『 ホンカの歴史⑳ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

 フィンランド 4月 (2)

今日のホンカの歴史は、前回の続き1980年代のお話です。

1980年代には、角ログ材と丸ログ材を上回る新しいログ材のタイプが登場しました。

それは今では主流となっています二つ以上の木材を接着剤で合わせたラミネートログ材のことです。

ノッチ 年輪

現在ホンカのラインナップでは、二つの木を合わせて作られた縦ラミネートログ材がスタンダードではありますが、さまざまな要望に応えられるようなプレミアムログ材とその特性も人気が高いです。

建設に用いられるラミネートログ材が一本木のログ材に比べて優れている点は何でしょうか?

それはまず安定していること、そして長い歳月の間に無垢の木に起こる割れが生じないことです。

アラヤルヴィにあったフィンウッド社では1980年代の初頭からこのラミネートログ材の開発に力を注いでいました。

約10年かけて発明されたこの製品の素晴らしさは広く認識されることになり、需要もまた増加の一途をたどることとなりました。

ホンカのログハウス建設の新しい方向性を打ち出し、同時にラミネートログ材のための開発と製造を行う自社工場をリクエサに設けました。

のちにラミネートログ材は製品として購入した方が効率的であるという結論に達し、1990年12月、ホンカはフィンウッド社とフィンウッド・ラケンヌス社の株の48%を買収したのでした。

フィンウッド社の株の買収には彼らの新しい製造技術を自分たちのところに取り込むことで、将来考えうる競争に備えたいという目論見があったそうです。

1980年の後半から続く好調な業績はホンカの経済面でも強化させていました。これで新たな市場開拓にも力を置くことができるようになりました。

そして海外では当時、角ログ材が丸ログ材よりも明らかに需要が高かったことに目を付けたんだそうです。

ログハウス

次回は、1990年代以降についてお話したいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>