ホンカ・ジャパンダイレクト のすべての投稿

『 ホンカ・ログハウス 海外施工例 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (1)

日頃私が海外の施工例を見て、インテリアの参考にしているのですが、最近とてもすてきだと思った施工例をご紹介したいと思います。

 

このホンカ・ログホームは、本国フィンランドのスポーツ選手【 Kaisa Mäkäräinenさん】のご自宅です。

Kaisa Mäkäräinen (2)

ワールドカップで2度の優勝経験がある方なんだそうです!
すごいですよね!

 

さて、私が最初に目に留まったのがこの平屋の室内空間です。

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (2)

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (3)

片流れの屋根で造られるこの天井の勾配、そして高さがあるログ壁。

白い壁にナチュラルカラーの建具。そこに合わせる家具たちのカラーバランス。すごく勉強になります。

この写真を見た時、カーテンが天井からさがっているところもやってみたいという衝動に駆られるのです!

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (4)

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (5)

海外では比較的多いのが、キッチンの床部分にタイルを貼ります。

そこにマットなブラックカラーのキッチンを置き、ログ壁の中で落ち着いた空間になっていますよね。

「 あぁ~!こういう写真を見るともっともっと断捨離したい! 」

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (6)

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (7)

そして、各部屋ごとに壁面に変化を持たせていて、おしゃれですよね。

しかも上の写真の部屋は、私が将来子供たちが巣立った後に、してみたいと思っていたお部屋のコーデイネートなんです。

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (8)

トレーニングルームもおしゃれにすれば、楽しくできるかも!

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (9)

そして、やっぱりサウナですよね!

サウナ室にもホワイトカラーを取り入れ、モダンな感じに仕上げています。

私は、塗装をしたサウナ室を見るには初めてですが、皆さんは見たことありますか?

「 ん~、それにしても早く我が家にもサウナがほしいです!」

 

こうした写真を色々とみていると、HONKAに住んでいてもまだまだ夢が膨らみ、楽しくてしょうがありません。

今後も見学会などで皆さんにお会いして、こうしたお話を一緒に楽しみたいですね。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカの歴史⑪ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKAログハウス

今日のホンカの歴史は、1964年の終わりごろからのことについてお話したいと思います。

 

1964年の終わりにネストルとエイノも会社に加わりました。

ホンカ ログハウス 歴史

同時に社名変更を行い、ホンカトゥオテ・ヴェリエクセット・サーレライネン社としました。

1965年には営業所を首都ヘルシンキのカイサニエミ通りに構えました。

さらにマーケティングをより効果的にということで1966年にはヤルヴェンバーにありますエイノ・サーレライネンの居住横に最初のモデルハウスを建てました。

ホンカ フィンランドツアー① (1)

ここは現在の本社であり展示場にもなっている場所です。

これらは実を結び売り上げが伸び始めましたが、同時に新しい課題が待ち受けていました。

当時リクエサにあった工場で成し得る生産量では、需要に応えられなくなってきていたのでした。

生産量を上げるにはそのための投資が必要になり、金策を考えなければなりませんでした。

ログハウス工場の経済的な困難を乗りくるために、会社は株式会社の形をとることにしました。

社名はホンカトゥオテ(株式会社)となり自分たち以外の株主が現れたことで、投資に必要とされていた額を調達することができました。

しかし、これによって創設者である兄弟たちは筆頭株主の座を手放し、同時に自分たちの会社でありながら決定権を失うことになってしまったのでした。

次回は、当時のログハウスに必要な建築材の確保についてお話ししたいと思います。

ホンカの歴史5

【 サーレライネン兄弟の丸ログ機を使ったログハウス。ホッカネン家のこのログハウスは1968年リクエサに建てられました。 】

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウス 住宅購入でもらえるお金! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK ログハウス2

