑市(Y様邸 ルオントアレンジプラン)
※基礎・外構工事施工中!
http://honka-blog.jp/nagoya/?cat=41 

現場見学お希望の方は、下記までご連絡ください!
お待ちしております。

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169(平日のみ)
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ホンカ・デザインセンター山中湖展示場に行ってきました! 』

こんにちは。ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ インテリア32

昨日は、山中湖にありますホンカ・デザインセンター(山中湖展示場)に平井と一緒にお客様のご案内に行ってきました。

ホンカ山中湖住宅展示場5

この展示場には4棟のホンカが建ち並び、なかでも築20年のホンカがありますので、時間が経過した建物をご覧いただき、本当のログハウスの魅力をご確認いただけるのです。

そして展示場を一通りご見学いただいた後は、平井が設計・コーディネートをさせていただいた周辺物件を中心に、数十年経過したホンカをご覧いただきました。

その中には再塗装をしてある物件もあり、「 まるで新築のようだね。」と、驚いていらっしゃいました。

こうして実際の建物を見ることによって、ログハウスを検討しているのだけれど、不安に思っていること、疑問に思っていることが安心に変わっていったと、とても喜ばれました。

ホンカ 山中湖2

また、展示場から車で約20分ほどの距離には【  貸別荘パインツリーさん 】があります。

ホンカ パインツリー

遠方のお客様にはそちらをご紹介し、ホンカ・ログホームでのひと時を体験していただいております。

昨日のお客様も前日にパインツリーにお泊りいただき、薪ストーブを体感するなど、ログハウスの中で非日常生活を味わっていただき、今後の参考になることを経験していただきました。

ホンカ 山中湖デザインセンター2018.12.3jpg

こうして、山中湖デザインセンターやその周辺の物件をご案内をすると、あっという間に時間が経過し、気が付くと夕方になっていることが多いのです。

 

皆さんもログハウスの魅力をもっともっと知るために、私達と一緒にこの地を訪れてみませんか?

春夏秋冬の山中湖にドライブをする日程が組める時に、ぜひご連絡ください!

平井共々、ご連絡お待ちしております! 小俣

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ホンカの歴史㉘ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA finske masivni drevene2

今日のホンカの歴史は、住宅としてのホンカモデルの登場についてです。

大きめのサマーハウスは1970年代の初めころから通年で過ごせることを考えて販売されるようになっていきました。

サマーハウスではなく住宅をという要望のも増えていった1978年、住宅としてのログハウスモデルが誕生しました。ホンカの住宅モデルは登場と同時に評判となり、間もなく会社の重要な製品カテゴリーとして定着していきました。

人気モデルとなったのが「 アウリンコイネン 」です。

1980年にクオピオで開催されたハウジング・フェアでは来場者の人気投票で、数々の住宅の中から最高の家に選ばれました。

ホンカの歴史_2018.11.25【 ホンカラケンネ社の「 アウリンコイネン 」は、クオピオで1980年に開催された住宅フェアで来場者が投票するベストハウスに選ばれた。 】

カラ・ライニオ設計事務所で設計されたこの住宅は、ホンカの高級感のあるセカンドハウスの要素に当時のフィンランドの住宅に目られた人気の傾向を融合させたものでした。

1980年代の中頃からログハウスのキットにもいくつかの選択肢ができ、L字型を初めとするさまざまな形をとるようになっていきました。床面積が最も小さいモデルは、「 カステピサラ 」、対極に大きなモデルは「 ウスヴァ 」や「 ウッコネン 」です。

1980年代の初めから3タイプの断熱外壁モデルが登場。これによって外壁を板材で仕上げることもできるようになりました。

ログ材が組まれた角部分は、これらの断熱加工によって、その内側に隠れるのです。ホンカの住宅モデルは1990年代半ばには、一軒家を建てたい人達のために、35種の選択肢が提供できるようにっていきました。

床面積の最も小さいものが「 シエポンペサ 」、最大のものは「 ヤールリ 」という勾配地に建てられるタイプのものです。当時の新製品では特に家の外観に配慮したものが多かったのです。「 イデュッリ 」や「 ハルモニア 」トイッタモデルがそうです。

ホンカの歴史_アピラニーットュ【 アピラニーットュ 】

また伝統的な住宅を見直すレトロブームに対応するための「 タピオントゥパ 」も登場しました。これは角ログ材で建てられた直線的なイメージのある建物で、昔の田舎の家を思い出させるものでした。

ラインナップにはまた新しい方向性が見られるようになりました。「 色 」を取り入れたのです!

