ホンカ カナダ

『 建築の基礎知識 ㊴ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識の中の三角測量についてお話ししたいと思います。

地面が平らなら、距離と角度を測るだけでいいのですが、坂になっていて高低差がある敷地に建物を建設することもあります。

建物の床は水平になっていて欲しいので、傾斜地でも建物を斜めに建てるわけにはいきません。

その為、図のような水平距離を求める必要があります。

建築の知識_測量

AB間の距離を知りたいとき、A1に巻尺を置き、水平に伸ばします。坂の勾配が急で、一度にBまで測れない場合は、とりあえずCで垂直に下ろし、そこをC1とします。これで、ACの距離がわかります。

C1から同じように、水平に伸ばして、目的地のBまで届いたら垂直に下ろし、CBの距離を測ります。ACとCBの距離を足すと、ABの距離がわかります。これとは逆に、下から上へと登りながら測る方法もあります。

ふつう、住宅やビルを建てるときは、このような方法で測量が行われます。一方、ダムや橋などの大きな土木建造物をつくるときは、山を1つ2つ越えることもあります。そうなると直接巻尺を当てて測ることができないので、間接距離測量を行います。

その中でも、三角測量というのが最も基本的で良く用いられている方法です。

建築の知識_測量1

三角測量は、正弦比例の法則を利用して行います。正弦比例とは、三角形ABCの角A、B、Cの大きさに、辺a、b、cの長さが正弦比例するというものです。この三角形の性質を利用して測量を行うのです。この三角測量を行なう道具としては、望遠鏡やレーザー光線を使った測量器機などがあります。

さらに航空写真や人工衛星の利用など大がかりな技術が用いられることもあり、測量技術は日々進んでいます。

次回のこのシリーズでは、建物の下の地盤についてお話ししたいと思います。

只今千葉県富津市で施工中の現場を見学できますので、お気軽にお問い合わせください。

《 お問合せ・予約先 》
平井 E-mail:hirai@honka.co.jp
平井携帯電話:090-3132-1169

千葉県富津市の現場の様子 ➡ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

ホンカ ログハウス レストラン

『 T様邸は、塗装工事中です! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

今日は、久々、長野県白馬村に建築中のT様邸の様子をお伝えします。

ホンカ ログハウス 白馬村 (1)

秋の紅葉シーズンを迎えた白馬村。T様邸の周りの木々も秋の色合いに染まっています。

ホンカ ログハウス 白馬村 (2)

現在、T様邸は内部の仕上工事と並行し外部の塗装工事を進めています。1階部分は浸透性のグレー色、2階部分は塗膜性のアイボリー色のツートンカラーに塗装しています。

ホンカ ログハウス 白馬村 (3)

内部は1階の間仕切り壁がほぼ仕上がり、これから2階の間仕切り壁や天井、そして床を仕上げて行きます。

11月中旬には完成する予定です(^^♪  平井

『 千葉県富津市 平屋のログハウス建て方工事見学受付中!』

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(いいログ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

HONKA

『 ホンカの歴史㊲ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日のホンカの歴史は、フランスの子会社の売上げについてお話したいと思います。

2003年から2006年の間にフランスの子会社が売り上げたシェア率は8%から12.5%への成長を遂げました。今後も数値を上げていくと予想されていました。

またこの会社は15か国で構成されるニューマーケットのチームに加盟しました。これはまだホンカが重点を置いていない国々でありますが、ここで継続的に行われる売上げの上昇は本社にとっても大きな意味があります。

フランスの子会社の総売上げ高は年々右上がりの成績を残しており、今ではホンカがフランスでも最大のログハウスメーカーになっています。

この子会社が非常にうまく機能しているのは、数字にもよく表れています。フランスではここのところ建築そのものが伸び悩んでいる一方で、フランスのホンカは売上げ記録を更新したりしているのです。