国や自治体には、さまざまな種類の助成金・給付金制度があります。

今日は、その中で住宅購入でもらえる住宅ローン控除についてご紹介します。

この住宅ローン控除というのは、最大400万円の控除が受けられます。

住宅ローンを借りて家を取得すると、年末ローンの残高の1%が10年間にわたり所得税から控除されるのです。

しかも、所得税で控除しきれない分は、住民税から一部控除されるので、うれしいですよね。

我が家もそうですが、夫婦が連名でローンを借りる連帯債務や夫婦がそれぞれの名義で住宅ローンを借りるペアローンなら、夫婦ともに控除を受けられるのです。

【 住宅ローン控除の制度概要 】※一般住宅の場合

●  控除対象借入額の上限   4000万円

● 控除率、控除期間     1%、10年間

● 住民税からの控除上限額  13万6500円/年

● 最大控除額(10年間合計) 400万円(40万円×10年)

HONKA UK 施工例

今年も残りわずかです。年末は、ただ忙しいだけではなく、こうした制度を利用し、お得感を味わうのもいいのではないでしょうか。

この制度は、会社員の方であれば生命保険控除等同様に、会社に必要書類を提出し、毎年(10年間)手続きしてもらいます。

詳細を知りたい方は、私も毎年行っているのでわかり易くお答えしまので、お気軽にお問合せください。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランド独立100周年記念ポップアップ FIN / 100イベント! 』 

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK ログハウス!

一昨日、私はフィンランド企業であるHONKAの一スタッフとして、アルテックJAPAN主催の「 フィンランド独立100周年記念ポップアップ FIN / 100イベント 」に、ホンカ・ダイレクト八ヶ岳の金澤さんと他スタッフと参加してきました。

参加といいましても、ただプレオープンパーティーに参加しただけではなく、朝から会場室内にホンカのミニログ「イイッカ ~ IIKKA ~ 」を建てるお手伝いをしてきたのです。

場所は東京ミッドタウン内の、港区立檜町公園に続く緑地「ミッドタウン・ガーデン」。

fin100 フィンランド独立記念日

朝から冬晴れの気持ちのいい日でしたので、外にいても寒さを感じることもなく、室内は窓ガラスから暖かい日差しが差し込み、作業をしていると汗が出て、暑いくらいの日でした。

今回イイッカの建て方を担当してくれたのは、主に八ヶ岳周辺のホンカを建築している近藤さんたちです。

早朝7時に到着し、早々に材料を搬入。私が着いた頃にはもう土台を設置し終わるところでした。

フィンランド ホンカ

フィンランド独立 FIN100 ホンカ HONKA (7)

変則な形をした室内でも、慣れた手つきでせっせとログを積んでいきます。

フィンランド独立 ホンカ

フィンランド独立 FIN100 ホンカ HONKA (8)

私も何かお手伝いはできないかと、周りをウロウロ。

そのうちある程度段数が積みあがってきたところで、ボランティアの女の子や金澤さんたちとログ積みに参加しました。

フィンランド ホンカ (2)

初めて見るログハウス、そして初めて触るログ材に女の子たちもとても楽しそうに積んでいきます。

私も早速脚立に乗り、ゴムのカケヤでログ積みのお手伝い。

HONKA フィンランド

フィンランド ホンカ

ログ積み ログキャビン

夢中になって行った作業ですが、とても楽しく参加させていただきました。「 普段体験できないことなので、とても楽しかったぁ~!近藤さん、他スタッフの皆さんありがとうございます!」

ホンカ ログハウス

こうして第一段階まで仕上げて、本日はこれにて終了!

このあと、「 Press Preview 」が開かれ、

フィンランド大使

Artek  フィンランド

Jukka Siukosaari(ユッカ・シウコサーリ)駐日フィンランド大使やArtek. Marianne Goebl CEOのご挨拶などがありました。

そして、このあと直接その方たちからお声をかけていただき、「 ホンカ・ログキャビンの良さを感じました。」とおっしゃっていただいたことがとてもうれしかったです。

このイベントは今年のクリスマス12月25日(月)まで開催しています!初日も大勢の方がいらっしゃり、大盛況でした。

ぜひ、フィンランドが好きな方、雑貨が好きな方、そしてホンカのログハウスに興味がある方、ぜひ遊びに行ってみてください。

私も機会があれば家族ともう一度訪れてみたいと思っています。

小俣 ホンカ 小俣

ホンカ イイッカ

 FIN/100 期間 : 2017年 12月6日(フィンランド独立記念日) – 12月25日(クリスマス)

