『 栃木県内にて、イベント開催決定! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ユーリ 山中湖

今日は、イベントのご案内です。

 

来たる 6月10日(土)11日(日)の2日間、栃木県那須塩原市内にて、【 ログハウス勉強会&見学ツアー 】を実施します!

茶話会形式で、ログハウスについて、家づくりについて気軽にお話ができるイベントです。

 

今回の【 ログハウス勉強会 】に参加して期待できる効果として、

・  ログハウスの基本的知識を勉強できる

・  種類やその違いを知り、自分に合ったログハウスを見つけらる

・  良いログハウスの見分け方を専門家から学べる

・  ログハウス建築に対する疑問や不安を解消できる

・  失敗しないログハウス選びをお教えします

と、このような効果を期待して頂けます。

K様邸竣工 (8)

また、私達のこれまでの経験を基にわかり易くお話しし、「 住宅 」や 「 セカンドハウス 」にログハウスを選ぶことへの不安も解消して頂ければと思っております。

こうした機会を利用し、ぜひログハウスの知識を得たり、ログハウスに対する不安を解消しに来てください。

その他、勉強会の後には「 ホンカ施工物件見学ツアー 」やご希望の方には、私達ログハウスの専門家がご提案する「 那須エリア特選土地見学ツアー 」も実施しますので、ぜひご参加ください!

【 平井担当の那須施工物件一例 】K様邸竣工 (10)

初夏の那須高原を満喫しながら、ログハウスについて学ぶ充実した1日を過ごしましょう!

平井 ホンカ ログハウス 平井

★☆★☆ ログハウス勉強会&見学会ツアー ☆★☆★

《  開催日時 》 6月10日(土)11日(日)    10:00 ~ 開始

《 勉強会開催場所 》栃木県那須塩原市沼野田和442-6

※駐車場の手配もございますので、ご予約の上ご来場ください。

AD案内図-1加工

【 勉強会会場の室内写真 】エーディーホーム 事務所 室内

《 お問合せ・予約先 》

株式会社ホンカ・ジャパン

/ ホームコーディネーター  平井邦明

E-mail:hirai@honka.co.jp

直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F

TEL 012-69-3219(平日 10:00~17:00)

HP http://www.honka.co.jp/

那須高原 施工例

【  その他の最新イベント情報! 】

ログ積み見学会開催!

ホンカ K様邸パース3

現場見学随時受付中!

スタッフ一同、ご予約お待ちしております。

〖 熊谷市 ログ積み見学会を開催します! 〗

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ UK58

今回、埼玉県熊谷市で6月から始まりますホンカ・ログホームのログ積み(建て方)工事を、皆さんにご覧いただく機会を設けました。

日頃、構造見学会として各現場をご案内していますが、今回はログハウスならではのログ材を積んでいるダイナミックな作業現場をご覧頂こうと企画しました。

ホンカ ログハウス 建て方 (1)

ホンカ ログハウス 建て方 (3)

ログ積み工事を見学するメリットは、完成されてからでは見えなくなるホンカが独自に開発した「 カーブノッチ 」が、どのように組まれるのか?

チューブ ノッチ ホンカ

そして、ログの裏側に取り付けられている2本のゴムチューブがどのように重なり、気密性や水密性を上げているのか?を目の前で確認できる絶好の機会となるのです!

ホンカ ログハウス 建て方 (5)

構造見学とは違う、まさにログハウスならではのログ積み見学会です! ぜひ、この機会をお見逃しなく!

小俣 ホンカ 小俣

■■■ 熊谷市 ログ積み見学会開催!  ■■■

《 開催日時 》

6月1日(木) ~ 6月4日(日)の4日間

① 10:00 ~ ② 13:00 ~ ③ 15:00 ~

※日々工事が進んでおります。ログが積まれる段数により、建物の形や大きさも違って見えます!

初日から最終日まで、ご覧になりたいという方も大歓迎!

たくさんの方からのご予約お待ちしております!

※天気により工程が変更となる可能性もございます。

《 お問合せ・予約先 》

株式会社ホンカ・ジャパン

/ ホームコーディネーター  平井邦明

E-mail:hirai@honka.co.jp

直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F

TEL 012-69-3219(平日 10:00~17:00)

HP http://www.honka.co.jp/

平井&小俣 ログハウス

ご予約お待ちしております!

