『 ログハウスについて。』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

今日は、ログハウスの素晴らしさをお伝えしたいと思います。

 

ここ数年、家づくりを考えるときにランニングコストを

重視するお客様が多くなってきています。

以前は、デザイン性や、子育て世代の多くの方が気にするコミュ

ニケーションの取り易い間取りを中心に考えたり、癒し系である

木の雰囲気とアレルギーに無縁であるということで、ログハウス

を選ばれる方が大半でした。

ホンカ 住空間 写真

しかし近年、お話をさせて頂くお客様の多くは、上記で述べたこ

とはもちろん、構造体の頑丈さや、住んでからのランニングコス

トはどのくらいになるのか? 特に電気代などの光熱費を気になさる

方が多くなり、もちろん建てる時の費用も重要ですが、それだけ

ではなく住んでからのことも考えて、建物を選びたいとご相談に

いらっしゃる方が多くなりました。

室内 快適 (1)

ところで、もともとログハウスは省エネ効果がある建物だという

ことをご存知でしたか?

このお話をすると結構な確率で「 意外でした。」とおっしゃる方

が多く、今回のような相談会やモデルハウスをご案内する際に

「なぜ省エネなのか?」をわかり易くお話させて頂いております。

平井 ログ積

ログハウスというのは以前にもお話しましたが、ログ材を横積み

にして建てる建物です。

ホンカ・ログホームでいうと11.2cm以上の厚さを持つ天然のロ

グ材を使って建てます。

その天然のログ材には、セルロースと呼ばれる空気をたくさん

含む細胞がつまっています。この「空気の細胞」のおかげで、

ログ材は優れた断熱性を発揮します。

ホンカに住んでいらっしゃるオーナー調査でほとんどの方が、

「ログホームは、冬暖かく、夏涼しい」と答えるのはそのため

です。

木が持つもう一つの性能である調湿性能と、この断熱性能を

合わせ持つログハウスは、まさに「天然のエアコン」と

言えます。

S様邸 内観

ちなみにフライパンの柄に木を使うということ、お味噌汁などの

お椀が木であるのは、木という素材の熱伝導率が極めて小さいか

らなのです。

この様な観点からも家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。

平井

ホンカ平井4

只今、 『 家づくり相談会実施中! 』

下記連絡先にて予約受付中です。

◇◇◇…◇◇◇…◇◇…◇◇◇…◇◇…◇◇◇…◇◇…◇◇◇

【 家づくり相談会 】

・開催場所 青山ショ-ルーム等

・開   催   日 2014年4月29日(火)~   5月31日(土)

・開催時間      10:00 ~ 17:00

・メールアドレス hirai@honka.co.jp

・平井携帯電話番号 090-3132-1169(イイログ)

平日はまだまだ空きがございます。

お気軽にお問い合わせください。

◇◇◇…◇◇◇…◇◇…◇◇◇…◇◇…◇◇◇…◇◇…◇◇◇

青山ショールームの詳細は下記ページをご覧ください。

http://honka.jp/aoyama/

 

「『 ログハウスについて。』」への2件のフィードバック

  1. 平井さんご無沙汰しております。富士宮のsanoです。
    家つくりの際にはお世話になりありがとうございました。ブログ始めれたのですね!これからも、いちホンカファン、平井さんファンとして購読楽しみにしてます☆
    今、まさに我が家は天然のエアコンを感じています!本当に涼しいですし、あのホンカの大きな窓を開けると、気の香りにのって風がふわっと通ります。たまらなく気持ちの良い瞬間です!
    夏は特に、木が湿気をコントロールしてくれているのを感じます。
    ログホームはそこがとっても良い所です!
    おかげさまでログを日々満喫しております!

    1. sano様、こんにちは。
      快適なログライフをお過ごし頂いているようで、とても嬉しいです!
      いよいよ突入しました梅雨。湿気の多いこの時期は特に木の香りがして清潔感あふれる快適空間を感じれることと思います。
      今年春からブログを始め、皆様にホンカの素晴らしさ、ログハウスの素晴らしさをお伝えしております。
      日本の1棟でも多くログハウスが建つことを願い頑張っております!
      sano様、近くに行った際は遊びに寄らせて頂きますね。
      平井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>