場所 : 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3

住所 : 東京都港区赤坂9−7−6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内

時間 : 10:00 – 19:00 (会期中無休)

主催 : アルテック(Vitra株式会社) 参加ブランド : イッタラ/アラビア、ヨハンナ・グリクセン…、カウニステ フィンランド、ルミ、 ラプアン カンクリ、フローラ オブ フィンランド

協力 : フィンランドセンター、LOKAL、COMPANY、ホンカ・ジャパン、GOODIO

後援 : フィンランド大使館 クリエイティブディレクション : 林貴則[Polar Inc.]/ 熊野亘
特設サイト www.fin100.jp

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識⑳ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK ログハウス1!

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

 

突然ですが、皆さんコンクリートは何で出来ているのか?と考えたことはありますか?

現在では、ビルだけでなく一般の住宅にもコンクリートが使われています。

「 コンクリートとセメントはどう違うの?」と考え込む人もいらっしゃると思います。

一般の人の頭の中では、この両者は混合されているようです。

セメントは工事現場で見かける大きな袋に入っている粉。その正体は、石炭石や粘土などを焼いたものを砕いて作ったものです。

ホンカ コンクリート

このセメントに水、砂を混ぜると、モルタルというものが出来ます。

このモルタルに、さらに砂利を加えたものが、コンクリートなのです。

また、コンクリートの性能をよくしたり、材料同士を混ざり易くする混和材と呼ばれるものを少量加える場合もあります。

つまり、セメントはコンクリートの材料のひとつなのです。

セメントと水を合わせると科学反応を起こし、両者は固まります。これを水和反応といい、このセメントの性質を利用して、材料を練り、混ぜて、型の中に流し込み、固まらせてコンクリートを作るのです。

コンクリートは、引っ張りには弱いのですが、圧縮には強い材料です。

ホンカ コンクリート1

例えば、低品位のコンクリートでも、1c㎡mでだいたい100㎏の重さに耐えられます。

このコンクリートの固まりの上に人間が一人乗ってもつぶれないそうで、5㎠になると、自動車1台くらいではつぶれないほどの強さを備えているそうです。

ただし、引っ張りに耐える力は、この圧縮に耐える力の約10分のいくらいしかないそうです。

ログハウスの建築には、基礎に使われている部分でコンクリートを見ることが出来ます。

圧縮に強いということで、コンクリートが基礎に使われるということに改めて納得です。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウスのサウナプラン 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (18)

このシリーズでは、私がずっと建てたいと思っているサウナ棟プランをご紹介しています。

5回目の今日は、Löytöretki 10Aというプランのご紹介です。

サウナ フィンランド

このプランも屋根が片流れのタイプ。そして、軒裏表しという屋根の垂木を見せる仕様です。

デザイン的に垂木の先を細くしているのがホンカらしいですよね。

サウナ 平面図

奥行き4.1m、長さ8.5mのこのプラン。

総床面積(フィンランド語:kerrosala)23.5㎡、ふたつのポーチの面積は、合わせて31.5㎡あります。

それぞれ屋根付きなので、季節ごとに色々楽しめますよね。

私が最もいいなと思ったのは、テラスにもログ壁を伸ばした部分を設け、風よけにもなるし、壁面があることで有効スペースにもなるなというところです。

我が家の土地にどう配置しようか?なんて考えるのも楽しいです!