【  その他の最新イベント情報! 】

ログハウス勉強会開催!(ホンカ物件&特選土地見学同時開催)

茶話会 ログハウス ホンカ

現場見学随時受付中!

スタッフ一同、ご予約お待ちしております。

『 ホンカの歴史② 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ 木について(4)

ホンカがマシンカットログハウスを開発し、約60年。そんなホンカの歴史をわかり易く、シリーズでお伝えしています。

2回目の今日は、サーレライネン兄弟の会社についてお話ししたいと思います。

 

ホンカの前身にあたりますサーレライネン兄弟の会社「 サハウス・ヤ・ホウラリーケ社 」と「 ホンカトゥオテ社 」で社長を務めたのは、長兄のヴィルヨ・サーレライネンでした。

とはいえ、肩書で仕事内容を振り分けたりはしなかったそうです。兄弟それぞれの得意分野を活かして、それぞれの仕事をするまで、ヴィルヨのリーダーとしての力量は彼の性格がよく表していたそうです。

発明好きで、商売人としては不適切な部分があり、彼のような人物は逆に会社のトップに立つ者としては、まさに適任とも言うべきだったそうです。

1967年、ホンカはフィンランド東部のリエクサとフィンランド南部で事業を行うようになりました。

南部に暮らすエイノ・サーレライネンが南部から積極的にビジネスに参加してくれていることで、一見厄介に思われる二つの事務所の距離も問題になることはなかったそうです。

エイノはここで自分の才能を存分に発揮してくれたそうです。誰の目にも彼は兄弟の中で最もマーケティング能力に優れていることが明らかだったそうです。

やがて彼が社長に就任することになります。エイノは後に会長にも就任しました。

彼の手腕で、ホンカは戦略的に会社を成長させるための計画に乗り出すことになります。

1976年にエイノが死去、ホンカには新たな試練が訪れることになります。

これを乗り越えようと新たに社長に就いたのが、レイノであり、会長にはヴィルヨが就任しました。彼らが力を合わせて取り組んでいかなければならなかった最大の事業は、カルストゥラでの工場開設でした。

ホンカの歴史

ホンカには創立以来「 ホンカスピリッツ 」というものがあります。

仲間意識、肩書きにとらわれず一緒に何かをしようと団結する力。特に製造そのものに力を注いでいたレイノ・サーレライネンが社長だった時代は、多くの人が人間同士のぬくもりを記憶しているそうです。

レイノは足しげく向上を訪れては従業員たちに様々な質問をし、彼らの言葉に耳を傾けていたそうです。

こうすることで、会社の団結力はさらに高まっていったのでした。会社が主催する数々のお祝いやイベントは多くの従業員たちの楽しみだったそうです。

会社のリーダーが自ら従業員のもとへ足を運ぶことによって、ここで働く人たちの会社への信頼感や一つの目標に向かって力を合わせる意識を確固たるものにしました。

レイノ・サーレライネンの姿勢は、次の回答にもよく表れています。2008年の春、すでに定年退職している彼に「 いつ頃大企業の仲間入りをしたとお感じになったでしょうか? 」と、質問したときの事です。彼はインタビュアーの目をしっかりと見つめて、迷わずにこう答えたそうです。「 そんなこと一度たりとしてなかったよ。 」と。

 

いかがでしたでしょうか。

こうして、ホンカの歴史を読み直していると益々ホンカの魅力を感じる小俣でした。

小俣 ホンカ 小俣

最新イベント情報!

現場見学随時受付中!