多くのモデルは従来同様に木肌の色が見えるような加工を施していましたが、淡いパステルカラーのモデルや、青や緑のログハウスが登場しました。1996年にウロヤルヴィで開催されたハウジング・フェアでも、来場者の人気投票でホンカの十着が選ばれました。これは需要の側から聞こえてきた意見とホンカの長年にわたる特性をそれぞれ活かした結果でした。

カリ・ラウニオ設計事務所で設計された住宅でしたが、住宅にはラミネートログ材が採用され、塗装によって現代的な印象に仕上がっています。現代ではあるが静けさもあり、躍動感とくつろぎを兼ね備えた住宅なのです。

ホンカの歴史_ M3【 日本に建てられたホンカのキッチンは自然光の恵みを活かし手明るい。調理器具や棚は壁に取り付けられ、中央の食卓に十分なスペースを確保している。 】

サマーハウスやセカンドハウスといった余暇向けモデルとは異なり、住宅ではテーマのあるシリーズを今でも続けています。細部にこだわったり、立地環境を考慮したり、あるいは想像力を存分に発揮した住宅パターンもあります。

「 クッカコティ 」のシリーズは全部で9タイプあり、安らぎを念頭に設計されているものです。外観はすっきりしており、テラスなどは全体の印象のなかでまだちすぎることがありません。

また切妻屋根が落ち着きのある全体像に仕上げてくれています。当時の「 トウンネ・シリーズ 」には4タイプあり、ホンカの伝統的なスタイルを踏襲しています。また長年受け継がれている家のスタイオルの延長上にあるものとして「タロキリヤ」といったシリーズもあります。

次回は、海外の子会社と輸出の業績についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 まだご予約可能です!in市川市完成見学会 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

キグミ ログハウス 完成見学会 千葉県

今日は、朝から雲ひとつない青空が広がり、Y様邸のログホームも朝陽に照らされ、生き生きとしているようにこの写真から感じられます。

見学会の準備の後「 秋晴れで現地はとても気持ちがいいよ。」と、平井と施工担当のKIGUMIの矢嶋さんから、嬉しそうに連絡がありました。

キグミ ログハウス 完成見学会 千葉県 (2)

室内もパインの香りが漂っていて、気持ちがいいんでしょうね。

今日は、午前中に2組の方々にご見学いただき、只今1組のご家族がいらっしゃっています。

明日は夕方が、明後日の最終日は午前中にまだ予約が可能です。

急遽予定が空いた方など、ぜひこの機会に見学にいらしていただき、私達に会いに来てください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております! 小俣

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

<イベント開催>

□◆□◇ 完成見学会を開催中! □◆□◇

日時       : 11月23日(金)~  25日(日) 10時 ~ 17時  場所   : 千葉県市川市
※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先  : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169 担当   : 平井まで

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 今年最後の完成見学会のお知らせです! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

jarvi_p8

今日は、今年最後の完成見学会のお知らせです。

〖 Y様邸完成イメージパース 〗 Y様邸 市川市

先月からお伝えしております千葉県市川市で建築中のY様邸。

11月も半ばを過ぎ、施工担当のKIGUMIさん達により、日々完成に向けて工事が進んでおります。

完成 ログハウス

開催日が近づくにつれ、皆様から予約のご連絡を続々といただき、見学会の準備にも力が入ります!

