nakakyushu のすべての投稿

施工物件

こんにちは。
ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーの小寺です。

弊社は40年以上に渡って、九州一円でHONKAのマシンカットログハウスやハンドカットログハウス、ポスト&ビームなどあらゆるタイプのログハウスと、在来工法の住宅等を施工してきました。

下の画像の星マークは施工物件を記した場所です。

施工した全ての物件ではありませんが、九州各県と山口県にも施工物件はあります。
(大手ハウスメーカーを除いた個社でこの範囲を施工する工務店って他にもあるのでしょうか?もしかすると日本一…かも?!)

弊社から最寄りの物件は、アイキャッチ画像にある『焚き火&ピザ もやし』さん。

直線距離で約30mのお隣さんです。

弊社から最も離れている物件は・・・・・・・





直線距離で約1,150kmほど離れた沖縄県の西表島にあります。

沖縄県には沖縄本島を含めて施工物件が数件あります。

(余談ですが、本州で最も遠い現場は直線距離で約1,000kmほど離れた福島県福島市にある高湯温泉の現場。
HP未掲載のハンドカットログハウスで、社長曰く5棟の建築に携わったとの事。
ベテランのログビルダーならではですね。)


HONKA JAPANがSUUMO(スーモ)に掲載を始めて約3か月が経ち、弊社が担当するエリアからのカタログ請求の内、沖縄県から、又は現在は沖縄県以外にお住まいですが建築予定地が沖縄県の方が約40%を占めています。

「沖縄でも建築は可能でしょうか?」
「〇〇島でもログハウスは建てれますか?」

といったご質問を書かれている方もいらっしゃいます。

施工実績から言うと、沖縄本島や離島でもログハウスを建てる事は可能です。

建てる事は可能ですが、厳しい点ももちろんあります。


次回は厳しい点について何点かご紹介しようと思います。



小寺

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp
【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *

たまにいただくご質問

こんにちは。
ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーの小寺です。

今回はお客様からたまにいただくご質問を幾つかご紹介します。


その①
「使ってるログ材は1本の木じゃないんですね。」
「ログは割れてるんですね。」


「ログハウス=ハンドカットログハウス」のイメージをお持ちのお客様や、ログハウスのことはあまり知らないけれど、ログ材のサンプルや展示場を見て気になられたお客様からたまにご質問をいただきます。

ハンドカットログハウスでは丸太の表皮を剥くピーリングを行います。

そしてノッチ部分の加工を施し組み上げていきます。

ハンドカットログハウスのイメージが強いお客様は、ログ材は1本の木から出来ているという認識をお持ちです。

対してマシンカットログハウスのホンカログ材は、1本モノではなく複数の木材を接着後に油圧プレス機で圧着(ラミネート)したラミネートログです。

ラミネートする事で反りやねじれ等を最小限に抑え、長いログ材の生産が可能になるため大きな建物の建築に応用可能となります。

木材の接着には揮発性化学物質を含まず人体に無害な接着剤を使用していますので、シックハウス症候群等アレルギーをお持ちの方にも安心です。


その②
「ログハウスの内壁と外壁は、同じ(同じ木、同じ壁)なんですか?」

一般的な在来工法の家の場合、内壁と外壁の間には柱や構造用合板や断熱材や防水シート等々が入っており、内壁と外壁は全く別々の壁です。

ログハウスの場合、ログ材を積み上げて建てているので内壁と外壁は同じ木で出来た同じ壁です。

「塗装のせいか、同じ壁に見えないなぁ。」とも言われますが、同じ壁なんです。

外壁には木目が隠れる不透明の塗料を使い、内壁を塗る場合には木目が見える半透明の塗料や不透明の塗料を使っているので、塗料によるイメージの違いはあります。

展示場兼オフィスでは、サンプルとして展示場スペースの内壁に半透明の塗料を使っています。

塗料の違いによって内と外でイメージが違いますが、同じ壁なんです。


展示場兼オフィスではサンプルとして内壁に半透明の塗料を使っていますが、内壁には塗料を使わずに無垢の木目を楽しむお施主様が弊社では比較的多いです。



展示場にご来場いただいた方々から様々なご質問をいただき、勉強になる事もあれば着眼点にビックリする事もあります。

ニッチでオリジナリティ溢れるログハウス。

ご紹介したくなる質問が増えたらまた記事にしてご紹介します。



小寺

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp
【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *





海上輸送への影響

こんにちは。
ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーの小寺です。

ホンカのログはフィンランドの自社工場で製造して、船旅で約3か月かけて日本に到着すると以前のブログでご紹介しました。
(https://honka-blog.jp/nakakyushu/?m=20231006)

北欧フィンランドを出発。

通常は地中海からスエズ運河を経由して、紅海を通って日本にやってきます。

しかしながら、昨年12月にイスラエル情勢を巡って武装組織がスエズ運河、紅海付近でコンテナ船など輸送船に対して攻撃や航行阻止行動を行う事例が続発。

大手の船会社が運航するコンテナ船がミサイル攻撃を受け、紅海の通航を停止して喜望峰経由へのルートに変更を行いました。

ホンカ本社で利用している船会社も緊急の安全対策としてスエズ運河経由および紅海区域の航行を取りやめ、喜望峰経由のルートに変更を行いました。

1月中旬の時点で、スエズ運河経由に比べて喜望峰ルートの国際輸送期間は3~4週間ほど長くなりました。

海外の報道資料によると、紅海の出口であるバブエルマンデブ海峡(赤丸の箇所)を通行する商船は、昨年12月中旬と比較して1カ月で約60%減少しているそうです。

1月中旬に行われた米英軍による武装組織の拠点への攻撃以降、中東情勢の混乱の長期化が予想されており、海外の海運大手のCEOは「少なくとも数カ月はサプライチェーンの混乱が続くだろう。」と述べています。


コロナウイルスによるパンデミックが起こった際には海外ではロックダウンが行われ、当然のことながら港湾での活動も停止。

物流が止まりコンテナが港に留まり続け、世界的に深刻なコンテナ不足に陥る事態が発生していました。

通常3か月かかる国際輸送期間が、当時は約半年かかっていました。

近年は通常の国際輸送日程に戻りつつありましたが、再び混乱を招く事態になっています。

続報は機会を見つけてまたお知らせしたいと思います。

ありきたりな言葉ですが、世界平和の重要性を身をもって感じる事案です。

早く争いの無い日常を取り戻して欲しいと願うこの頃でした。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 顔写真-H200-1.jpg


小寺

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp
【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *











すきま

こんにちは。
ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーの小寺です。

前回はHONKAのDK窓についてご紹介しましたが、今回は窓つながりで書いてみようと思います。


一般的な住宅でよく目にするアルミサッシや樹脂サッシとは異なり、HONKAは木製サッシを採用しています。

断熱性能等の機能面だけではなく、見た目的にもログハウスにマッチしています。

そんな木製サッシを開口部に設置したところがこちら。

1枚目の写真だと分かりづらいのですが、2枚目・3枚目の写真だとお分かりだと思います。

開口部と木製サッシのサイズがぴったりと合っておらず、すき間があるのです。

このすき間、設計段階でのミスやログキット作成段階でのミスではなく、敢えて作っています。

ログハウスを建てるうえで非常に重要な役割を果たしているすき間なんです。

このすき間の事を「セトリングスペース」と言います。


なぜ「セトリングスペース」を敢えて作るのか?

答えはログハウスが縮むからです。

ログハウスが縮む???とお思いの方がいらっしゃるでしょう。

なぜログハウスが縮むのか?

答えはログハウスが木材を横向きにして積み上げる工法だからです。


当然の事ながら木は水分を含んでいます。

木に含まれている水分が徐々に抜けていき、木が縮んでいく事を「セトリング」と言います。

木の表面から芯に向かって水分が抜けて乾燥が進むため、木の長さは変わらないのですが、木の太さ(直径)が少しずつ縮んでいきます。

その為に木材を横向きにして積み上げるログハウスでは、ログ壁の高さが徐々に下がってきます。

また、ログハウス自体の荷重によってログ材同士の密着度が高まることも、ログ壁が下がってくる要因になります。


セトリングを考慮せずにログハウスを建ててしまうと、下がってきたログ壁の影響を受けて窓やドアなどの建具に不具合が起こり、場合によっては負荷が掛かって破損する事になります。

ですのでセトリング対策として窓やドアの上部に「セトリングスペース」という空間を敢えて作り、伸縮性のある断熱材ですき間を埋めます。

セトリングでログ壁が下がってきてもセトリングスペースに沈みこみ、窓やドアへの影響を最小限にとどめます。

柱のセトリング対策には柱に金具を付けて高さを調整し、セトリングを吸収します。


気候、空気の乾燥状態、暖房の使用状況など様々な条件によって変わってきますが、セトリングは目安として新築から5年ほどで落ち着いてきます。

一般的には新築から3年ほどで70~80%が進行し、後はゆっくりと時間をかけて進んでいきます。

空気が乾燥しており、暖房を使用する冬の方が夏よりもログ材の乾燥が進み、セトリングも早く進むと言われています。


自然素材である木材を多く用いて建てられるログハウス。

お施主様にお引き渡し後もメンテナンスを行い、上手くセトリングをコントロールしていけば、ログ材同士の密着度が高まる事で更に強度も増し、数年後には成熟したログハウスになっていることでしょう。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 顔写真-H200-1.jpg


小寺

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp
【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *

HONKAのDK窓ってナニ?