ホンカ H様邸 (4)

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
******************* 

『 熊谷市のログホーム、ログ積前の準備です! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ 海外画像5

ホームコーディネーターである平井が担当しております熊谷市のK様邸もいよいよ基礎工事が終了し、フィンランドからのキット到着を待つばかりです。

【 K様邸完成イメージパース 】ホンカ K様邸パース3

そのキットが来るまでには、確認申請業務を進め、その許可が下りてから基礎工事に着手するなど、様々な事を工程通りに進めています。

そして、その間にはK様とキッチンやトイレ、室内の床材、照明器具の種類及び配線ヶ所など、仕様の打ち合わせをKIGUMIの浅子社長と一緒に進めています。

K様邸 電気配線図 ログハウス

この写真はその打ち合わせで決定しました電気配線図と照明器具リストの一部です。

それをKIGUMIの矢嶋さんが、ホンカのログ図面を見ながら、配線の位置を細かく確認しています。

この作業はとても重要な作業のひとつで、ログ積工事の際に配線がどこを通っているのか?どの位置、どの高さにあるのか?を現場の職人さんに正確に伝える図面となるのです。

この作業をすることで、無駄なく工事を進めることができるのです。

 

次回は、K様邸のホンカ・ログキットが日本に到着し、そのキットの荷卸しの様子をお伝えする予定です。

遠くフィンランドからやってきたホンカのログキットが、初めて日本の地につく瞬間は、いつも我が家の時のようにドキドキします。

K様もきっと楽しみにしていらっしゃるでしょうね。

小俣 ホンカ 小俣

【 最新イベント情報!】

現場見学随時受付中!(詳細はここをクリック!)

御殿場市 構造 ログハウス

《 千葉県多古町では、完成見学会を開催しています!》
いよいよ明日が最終日です! 
まだ、午後のお時間に若干の余裕があります!
詳細につきましては、

ホンカつくば 伊勢喜工務店のHPNEWSや

http://honka.jp/tsukuba/?p=1142

ホンカ埼玉東 KIGUMIさんのブログをご覧ください!

http://honka-blog.jp/saitamahigashi/?p=4009

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
******************* 

『 完成見学会を開催しています! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

1

今日は、人気の「トゥンネ」の完成見学会開催のお知らせです。

只今、ホンカつくばにより千葉県香取郡多古町にて、お施主様のご厚意により完成見学会を開催させて頂いております。

2

広さは31坪の3LDKで、ログは、角ラミネートログ112mmです。塗料は浸透タイプの油性塗料(ブラウンとブルーグレー)、そして塗膜タイプ(ホワイト)の塗料で北欧らしい素敵な配色となっています(^^)

4

キッチンは、壁の木に合わせ、木の扉のキッチンを採用。主張しすぎず自然に収まっています。

3

ガラスから注ぐ明かりが素敵なログハウスです。ぜひ、この機会にホンカの世界をご見学にいらしてください。

< 完成見学会 >

日程 : 5月14日() ~ 20日()

時間 : 10時 ~ 16時

場所 : 千葉県香取郡多古町

※電車でお越しの方は、最寄駅(JR総武本線飯倉駅)まで送迎いたしますのでご予約時にお申し付けくださいませ。

※駐車場には限りがございますのでお車でお越しの方はご予約時にお申し付けくださいませ。

※開催場所の詳細につきましてはご予約時に案内させていただきます。

ご予約お待ちしております。 平井

平井 邦明

【 その他イベント情報! 】

現場見学随時受付中!(詳細はここをクリック!)

御殿場市 構造 ログハウス
*******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                                                    / ホームコーディネーター                                                                                
                 平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp                     直通電話 090-3132-1169(イイログ)
〒150-0002                         東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                    SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                    HP http://www.honka.co.jp/  
*******************

『 構造見学会の様子をお伝えします! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

【 フィンランドにあるホンカ自社工場 】HONKA 工場全景

先週末の土曜日、御殿場市で建築中のホンカの構造を見学したいという方々をご案内して参りました。

御殿場市 構造 ログハウス

この日は、土曜日ということでふじ企画の大工さんが作業をしていました。

また、雨の為職人の方はいらっしゃらなかったのですが、外部のログ壁に1回目の塗装が施されていました。

塗装 ホンカ 見学会

クリームカラーの可愛らしい建物に仕上がりそうです。

 

そして、前回の平井のブログでもお伝えしました室内天井の断熱工事も、スタイロフォームにプラスして、吹き付け断熱も施されていました。

吹付断熱工事 ホンカ ログハウス

 