各地の住宅地開発計画への参入には目をみはるものがあります。たとえば2008年に南フランスのピレネー山脈にできた住宅区域にはホンカを20棟建築しました。またシャンパーニュ地方にも同じように12棟を建築することになりました。

ホンカの歴史 フランス世界各国からホンカの人達がやってきたフィンランドでホンカ・サミットを開催。冬のラハティで開催されたこのイベントで勝利を手にしたフランスの「 チーム・フランス 」

次回は、日本との最初の取引についてお話ししたいと思います。

『 千葉県富津市 平屋のログハウス建て方工事見学受付中!』

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

ホンカ UK26

『 建築の基礎知識 ㊳ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識の中の測量の目的についてお話ししたいと思います。

これまでお伝えしてきましたように、建物の大きさや形、建て方には様々な規制があります。そのため、敷地の大きさや方位、敷地に面する道路の幅などを正確に知ったうえで、建物を建てなくてはなりません。

例えば、敷地に面している道路の幅が何mかわからないと、敷地の上の空間をどのくら使えるかわかりませんし、敷地が何㎡なのかわからないと1フロアをどのくらいの面積にして、何階まで建ててよいのか決まりません。なので、敷地の周りのいろいろな箇所を正確に測っておく必要があるのです。

そこで、測量が必要になるのです。

住宅雑学 測量

測量とは器械を使って、2つの点の間の距離や2つの線がつくる角度を測る技術のことです。三脚の望遠鏡を覗いていたり、長い巻尺を使って何かを測っている光景を目にしたことはないでしょうか?あれが測量です。

測量には大きく分けて、直接距離測量と間接距離測量があります。前者は、比較的小さな敷地を測る時の方法で、巻尺を地面に沿って水平に置き、距離を測ります。

ある点とある点の間の距離を測る時は、2人で巻尺をピンとはり、2点に合わせます。そして、もう1人が記録係を務めます。

このように距離を測り、さらに角度を測れば面積が計算できます。巻尺などを使って距離を測り、トランジット、セオドライトという望遠鏡のついた器械で角度を測ります。

敷地の辺の長さと、辺と辺がつくる角度を計算すれば、敷地の面積を正確に求めることができるのです。

次回のこのシリーズでは、三角測量についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

只今、千葉県富津市で約23坪の平屋のログハウスの建て方工事を見学できます!U様邸 ログハウス イメージカラーパース

構造がむき出しになってるこのタイミングで、ホンカの耐震性や耐久性、そしてホンカの施工マニュアルを基に、KIGUMIさんのこれまでの経験から得た施工技術もぜひご覧ください!

ここをクリック ⇒ 《 建て方工事見学受付中! 》

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (7)

『 千葉県富津市 平屋のログハウス建て方工事見学受付中! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、千葉県富津市で建築中のU様邸の建て方工事見学会のお知らせです。

【 U様邸完成イメージパース 】U様邸 ログハウス イメージカラーパース

 ホンカ ログハウス キグミ 千葉県 本物 木の家

ログハウスがなぜ耐震性や耐久性に優れているのか?
むき出しとなった構造部分をご覧いただくことでその理由が一目でわかります! ぜひこの機会にご見学ください。

また、ホンカの施工マニュアルを基にKIGUMIさんのこれまでの経験から得た施工技術もぜひご覧ください。

ホンカの歴史6

マシンカットログハウスを世界で最初に開発したメーカーであるホンカのログハウス。

ホンカは、世界で最も古く歴史あるログメーカーであり、 世界一の販売を誇るログメーカーの品質・技術を実際に見てご確認ください。
ログハウスをお選び頂く上で、必ず安心して頂けると思います。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

日 程: ご希望にあわせてご案内中!
時 間: 9:00 ~ 17:00 (全日程)
場 所: 千葉県富津市
※現地案内図は、ご予約時にお渡しします。
予約先: 平井 hirai@honka.co.jp  
携 帯: 平井 090-3132-1169
※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真  平井 & 小俣