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランドのログハウス研修記-2017 ~その⑤~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ ログハウス工場 (8)

「フィンランドツアー2017」フィンランド研修記の5回目は、ホンカのカルストゥラ工場をご紹介します。

ホンカ ログハウス工場 (1)

カルストゥラ工場は、フィンランドのほぼ中央に位置し、広さはなんと約40ヘクタール。世界中のホンカはここで作られています。

ホンカ ログハウス工場 (2)

木材は原木から加工され、工場のラインで順番にログへと加工して行きます。

ホンカ ログハウス工場 (10)

工場内はとてもきれいで、徹底した品質管理が行われています。

ホンカ ログハウス工場 (6)

ラインに乗った木材は熟練したスタッフが一つ一つ管理します。

ホンカ ログハウス工場(12)

また、コンピューターで木材の節を細かく管理。死節など節が飛んでしまっているような木材を自動検出しています。

ホンカ ログハウス工場 (4)

製品の品質管理の部分では、フィンガージョイント(木材と木材をつなげる接着部分)の強度について、日々曲げ強度を測定し品質確認を行っています。

ホンカ ログハウス工場 (5)

その他、ログ材の品質確認も日々行われていて、ライン上でランダムにカットされたログ材を水圧機にかけ、ラミネート(接着)部分の精度を確認しています。

ホンカ ログハウス工場 (7)

完成したログ材は、1本1本人の手で丁寧にまとめられます。

ホンカ ログハウス工場(11)

ログ材は、ホンカのロゴが入った梱包材で、納品まできれいな状態でお届け出来るよう丁寧に梱包されます(^^)

ホンカ ログハウス工場 (3)

ログ材のほか、建具(窓、ドア)や床材、天井材などの仕上げ材など1棟分のすべての材料が整ったら出荷されます。今では世界50か国以上に出荷されています。日本へは船でコンテナ配送されています。

ホンカ ログハウス工場 (9)

因みにもう一つご紹介。工場内にはパワープラントを設け、工場内で出た木材のゴミを利用し発電しています。発電した電気は工場で自給するだけでなく、町の学校や病院などの公共施設や周辺の一部の住宅にも供給されています。

ホンカ・ログホームは、みなさまから注文を頂き、世界最新のログ工場でつくられ、品質徹底管理のもと、みなさまのもとへ直接お届けしています。

ログ材の作る工場工程など興味のある方は写真をご覧頂きながらご説明させて頂きますので遠慮なくご連絡ください。

フィンランド研修記、次回をお楽しみに。

平井

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン                 ホームコーディネーター  平井邦明            E-mail hirai@honka.co.jp                  直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F    TEL 03-5778-4169            HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

 

 

 

 

『 ホンカの歴史⑩ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

UK 施工例16

今日のホンカの歴史は、工場製造を始めたころについてお話したいと思います。

 

1963年、自社として最初のハウスモデルを発表しました。これは全てを工場で製造し、一つのキットとしてまとめて販売するもので、オプションパーツがつけられるようになっていました。

経営が上向きになったことで、丸ログ材を生産する機械の開発に力を注げるようになりました。

製材業界は世界的に見ても、またフィンランド国内のログハウス市場を見ても、競争がなりつつあります。ここで太刀打ちするためには新製品が必要だというのが、サーレライネン兄弟の出した結論でした。それが丸ログ材でした。

かつてホンカが手掛けた丸ログ材の最初のログハウスは、その地域で最高の大工の手によって作られました。

丸ログ材は彼が手で削って用意したものでしたが、最高の大工をしても家1棟分のログ材を整えるのに、33日を要しました。

機械ならば2mのログ材を用意するのに1分、5mの原木をログ材にするには3分あればいいのです。そして家1件分のログ材が午後には揃えられるのです。

 

いよいよホンカの機械加工が本格的に始まりました。ここからどのように展開していくのか楽しみにしていてください。 小俣

 

ホンカの歴史3 

【 ホンカはヘルシンキで催された1965年の国際フェアに参加しました。ゲストとして招かれたウルホ・ケッコネン大統領が、ペンッティ・タパニネンとヴィルヨ・サーレライネンの案内でホンカについての説明を受けているところ。 】

ホンカの歴史2 

 【  リクエサの丸ログ製造の様子。世界初の丸ログ製造機はまだまだ相当の労力を要する者でした。表面を磨くためには、機械を手にとって動かさなければならず、また木に取り付ける装置の取り外しもすべて自分たちの手でしなくてはなりませんでした。】