Y様邸は、狭小住宅地に合わせたコンパクトな平屋プランで、まるで店舗のような、明るく広がりを感じさせるアイデア空間に仕上がっています。

「 必要なものを必要なだけ。」を形にしたY様邸をぜひご覧ください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。 小俣

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

<イベント開催>

□◆□◇ 完成見学会を開催します! □◆□◇

日時       : 11月23日(金)~  25日(日) 10時 ~ 17時  場所   : 千葉県市川市
※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先  : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169 担当   : 平井まで

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ホンカ・ログハウス 完成見学会のDMをお届けします! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2018.9.6

今日は、完成見学会の再度のご案内です。

今月の三連休、お施主様のご厚意で千葉県市川市のホンカ・ログホームの完成見学会を開催させていただきます。

今回のプランは、最近特にお問い合わせの多い平屋プラン。

そのご案内ダイレクトメールを、本日郵送いたしました。

完成見学会 DM ログハウス

もうすでに数組のお客様からご予約をいただいておりますが、まだまだ空いている時間もありますので、お気軽にお問い合わせください。

北欧の自然素材に囲まれた中で過ごす新たな生活の始まり。

狭小住宅地に合わせたコンパストな平屋プラン。

まるで店舗のような、明るく広がりを感じさせるアイデア空間。

「 必要なものを、必要なだけ 」を形にしました。

 

創立60周年を迎えた老舗ログハウスメーカー「 HONKA 」。

「 確かな品質 」と「 多くの施工実績 」から「 安心 」出来る家づ

くりを、この機会にぜひ確かめにいらしてください。

ご予約は、下記まで。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。 小俣

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

<イベント開催>

□◆□◇ 完成見学会を開催します! □◆□◇

日時       : 11月23日(祝金)~  25日(日) 10時 ~ 17時 場所   : 千葉県市川市
※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先  : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169
担当   : 平井まで

引き続き、『 ホンカ・ログハウス構造見学実施中! 』

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ホンカの歴史㉗ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ 景色

今日のホンカの歴史は、1980年代のお話です。

セカンドハウスの建設は1980年代の終わりに「 ホンカ・ウネルマ 」というシリーズを開発したことで、まったく新しいスタートをきりました。

室内も外観も従来のものとは全く違ったタイプの大胆なシリーズでした。

片流れの屋根と大きな窓が特徴の「 カンガストゥス 」、「 ピーロネン 」、「 リュフトュ 」、「 タハティ 」、「 クールピーロ 」は現代的な造りです。

塔がしっかりとしつらえられた古き良き時代の風格を漂わせているのが「 ヨウツェン 」、「ネリヤ・トルニ 」、そして「 トゥーリハットゥ 」などのモデルです。

ホンカ レイヤ
【 ホンカで最も人気の高いモデルのひとつが
建築家 ユハ・パルダニウスが設計した「 レイヤ 」】

「 ホンカ・ウネルマ 」のシリーズで一番の人気を博したのが「 レイヤ 」です。建築家ユハ・パルダニウスの設計ですが、正方形の室内を覆う屋根の取り付け方が、このログハウスを個性的なものにしています。屋根の向きを斜めにかぶせる、つまり屋根の棟木を、壁のひとつの角から対角の角へと掛けているのです。

このモデルは時代や場所に応じて様々な形で建てられてきており、たとえば勾配地に建てるタイプなどの登場しました。

このモデルは中央に必ずリビングルームを置き、それを囲む形で寝室やキッチン、オプションとして脱衣所つきのサウナがあります。

1990年代の終わりにはサイドにテラスが施されたタイプのログハウスで特に人気のシリーズが登場しました。「 マウステ 」と「 タハティ 」で、それぞれ5タイプのモデルがあるシリーズです。

21世紀に入り、各種テーマごとに取り揃えたモデルシリーズを終了させました。

それは、モデルシリーズよりも、より顧客一人ひとりの要望に応えてログハウスを設計していく形をとるようになったためです。

ホンカの2008年セカンドハウス用モデルのラインナップには39種ものオプションが用意されています。

余暇の過ごし方が変わってきたのがその理由のひとつです。

より室内の設計にこだわる傾向にあります。ほぼすべてのモデルで通年で暮らせる設計が出来るようになっており、より快適に室内の時間を過ごせるよう室内にトイレを置いたり、そのほか玄関クローゼットや電気調理器のあるキッチンなどの設備が加えられるようになっています。

