『 飯能市の構造見学会開催時に私が目を惹いた現場の様子 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2015.10.27

今日は、先日開催しました埼玉県飯能市の構造見学会開催時に、私が目を惹いた現場の様子をお伝えします。

ログハウス構造見学会 電気配線

上の写真はユニットバスを設置するヶ所を写したものです。

ここには家じゅうの配線を集約し分電盤につなぐのですが、私が凄いなと思ったのが、たくさんあるこれらの配線をこのようにきちんと束ねてあったことでした。

これはお客様が見学に来た時に、見た目がきれいな方がいいし、ユニットバスを設置するときにも邪魔にならないからと、岡田電気さんがいつもこのようにするのだそうです。

ログハウス構造見学会 防水テープ ドア1

また、この写真は外部建具の設置ヶ所から雨水が侵入しないように防水ブチルテープを貼ってあるところですが、

ログハウス構造見学会 防水テープ ドア2

このテープを貼る際もただ貼るのではなく、仕上げの建具周りのケーシングからはみ出ないように寸法出しをしてから貼るのです。そのため、このシールも50mmと100mm幅の物を用意してあるのです。

ログハウス構造見学会 笠木

そして、この写真は妻壁部分から出ているログノッチ部分。
ログ材の一番上には、笠木という部材を設置します。

この笠木の役目は、ログ材の天端に雨水が直接当たらないようにするためで、屋根のかかっている部分は木製笠木で、屋根のかからない部分には板金笠木を設置することが多いです。

この木製笠木の形状が、ただ単に四角い部材を使用するのか、このように手を加え、見た目がきれいになるように一工夫するかによって、ちょっとしたことではありますが施主の立場で見た時にとても感動しました!

今回ご紹介したものはごく一部で、さすがだな!とか、すごい考えてある!と感動したものがまだまだたくさんあります。

引き続き、個別での現場見学も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

今週末開催します愛知県岡崎市の完成見学会でも、このような現場で工夫している部分などをご案内し、お客様と一緒に楽しもうと思います。

それでは今日はこの辺で・・・。

小俣 ホンカ 小俣

 *******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>