さて、今日初めてホンカ・ログホームをご覧になられたという方や、現在ログハウスに住んでいらっしゃるという方をご案内させて頂く中で、「 ホンカさんと他のメーカーさんと何が違うの?」というご質問を頂きました。

それに対し、目の前に建っているホンカのログをじっくりとご覧頂きながら、ログ材、特にノッチ部分やシーリングの加工技術の違いであったり、今日に至るまでのホンカの歴史、その中で繰り返し行ってきている製品開発についてなど、様々な角度から説明させて頂きました。

構造 ホンカ 見学会3

また、建築中の現場ということもあり、ログハウスの構造を熟知した大工さんたちが納めた各箇所をご覧頂き、一般の大工さんでは難しい納めがあるのだということをご理解頂くことができました。

ログハウス 御殿場市 ホンカ

今後もこの現場では、随時予約制で現場見学を開催しております。

平日が都合がいい方、休日の方がいい方など様々だと思います。お気軽に下記連絡先にお問い合わせください!

実物をご覧頂きながら、ホンカについて、ログハウスについて、わかり易くお話しさせて頂き、家づくり計画に対する不安なことも解消して頂く、絶好の機会にして頂きたいと思います!

小俣 ホンカ 小俣

【 最新イベント情報!】

現場見学随時受付中!(詳細はここをクリック!)

御殿場市 構造 ログハウス

《 千葉県多古町では、完成見学会を開催しています!》
詳細につきましては、

ホンカつくば 伊勢喜工務店のHPNEWSや

http://honka.jp/tsukuba/?p=1142

ホンカ埼玉東 KIGUMIさんのブログをご覧ください!

http://honka-blog.jp/saitamahigashi/?p=4009

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
******************* 

『 建築の基礎知識⑪ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ログハウス フランス ホンカ

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

 

皆さん、建物にはどんな力がかかるのか?と考えたことはありますか?

建物には、私達を自然から守り、安全を確保する役目があります。

その為に、建物は自然の力に負けない強さを持っていなくてはならないのです。では、いったい建物にはどんな力が働いているのでしょう。

 

まず、地球が物体をひきつける力、重力の影響を受けます。

屋根の重さは梁にかかり、柱へ伝わり、そして床に伝わり、それらが土台となる基礎にかかってきます。

これらの建物に対して上からかかる重さの事を荷重といい、建物自体の重さによる荷重を固定過重といいます。

また、その建物の中で暮らしている人、働いている人の体重、家具や家電製品、その他の荷物、それらすべての重さによる荷重を積載荷重といいます。

北国の豪雪地帯に建てられた建物の場合は、雪の影響が深刻です。

HONKA 照明13

屋根に積もった雪の重さで、家が押しつぶされてしまうことだってあります。この雪による荷重を積雪荷重といいます。

また日本は、地震が多いです。地面が縦、横にゆれ、建物が大きく揺さぶられます。

1995年の阪神・淡路大震災では、約25万8000棟もの住宅が全半壊したそうです。記憶に新しいは、2016年4月14日の熊本地震です。

ホンカのディーラーであるホンカ中九州 フォレストブルーさんのブログでもその様子をご紹介しています。

http://honka-blog.jp/nakakyushu/?cat=20

地震への対策は、建物を建設する上で重要な要素です。

それから、強風が吹き付けることによって建物に揺れが生じます。この風による影響は、建物が高いほど大きくなります。

 

さらに気温の影響も受けます。建物の材料は 暑いときには膨張し、寒いときには収縮します。気温の変化によって材料が収縮すると、建物にひずみが生じます。この気温の影響も考慮しなくてはなりません。

このように、建物の見た目やデザインだけでなく、自然の力から建物の構造体を考えるということも必要だなと改めて感じました。

 

次回は、材料に働く色々な力についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

最新イベント情報!

現場見学随時受付中!