次回は、いよいよ住宅としてのホンカモデルの登場です。

小俣 ホンカ ログハウス 小俣

<イベント開催>

□◆□◇ 完成見学会を開催します! □◆□◇

日時       : 11月23日(祝金)~  25日(日) 10時 ~ 17時 場所   : 千葉県市川市
※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先  : メール hirai@honka.co.jp    携帯 090-3132-1169 担当   : 平井まで

引き続き、『 ホンカ・ログハウス構造見学実施中! 』

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 建築の基礎知識 ㉛ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2018.8.11

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

今回は、火災を防ぐための内装材についてです。

ガスコンロを使用しているキッチンで、もし火災が発生したとき、内装材が燃えやすいものだと、一気にキッチン全体が火に包まれ、火が廊下や別の部屋に移り、家全体に及びます。

最悪の場合、構造材が崩れて家が倒壊したり、隣の家にまで火が燃え移ってしまいます。

このようなことのないように内装材には、火を燃え広がらせない性質を持つ防火材料を使うことが大切です。

防火材料には、火事の拡大を防ぐ機能の高い順に、不燃材料、準不燃材料、難燃材料があります。建築基準法では、建物の大きさや、建物の使用目的などによってどの材料をどの程度使うかが義務づけられています。

不燃材料は、無機質または金属質の材料から成り、鉄鋼やしっくい・石などがあります。

準不燃材料としてよく使われるのは、石膏を専用の紙で挟んだ石膏ボードです。

難燃材料には、合板を加工処理した難燃ボードなどがあります。

防火材料

防火材料は、その材料に火が当たっても着火しにくいものをいい、文字どおり、火を防ぐ働きをするのですが、その中でも特に長い時間火にあぶられても、構造材に影響を与えないものを耐火材料と言います。

耐火材料

耐火材料には、コンクリート、れんが、モルタルのほか、セメントや岩綿等を混ぜ合わせたものを構造材に吹きつける吹付岩綿、軽量コンクリート(コンクリートは、一般に軽量のほうが断面に穴がたくさん空いていて熱が伝わりにくいため)などがあります。

ちなみにホンカのログは、防火認定構造(30分間ログ壁に火の貫通や崩壊がなく、安全であることを証明するもの)で、45分間/60分間で認定されています。

ホンカ 耐火試験

熱を加えると金属は短時間で強度を失いますが、木材は15分後でも、かなりの強度を保ちつづけます。】木材強度

そのため、建築規制の厳しい「 建築基準法22条地域 」や準防火地域にも建築が可能です。

今から土地を購入予定で、その土地の法規について知りたいという方は、お気軽に私達にご相談ください。

家づくりを失敗させない方法の一つです。

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真 小俣

<イベント開催>

□◆□◇ 完成見学会を開催します! □◆□◇

日時       : 11月23日(祝金)~  25日() 10時 ~ 17時 場所   : 千葉県市川市
※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先  : メール hirai@honka.co.jp    携帯 090-3132-1169 担当   : 平井まで

引き続き、『 ホンカ・ログハウス構造見学実施中! 』

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『  完成見学会情報!2018.11.23 (金) ~ 25( 日)の3日間開催します! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2018.5.17

只今、千葉県市川市で建築中のY様邸(片流れタイプの平屋プラン)を、お施主様のご厚意により、11月の3連休に完成見学会を開催させていただきます。

Y様邸 市川市

Y様邸は、狭小地に佇むコンパクトタイプで、13.3坪 (43.8㎡)+  9.6㎡の屋根付きテラスです。

ホームコーディネーターの平井が現地を訪れた時に、「住宅地なので、 家と庭との一体感を持たせよう!」と思ったそうです。

そのため、リビングには大きなFIX窓と、ダイニングには一面ガラスタイプの外部ドアとFIX窓を並べ、その上にはそれぞれ同じ幅の欄間を設けました。

こうすることで、光を多く取り入れられるようにもなっています。

コンパクトな間取りではありますが、窓の大きさ・位置などを工夫することにより、開放的にもなるのだということが感じられます。

また、私達がこうした見学会を催すにあたって一番思っている事。

それは、スタッフ一人一人のこの家に対する思いを感じていただきたいと思っているのです。

Y様邸 市川市3 jpg

間取りを考えた時の平井の思い。安全と工期を守りながら、丁寧に仕上げてくれているKIGUMIスタッフと職人達の思い。
それが形となって皆さんにお見せできるのがこの完成見学会なのです。