こんにちは!フォレスト・ブルーの中尾です。

あけましておめでとうございます。

皆さんは良い年末年始を過ごせましたでしょうか?

今年は年始から胸の内が痛くなるような事案が立て続けに起こり、最強寒波も相まって波乱の幕開けとなりました。

フォレスト・ブルーでは、今後も皆さんが楽しめるようなブログを更新していきますので、変わらずよろしくお願いいたします😌✨


今回は、ホンカで採用されている「DK窓」のご紹介です。

ぜひ最後までご覧ください♪


HONKAで採用している窓は木製サッシです。

ドレーキップウィンドウと呼ばれ、図面上やカタログの表記では「DK(ディーケー)窓」と表現しています。

HONKAで図面のご依頼をされたことがある方は、もしかしたら見たことがあるかもしれませんね。

「DK窓」はフィンランドの厳しい自然環境にも対応可能な、高い断熱性と気密性を備えた木製窓です。

環境にも優しい木製窓は、断熱・遮熱性が高く、結露にも強い性能を持っています。

そんなDK窓の開閉方法は便利な4パターン。

フォレスト・ブルーの展示場兼オフィスでは、冷暖房設備を使用してないときはティルトポジション、又はベンチレーションポジションになっています。

心地良い風とあまりの環境の良さに、HONKAの展示場で仕事ができることに日々幸せを感じています😌💭

こんなに環境の良い空間で仕事ができるなんてめったにない贅沢ですよね~♪

冬に薪を外から補充する際は、ターンポジションに。

大きく開いて薪も取り出しやすいです。

ハンドルを回す際はカチカチカチ…と音がしますので、左右それぞれ窓に対して外回しに回転させてハンドルの角度を調節してくださいね。

反対に回すと故障の原因になりますのでご注意ください👀!


そして、HONKAのDK窓はトリプルガラスが基本です。

ですが、九州は関東圏ほど寒い地域ではないため、ダブルガラスに仕様変更することがほとんどです。

九州は木製サッシとダブルガラスで断熱効果を十分に感じることができますのでご安心を。

窓に格子をはめたり、サイズも色々。

最近は窓のデザイン数も増えて、ますます選ぶのが楽しくなりましたよ~😊✨

ぜひ展示場でご確認ください!

次回もお楽しみに♪



PS.今回は写真が少なかったのでうちの看板猫(社内出禁中)をチラ見せ😉✨

最近粗相が多くて困ってます。。。😢




中尾

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp
【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *

  

どんどや

こんにちは。
ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーの小寺です。

1月14日(日)に正月飾りなどをお焚き上げする「どんどや」に参加してきました。

他の地域では「どんど焼き」「とんど焼き」「鬼火たき」等、色々な呼び方があるようです。

当日はぽかぽか陽気+どんどやの炎で、暑いくらいでした。


消防士から火事の原因ランキング発表と、火事にならない・起こさない対策のお話から始まりましたが、途中で出動要請が入ったために消防士の方々が現場に出動する波乱のスタートとなりました。

その後は消防団員の方が引き継ぎ、年男・年女の方々による火入れが行われました。

持ち寄られた正月飾り等が燃え上がり、火が落ち着くまでの間にビンゴ大会がスタート。

景品は大人用と子供用に分かれており、ビンゴが揃った子供たちは喜んでいました😊

社長と社員1名も景品をゲットして喜んでました。

用意した景品が全て当たるまで、40回くらい回してたと思います。


火が落ち着くと竹に挟んだお餅を社長が焼き始め、いい感じに焼けたお餅を縁起物として社員で分けあっていただきました。

お餅の他には、お芋をアルミホイルに包んで焼き芋を作っている人も。


今年1年、無病息災で過ごせますように。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 顔写真-H200-1.jpg


小寺

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp
【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *

フォレスト・ファイブ

こんにちは。
ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーの小寺です。

以前のブログにも書きましたが、展示場兼オフィスの裏手側にはウォーキングやお散歩、ジョギング等を楽しめる川沿いの道があり、今の時期でも楽しんでる方がいらっしゃいます。

お隣には春になると桜が楽しめる公園があります。

今の時期には葉っぱも落ちて、すっきりしています。

そんなすっきりした状態だからこそ見られる光景があります。

桜の木越しに写っている5つの物件。

これらの物件は全て弊社が建てた物件なんです。

まずは左側の2つ。

HONKAのリンヤをアレンジした展示場兼オフィスと、ハンドカットログハウスの社長宅。

どちらも1階部分がRC造の倉庫等になっている混構造です。

続いて右側の3つ。

緑の建物はHONKAのシリウスをアレンジした『焚き火&ピザ もやし』さん。

その横の青い小さい建物は、旧展示場に建っていたHONKAのミニログ、イイッカ。

今は移築してもやしさんの外部エリアのおトイレとして利用されています。

イイッカと若干被っている奥の青い2階建の建物。

こちらはポスト&ビーム工法で建てられており、今は借家として利用しています。


HONKAのマシンカットログハウスとミニログハウス、そしてハンドカットログハウスにポスト&ビーム。

住宅展示場でもなく複数の種類のログハウスが並んでいるのを見られるのは、結構珍しいと思います。


実は社長宅のハンドカットログハウス、ログハウスの専門誌である「夢の丸太小屋に暮らす」(2019年に廃刊)が主催していた日本ログハウス・オブ・ザ・イヤーのヴィンテージ部門で、優秀賞を受賞していたりします。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 顔写真-H200-1.jpg


小寺

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp
【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *



仕事始め

明けましておめでとうございます。

2024年もよろしくお願い申し上げます。

ホンカ中九州 / 株式会社フォレスト・ブルーは、本日1月5日より平常営業を開始しております。

年末年始の休業期間中にお問い合わせいただきましたメール等は、順次対応しております。

返信や回答がまだ届いていない方々は、今しばらくお待ちください。

2024年が心豊かな一年になりますように、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


フォレスト・ブルー スタッフ一同



* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp

【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *

良いお年を!

今年も残すところあと僅かになりました。

2023年も大変お世話になりました。

今年の10月からブログを週1ペースで⁣アップし始め、試行錯誤しながらも3か月が経ちました。

ブログを読んでいただいている方々の暇つぶしや、何かしらのお役に立てているなら幸いです。

来年もゆるく続けていければと思います。

皆様にとって2023年はどういう年だったのでしょうか。

2024年は心豊かな一年になりますように、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

皆様良いお年をお迎えください。


フォレスト・ブルー スタッフ一同



* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp

【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *

年末年始の休業のお知らせ と お詫び

こんにちは。
ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーの小寺です。

熊本にも今季一番の強い寒気が流れ込んできており、日中の気温が3℃くらいになり凍えるような寒さです。

昨日は、展示場兼オフィスの周りでは雪が降っていました。

しかしながら展示場兼オフィスでは薪ストーブが大活躍しており、外の寒さとは別世界です。


さて、ホンカ中九州 / フォレスト・ブルーでは、下記の日程を年末年始の休業とさせて頂きます。

2023年12月29日(金)〜2024年1月4日(木)

1月5日(金)より通常営業いたします。

Eメール、FAX (096-281-7811) からの資料請求やお問い合わせは、休業期間中も24時間受け付けておりますが、資料の発送やお問い合わせの回答につきましては、1月5日(金)より順次対応させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。


【お詫び】
例年弊社で製作しておりましたオーナー様向けのオリジナルカレンダーですが、2023年版に続き2024年版も都合によりお届け出来ないことになりました。

2023年版カレンダーが届かず、毎年カレンダーを楽しみにされている方々からお電話やメールでお問い合わせをいただきましたが、2024年版もお届け出来ず誠に申し訳ございません。

2025年版カレンダーはお届け出来ますよう努めて参ります。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 顔写真-H200-1.jpg


小寺

* * * * * * * * * * * * * * *
ホンカ中九州
株式会社フォレスト・ブルー

代表取締役:本田 安明

〒861-3206
熊本県上益城郡御船町辺田見485
TEL:096-281-7810
ホンカ中九州HP:https://honka.jp/nakakyushu/
フォレスト・ブルーHP:http://www.forestblue.co.jp/
E-MAIL:info@forestblue.co.jp

【特定電子メール法に基づく表示】
弊社の各ページに記載のメールアドレスに広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。
* * * * * * * * * * * * * * *