ホンカ H様邸 (4)

多古町完成見学会を開催します!
詳細については、

ホンカつくば 伊勢喜工務店のHPNEWSや

http://honka.jp/tsukuba/?p=1142

ホンカ埼玉東 KIGUMIさんのブログをご覧ください!

http://honka-blog.jp/saitamahigashi/?p=4009

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
******************* 

『 ホンカの歴史① 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ UK40

ホンカがマシンカットログハウスを開発し、約60年。そんなホンカの歴史をわかり易く、今日からシリーズでお伝えしていきます。

初回は、ホンカラケンネ社の創設者であるサーレライネン兄弟についてお話します。

 

ヴィルヨ、ネストリ、アルヴォ、エイノ、レイノの5人兄弟は、二つの世界大戦の間に誕生しました。

生家は、リクエサのハットゥヴァーラ。ケットゥとエステリという二人の姉妹と共に父タハヴォ・サーレライネンに育てられ、すくすくと成長しました。

ホンカの歴史

出産で命を落とした母シーリ亡き後、仕事一筋だった父の手ひとつで育てられることを余儀なくされますが、家族のさらなる試練が襲ってきました。

第二次世界大戦、冬戦争です。

ハットゥヴァーラの村では避難勧告が出され、そして村の大部分が破壊されたのでした。

村のミュッシュリュカンガスという地域に建っていたサーレライネンの家も例外ではありませんでした。

やがて終戦を迎え平和が戻ると、1940年代後半にフィンランド各地でみられたように、ハットゥヴァーラの地にもかつての住人たちが戻ってきました。

戻ったとはいえ、目の前の光景はかつてとは全く異なっていました。

ミュッシュルカンガスでは全員を食べさせられるだけの環境が整っていませんでした。そしてこれが新境地への旅立ち、新しい仕事を求める門出へとつながったのです。

ホンカの誕生とその成長ぶりは、5人の異なる個性が一つになったからこその結果といえます。

〖 サーレライネン兄弟:左からアルヴォ、ヴィルヨ、ネストリ、レイノ、エイノ・サーレライネン 〗ホンカ ログハウス 歴史

サーレライネン兄弟は、それぞれがお互いの足りないところを補い合うような組み合わせでした。

仕立て屋の精密さを得意とする者、生まれながらの商売人、畑を耕す者のように地に足がついた生き方をする者、木挽きの見事な腕前、そしてリーダーの才能・・・企業コンサルタントが聞いたらうらやましがるばかりといったチーム構成でした。

色々な家庭の事情がこうさせたのだと、ヴィルヨサーレライネンはホンカラケンネ社が誕生した当時を振り返っています。

みんなで力を合わせて仕事をすることは、両親の願いでもありました。それだけでなく、歳若くしてきつい仕事をせざるを得ない環境で育ってきたということもあります。

また働くことを意識させるのは父親の子育てによるものといえます。決して強制ではありませんでしたが、兄弟が力を合わせることの大切さを父親は子育ての中で伝えていたのでした。

一緒に目指すところが何なのか、兄弟はいつも明確に理解していました。

もちろん喧嘩だってしたそうです。それでも他の人たちには、いつも一緒に力を合わせてやっているところを、そして一緒に何かを決定している姿を見せる。力を合わせてひとつの事に突き進むこと、その結果がこの世界最大のログハウスメーカー、ホンカなのです!

 

いかがでしたか?

私自身、サーレライネン家族が身近に感じたお話でした。

次回は、ホンカの前身にあたるサーレライネン兄弟の会社についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

最新イベント情報!

現場見学随時受付中!

ホンカ H様邸 (4)

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
******************* 

『 H様邸の現場の様子をお伝えします! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ H様邸 パース

今日は、先日(4月24日)にもお伝えしましたH様邸(静岡県御殿場市)の現場の様子をお伝えします。

ホンカ H様邸 (2)

既に屋根が葺かれました。屋根材は、ガルバリウム鋼板です。屋根勾配が緩い場合や雪の多い地域で良く使われますが、デザイン的にもすっきりとした軽くて耐久性の高い屋根材なので、最近では全国的に使われています。

ホンカ H様邸 (4)

断熱材は、スタイロフォームにプラスしてウレタン吹き付け断熱です。比較的寒い地域のため、結露防止にスタイロフォームを張り、さらに断熱性の高いウレタン吹き付け断熱を施工します。

ホンカ H様邸 (1)

現在、建具の取り付けも進められています。これは東側の出窓を造っているところです。

ホンカ H様邸 (3)

