《 張り替えるのではなく、塗り替える壁紙をご紹介します!》

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

ログハウス 名古屋ショールーム 夜

今日から4回に分けて、皆さんにおススメしたい商品をご紹介していきます!

1回目の今日は壁紙です。

日本では、古くから気候・風土に適した漆喰やじゅらくなどの塗り壁が一般的でした。

ホンカのログハウスでも室内の一部に漆喰や塗り壁を用いる方もいらっしゃり、本国フィンランドの施工例を見ると、必ずと言っていいほど部屋の一部もしくは全面に壁紙を貼っています。

ワールド ホンカ28

例えば、ホンカのMLL134のログ材で仕上げた室内は、どちらかというとモダンなイメージになるので、一部の壁を壁紙で仕上げるとかっこいい雰囲気に仕上がります。

壁紙も一般的なものとは違う自然素材を主原料にしている壁紙で、ホンカのログハウスにも使用したい商品をご紹介します。

エコフリース ログハウス 壁紙

その商品とは「 エコフリース 」という、一般的な壁紙とあまり変わらない施工性で、壁紙でありながら塗り壁のような優れた透湿性・耐久性を実現しており、摩擦や衝撃にも強い耐久性のある商品です。

この壁紙は、パルプ等を主原料としたフリース(不織布)に、水性塗料を工場で塗装した商品です。

可塑剤(かそざい:主に塩化ビニル樹脂(塩ビ)を中心としたプラスチックに柔軟性を与える添加剤のこと)等を使用していないので、安全性も高く、施工性にも優れています。また、帯電しないので帆頃をほとんど寄せ付けないといわれています。

私がこの「 エコフリース 」をオススメしたい最大の理由は、張り替えるのでは無く、お好みの色を重ね塗りすることで簡単に模様替えが出来るから。

上から10回程度重ね塗りが出来るので、傷や汚れの補修はもちろん、生活環境の変化やリフォームの際にご自身で塗るということもできますしね!

しかも一般的な壁紙は、汚れたり剥がれてしまったりすると貼り替えが必要となり、その際にゴミが発生してしまいます。その貼り替えによるゴミを減らしCO2の削減に貢献する「 環境壁紙 」がこの「 エコフリース 」なのです!

この商品カタログとサンプルをご用意しているので、興味のある方はぜひ名古屋ショールームにご来場ください。

さて、次回は我が家にも設置したいと思っている商品をご紹介します! お楽しみに! 小俣

平井&小俣(名古屋)

《 イベントのお知らせ 》

□◆□◇ 岡崎市 建て方工事見学実施中! □◆□◇

□◆□◇ 常滑市 建て方工事見学実施中! □◆□◇

 【 施工中の現場見学をオススメしています! 】

只今、ホームコーディネーターの平井がプランニングを担当しました現場が 各地で施工中です。

家づくりを計画するうえで、私達は現場見学をオススメしています。その理由は、Web上では得られない情報がたくさんあり、不安や疑問を解消でき、皆さんそれぞれが新たな発見をしていただけるからなのです!

《 名古屋エリア 》

◇愛知県岡崎市(K様邸 アイヴァン アレンジプラン) http://honka-blog.jp/nagoya/?cat=40

◇愛知県常滑市(Y様邸 ルオントアレンジプラン)
http://honka-blog.jp/nagoya/?cat=41

現場見学ご希望の方は、下記までご連絡ください! スタッフ一同、お待ちしております。

名古屋ショールーム ノッチサンプル

〖 ホンカ・ダイレクト名古屋ショールーム 〗

☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.

〒464-0819
愛知県名古屋市千種区四谷通2-13
ルーツストーンファーストビル1F

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
平井邦明・小俣あけみ

名古屋ショールーム TEL: 052-783-1169
平井携帯 090-3132-1169
小俣携帯  080-7044-6911

平井E-mail hirai@honka.co.jp
小俣E-mail omata@honka.co.jp
URL  www.honka.co.jp

ホンカジャパンダイレクト メールマガジン配信中!
※下記ブログがご覧頂けます。
【 東京 】 http://honka-blog.jp/aoyama/
【 名古屋 】 http://honka-blog.jp/nagoya/

☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.☆. ☆.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>