皆さまからのご予約、お待ちしています!
現場の進捗がわかる現場ブログです。
⇒ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

ユーリ ホンカ 建売

『 キャンペーンのお知らせ! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ 134mm (6)

今日は今年の12月まで期間限定で実施しております『MLL134推奨価格キャンペーン』についてお知らせ致します。

ホンカ 134mm (1)

(上写真:右側がMLL134、左側がVLL112)

ホンカ 134mm (2)

(上写真:下側がMLL134、上側がVLL112)

MLL134とは、幅134mm高さ260mmの大きな角ログ材で、一般的に使用されている角ログ材とくらべ高い断熱性と蓄熱性を発揮します。また、4ピースの木材をラミネートすることで反りやねじれなどの変形を最小限に抑えることを実現しました。

ホンカ 134mm (3)

また、ログとログの間に挟むチューブ状のシーリング材は耐久性の高い素材を採用しています。シーリング材は現場で付ける作業を減らすため工場で付けてくることに加え、通常のログ材にくらべログの段数を減らすことが出来るため、ログ積みの日数も短縮することが可能となります。

ホンカ 134mm (5)

なんといっても大きなログは仕上がりがダイナミックで堅牢な迫力をも感じ、大変人気のログ材となっております。

ホンカ 134mm (4)

キャンペーンの目的は、この最新のログ材を多くの方に知って頂くため、多くの方に使用して頂くために実施しており、通常価格よりかなりお安くご提供させて頂いております。

今年12月20日までのキャンペーンとなっております。
これからプランニングされる方もまだ間に合います。
是非このチャンスにご検討ください。

まずはMLL134で建築されたお近くの物件見学にいらしてください。
ご連絡お待ちしております。 平井

キャンペーンチラシ http://uploads.honka.co.jp/pdf/2019/0225.pdf

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(いいログ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

2019.3.29ホンカ海外 

『 ホンカの歴史㊱ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日のホンカの歴史は、フランス向けの輸出についてお話したいと思います。

ホンカのフランス向けの輸出は既に1970年代半ばから始まっていました。はじめはその都度個々に売るという小さな規模の物だったそうです。

80年代にさしかかる時に、フランス人とフィンランド人の夫妻、マルティーヌ・キヴィマキとマルック・キヴィマキが、トゥールーズに営業所を開設しました。1978年のことでした。

この会社は、のちに代理店のネットワークを拡大していく上で、ホンカにとって大きな役割を果たしてくれたんだそうです。

フランスの子会社は1995年、パリに設立されました。これはもともとフィンウッド社とピエール・ヴァシェランによる子会社の基盤の上に実現しました。ここでの業務はフランスの各代理店のサポートにあたることでしたが、当初はネットワークがうまくいかず、フランスの業界の中にホンカの地位を確保するまでには至らずにいたそうです。

建築材として、ログ材はフランスではそれほどの価値が見出されておらず、ログハウスも他の木造建築と同じように見られていました。フランスでは長らく、ピレネーやアルペンといったドイツの影響の強い地域に需要が限られていましたが、少しずつではありましたが他の地域でもログハウスが評価されるようになり、のちに取り扱われるものも休暇用から住宅用になっていったそうです。

フランス ホンカの歴史6
【 建築家ジャン=ミシェル・マルティグノン氏が設計したホテル・ヴァルピエール・ロッジ(2002年)。スイスのバレーにあります。 】

次回は、フランスの子会社の売り上げについてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

HONKA finske masivni drevene5

『 建築の基礎知識 ㊲ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識の中の規制の限界についてお話ししたいと思います。

建築基準法によって定められた地域内で建物を建てる時や、決められた規模以上の建物を建てる時には、施工に入る前に敷地や建物の構造、設備などの設計が建築基準法やその他の規制に適合しているか、市区町村などの違法自治体に確認申請を行います。

住宅雑学 規制

建物が完成した後にも検査を受け、それに合格してはじめて建物を使用することができます。これが原則なのですが、すべての建物において、これらの規制が守られているわけではないそうです。