ホンカの製品としてのクオリティーだけでなく、そうした思いを確かめるためにも、ぜひ完成見学会にいらしてください。

スタッフ一同、ご予約お待ちしております。 小俣

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

<イベント開催>

□◆□◇ 完成見学会を開催します! □◆□◇

日時       : 11月23日(祝金)~  25日(日) 10時 ~ 17時
場所   : 千葉県市川市
※案内図はご予約の際にお送り致します。
予約先  : メール hirai@honka.co.jp    携帯 090-3132-1169 担当   : 平井まで

引き続き、『 ホンカ・ログハウス構造見学実施中! 』

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ホンカ・ログハウス N様邸完成しました! 』

こんにちは。ホームコーディネーターの平井です。
今日は、昨日竣工を迎えましたN様邸(千葉県勝浦市)をご紹介致します。

N様邸 ルオント ログハウス 勝浦市

ホンカ ログハウス 千葉県 (3)

どうでしょうか?計画段階のパース図の通り完成しました(^^)

ホンカ ログハウス 千葉県 (4)

壁の色はライトブルーで、玄関ドアはアクセントとしてレッドで塗装。木製ドアの斜め柄が素敵に映えますね。

ホンカ ログハウス 千葉県 (6)

プランは「ルオント」をアレンジしておりますが、屋根を東西両方に伸ばし、西側にはガレージを東側にはテラスを増設しました。ガレージからは、雨に濡れることなく玄関に入ることができるようドアも設置。実は将来電動シャッターを付けインナーガレージにリフォーム出来るように設計しております(^^)v

ホンカ ログハウス 千葉県 (5)

景観のよい東側テラスもしっかりと屋根を掛け、天気に左右されないいつでも楽しめるテラスとなっています。

ホンカ ログハウス 千葉県 (7)

LDKはつづきで約22畳と広く、南側からの採光を考え、大きなフィックス窓とドレーキップ窓の連窓にしました。とても開放的で明るい室内になりました。

ホンカ ログハウス 千葉県 (9)

リビングの吹き抜け天井は5mと高く、大空間となっています。

ホンカ ログハウス 千葉県 (8)

ロフトは11畳とこちらも広く、大きな天窓を2台設置することで夜、星を眺めることができるようにしました。ロフトはホビースペースや書斎、寝室に最適です(^^)/

ホンカ ログハウス 千葉県 (10)

因みに、デザインも美しい階段は家具調に仕上がっており、手触りも滑らかです。手摺りの曲線が美しいです。

ホンカ ログハウス 千葉県 (1)

書類や鍵のお引渡しと同時に、試運転も兼ねて薪ストーブの使い方をご説明。こちらはフランスのメーカー「INVICTA/シャーモン」です。輻射式で12,000kcalの高出力の性能をもち、デザインがモダンでカッコいいストーブです。ガラス面が大きく炎がとても綺麗に見ることで出来ます。価格も比較的安価でお勧めのひとつです(^^)

ホンカ ログハウス 千葉県 (2)

いつものように最後にホンカ・エンブレムを付けさせて頂きました。

「 N様、竣工おめでとうございます!待ちに待ったログライフをこれからご家族でいっぱい楽しみ、いっぱい思い出をつくって頂けたらと思います。またそんな幸せなお話しを伺いに立ち寄らせて頂きます。これからも宜しくお願い申し上げます。」平井

<イベント開催>
『 ホンカ・ログハウス構造見学実施中! 』

平井 邦明

******************* 

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
http://www.honka.co.jp/

******************* 

HONKA Direct Tokyo Blog