西側は既に窓が設置されています。いい感じです(^^)

ホンカ H様邸 (5)

南側の屋根付きテラスには天窓も付きました。大きな屋根に覆われます明るいテラスになりそうです。

ホンカ H様邸 (6)

これは玄関ドアです。セトリングスペースもしっかり確保ししっかりと設置されています。堂々たる姿に重厚感を感じます(^^)

この日は、H様と現場で電気工事の打ち合わせをさせて頂きました。照明器具やスイッチなどの設置位置を実際の現場で確認して頂くことで、生活をイメージしながら確認して頂きました。

これから中の間仕切り壁工事へと移り、徐々に仕上げ工事へと進んでいきます。ログハウスの構造に興味がある方はお早めに見学をお勧めします。

ご連絡お待ちしております(^O^)/  平井

平井 邦明

【 最新イベント情報! 】

ゴールデンウィークイベント

ログハウス勉強会 名古屋

現場見学随時受付中!
ホンカ H様邸 (4)
*******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                                                    / ホームコーディネーター                                                                                
                 平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp                     直通電話 090-3132-1169(イイログ)
〒150-0002                         東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                    SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                    HP http://www.honka.co.jp/  
*******************

『 “ 本物の木の家 ”を建てる。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

スパ リゾート ホンカ

今日は、“ 本物の木の家を建てる  ” の3回目です。

昔から日本の住まいは、四季の変化が大きい気候風土にあわせて木で建てられています。

ホンカの家の住空間は木の香りに包まれ、五感で感じることのできる快適な家であることは1回目2回目でお伝えしました。

今回は、その木が日本の気候風土に合った建材であることをご紹介します。

ホンカ 日本の施工例

モデルハウスや完成見学会などで、ホンカの家に入ると、「 木に包まれた空気が心地よく感じる。」と、よくお客様がおっしゃいます。

これは、室内の空気の状態がちょうどいい具合になっているからなのこれはです。つまり、壁とポーラーパインの建材は、それ自体が空気の出し入れを行い、自然換気を行ってくれているということなのです。

その時、調整が自然と行われます。これは木の特性によるもので、“自然のエアコン”と呼ばれる機能なのです。

他の建材と比べて断熱性が高いのは、木のいちばんの特性と言えます。そのため家の中は冬暖かく、夏涼しい!これはどんな家に住むか?を考える時に、気にすることのひとつですよね。

では、「 どうして木の断熱性能が高いといえるのでしょう?」

龍ヶ崎(室内)

それは、木の中には空気をたくさん含む細胞がぎっしり詰まっています。この「空気の細胞」のおかげで、木は優れた断熱性能を発揮するのです。

夏涼しく、冬暖かいという快適な環境が生まれるのはこのためなのです。つまり、一定の温度を保っている井戸水や地下水が、冬に温かく夏に冷たく感じられるのと同じ原理です。

ホンカの家は、まさに“自然のエアコン”を装備しているといえますね。

また、断熱性能に加えて、優れた蓄熱性能を持つのも木の特徴です。壁の木材が昼間太陽エネルギーを蓄積し、夜間になると徐々に温熱を放出するので、暖房費の節約になります。

一方、夏はひさしとベランダがログ壁を熱から保護し、室内温度を快適なレベルに保ちます。木の特性を知り尽くした設計技術もホンカの快適性、エネルギー効率の高さに貢献しているのです。

蓄熱性能

わかり易い例でいうと、木の柄のついたフライパンを熱しても、柄まで熱くならないのは、 木という素材の熱伝導率がきわめて小さいからなのです。

いかがでしたか?

木の特性を最大限に活かしたホンカ・ログホーム。まだ一度も実物をご覧になったことがない方はもちろん、見たことがあるという方も、季節ごとのログハウスの室内をぜひ体感してみてください!

これからの季節、特にオススメなのは雨が降っている時のログホームの室内を体感することですよ!

小俣 ホンカ 小俣

最新イベント情報!

ゴールデンウィークイベント

ログハウス勉強会 名古屋

 

現場見学随時受付中!

ホンカ H様邸 (4)

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
*******************

HONKA Direct Tokyo Blog