例えば、法律が改正されて、前の法律では違反していなかった建物が違反となることもあるどうです。こういった場合は、一般的な建物では法規が変わっても遡及<ソキュウ>(法律の効力がその施行前にまで及ぶこと)を要求されることはありません。

住宅雑学 規制 ログハウス

だから、古くから建っているものであれば、現在の用途地域の規定に適っていなくても、撤去されることはないのです。

また、はじめから規制を守っていない家もあるそうです。

たとえば、建築基準法では、1階は地面から30cmほど上げなくてはならないとあります。ところが、この決まりを守っていない家が多いそうです。

住宅雑学 規制 ログハウス ホンカ

この規定はかなり昔に、地盤の状態も建物の用途も問わず、すべての建物に当てはめられていたそうですが、実際、山の上の水はけのよい所で30cmも上げる必要はないし、お店の入り口が30cmも上がっていては、客足が遠のいてしまうという考え方もあり、守らない建物もあったそうです。

次回のこのシリーズでは、測量の目的についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

もうすぐ、千葉県富津市のホンカ・ログキットが横浜港に到着します!
その後、ログ積み見学会を予定しておりますので、ぜひこの機会に職人さん達のダイナミックな作業とホンカのクオリティーを見に来てください!

詳細が決まり次第、このブログでもご紹介しますね!

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

ホンカ インテリア3

『 完成したM様邸(タルモ2)をご紹介します! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

今日は先日完成しましたM様邸(埼玉県飯能市)をご紹介します。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (15)

M様邸のプランは「タルモ2」の変更プランです。

「タルモ2」スタンダードプラン http://www.honka.co.jp/product/25-35/tarmo.html

スタンダードでは玄関がオープンなスタイルですが、M様邸では独立させシューズクローゼットも設計しております。また、雨の日でもテラスで過ごすことが出来るように折れ屋根にしテラスに全体をしっかりと屋根を掛けしっかりとました。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (1)

リビング・ダイニングは、奥行きを40センチ大きく3.4メートルに。上部は全て吹き抜けの大空間にしました。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (5)

吹き抜けの窓は開閉できる窓にしておき、もし将来もうひと部屋必要になった時には、必要な広さで部屋を造れるように設計してあります。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (11)

キッチンは対面式にし、カウンターをキッチンより高くすることでキッチン周りが見えないようにしました。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (3)

キッチンの床は水回りの汚れを考えタイルを採用しました。赤いキッチンと黒いタイルのコントラストがモダンでカッコいいですね(^^)

キグミ 造作家電収納 ログハウス 手作り6

キッチン背面にはパントリーを設けました。M様とお打合せの上、収納兼作業台を造作しました。特に仕切りのドアは設けず、必要ならばロールスクリーンで仕切る計画です。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (14)

とても開放的で明るいLDKとなっていますね。開放感をご希望される方も多く、家の広さをコンパクトにまとめつつも開放感ある空間設計をご提案しています。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (10)

トイレも可愛らしく手洗いを造作しました。少し曲線が入ることで優しい雰囲気になりますね(^^♪

ホンカ ログハウス 埼玉県 (9)

1階にはご夫婦が最もこだわったひと部屋が・・・。こちらは防音ドアを設置したスタジオです。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (8)

ログ壁や基礎に音の振動が伝わらないよう遮音材、吸音材を何重にも重ねて造ったスタジオは楽器を演奏されるご夫婦の趣味部屋です(^^)

ホンカ ログハウス 埼玉県 (7)

2階には第2のリビングも配置しました。天窓を低めに設置することで壁付けの窓のように景色を望めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、2階には主寝室と子供部屋の2部屋をつくりました。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (6)

子供部屋の方は広めに設計し、家具などで2つに仕切る計画です。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (2)

薪ストーブも設置しました。メーカーはHETA(ヒタ)というデンマークのメーカーで、ソープストーンに蓄熱し放熱するタイプで背面の炉壁が必要ありません。また上部にはオーブンが付いていますのでストーブ料理を楽しむことが出来ます(^^♪

ホンカ ログハウス 埼玉県 (13)

薪ストーブの炉台はタイル仕上で床とフラットにすることで部屋を広く使うことが出来ます。また、L字階段の隅に設置することで邪魔にならずスッキリと納めることが出来ます。

ホンカ ログハウス 埼玉県 (17)

最後になりますが、ログサイズは角ラミネートログ112mmです。ホンカのログ材は、好みでサイズが選べるのはもちろんですが、高性能のプレーナーで加工されたログ材はスベスベで手触りが良く、2列に着けたゴムチューブがログ1段1段の密着性を上げ、気密性・水密性の高い高性能のログ材となっています(^^)v

ホンカ ログハウス 埼玉県 (16)

ホンカでは、設計から施工に至るまでスタッフ一人一人の丁寧な仕事にこだわり、1棟1棟対応させて頂いております。特にログハウスはログ材そのものが仕上材となるため、丁寧に扱うことの出来る繊細な職人でなければ携わることが出来ません。安心して任せたいと思って頂ける職人集団として、自信をもってご提案させて頂いております。

是非一度、大切なマイホーム計画を私たちにご相談ください。そして、一度私たちの仕事を見てください。きっと探している者(モノ)に出会えると思います。 平井

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(いいログ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

2018.10.26 honka

『 ホンカ・ログホーム 小俣邸薪ストーブのメンテナンス!~ストーブ編~ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、我が家の薪ストーブのメンテナンスの様子をお伝えします。

2回目の今日はストーブ編です。

小俣邸 平屋 薪ストーブメンンテナンス DLD ホンカ ログハウス 本物9 

煙突掃除が終わり、次は薪ストーブ本体の点検・掃除です

薪ストーブ 小俣邸 メンテナンス ホンカ

日頃私達家族がストーブの掃除をするのは、せいぜい見える部分の灰を取り除く程度ですが、プロの職人さんは専用工具を使って解体しながら掃除をしていきます。

小俣邸 平屋 薪ストーブメンンテナンス DLD ホンカ ログハウス 本物6 

上の写真は、ストーブの上部分を裏返しに置いてあり、煤が所々に着いている状態。

小俣邸 平屋 薪ストーブメンンテナンス DLD ホンカ ログハウス 本物7 

そして、この写真は本体上部。灰がたくさん溜まっています。この現象が起こっているということは、ダンパーがきちんと閉まりきっていないため、庫内の灰がここに溜まってしまっているのです。

この状態を見て、破損している部品の確認や使い方の再確認を行いました。

小俣邸 平屋 薪ストーブメンンテナンス DLD ホンカ ログハウス 本物4 

ストーブの奥にある部品に亀裂が入っており、この部分を取り替えないと燃焼効率が悪くなるということで、今回交換することにしました。

小俣邸 平屋 薪ストーブメンンテナンス DLD ホンカ ログハウス 本物11 

およそ2時間半の作業が終わり、ご覧の通りスッキリきれいになりました!

このメンテナンスというのは、ただきれいにしてもらうだけでなく、日頃の使い方が間違っていないか?破損部分があって熱効率が悪くなっていないかなど、まさに薪ストーブの定期検診を受けることにしています。

皆さんもご自身でメンテナンスを行いながらも何回かに一度はプロの方に見てもらい、ストーブの破損個所の有無の確認、使い方の再確認をしてみてはいかがでしょうか?

小俣 ホンカ 小俣

《 ホンカ・ダイレクト東京 夏季休業のお知らせ 》

2019年8月12日(月)~ 8月16日(木)とさせて頂きます。
※なお、この期間中の連絡先は下記平井宛にお願いします。

平井携帯:090-3132-1169  平井E-mail:hirai@honka.co.jp

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

HONKA Direct Tokyo Blog