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウスのサウナプラン 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

洗面台26

このシリーズでは、私がずっと建てたいと思っているサウナ棟プランが、フィンランドのカタログにいくつか載っていたので、それらを数回に分けてご紹介しています。

4回目の今日は、ANKKURI  20  1A と30   1Aというプランのご紹介です。

ANKKURI サウナ プラン

20 1Aのプランは、長さ5.3m、奥行き3.6mのコンパクトなプラン。 床面積は20㎡で、屋根付きテラスは19㎡の広さがあります。

30 1Aのプランは、長さ7.55m、奥行き3.9m、屋根付きテラスは31㎡。

20A 1Aは、サウナ室2つと休憩室、そしてWCがあり、30 1Aはそれに16㎡のリビングをプラス、コテージ(フィンランド語:TUPA)として利用できます。

私がこのプランを建てるとしたら、この画像のようにテラスをガラス窓で囲み、夏は開放的に開けて、冬は第2のテラスとして利用し、ソファーで外の雪景色を見ながらくつろぐスペースにしたいですね。

フィンランドのサウナシリーズはまだまだ続きます。

次回をお楽しみに!

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 東京ビックサイトで新しい商品を見てきました! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (22)

今日は、毎回楽しみにしている展示会に行ってきましたので、そこで得た情報をお伝えします。

東京ビッグサイト フィンランド 見本市

気持ちのいい秋空が広がった昨日、東京ビックサイトで行われている“ IFFT interiorlifestyle living ”に行ってきました。

このIfft/インテリアライフスタイルリビングは、東京から世界へ向けて「ライフスタイルを提案する」インテリア・デザイン市場のための国際見本市です。

東京ビッグサイト 見本市

毎回新しい発見があるこの見本市は、国内外の有名な家具メーカーやファブリック、照明器具、小物や雑貨など、多種多様な商品やメーカーが出店しています。

私がこの見本市に行く理由の一つは、国内メーカーはもちろん海外メーカーのブースが所狭しと出店し、まだ日本では販売していない海外メーカーや日本のメーカーも商品化していない試作品など、新しいものをこの目で確認することができるからなのです。

今回、最初に目についたのが、【 Kippis 】とフィンランド語で書かれた看板があった、コーヒーや缶詰、そしてかわいい北欧柄で彩られた雑貨があるブースでした。

フィンランド 見本市 KIPPIS

この【 Kippis 】というのは、フィンランド語で「 乾杯 」という意味で、スタッフの方にこの言葉を使った理由を尋ねると、祝杯をあげる瞬間の最高な気分をイメージして、毎日の生活を元気にしてくれるデザインを展開してるとのことでした。

「 なるほど、共感!! 」です。

この会社は、「 パウダーフーズフォレスト株式会社 」といい、なんと愛知県名古屋市の名東区にあるということなので、今度名古屋に行ったときに、遊びに行くことにしました。

 

また、国別に分かれた中にフィンランドのブースがあり、その中でまだ日本で販売されていない子供用ベッドやファブリックが展示されていて、そこにその会社「 LUMOKIDS 」のCEOの方がいらっしゃり、名刺交換をした際に「 もちろん、HONKAは知っていますよ! 」と、うれしいお言葉をいただきれました。

フィンランド LUMOKIDS

この会社は、今日本で販売先を検討していらっしゃるのことですので、近い将来日本のどこかで目にすることができると思いますよ。

ちなみに、この会社はフィンランドのヘルシンキにあり、また行く機会があれば行ってみたいと思っています。

そして、私がほしいほしいと思っているお弁当箱を発見!

東京ビックサイト 見本市 ホンカ フィンランド (8)

これは大家族またはパーティー用に開発し、まだ試作品だそうですが、小さいくり抜き弁当箱と同じ要領で、木を貼り合わせて作るのではなく、一枚の木を彫って加工して仕上げる工法だそうです。

木のおひつ同様、ご飯もお料理もより一層おいしくなりそうですね。

古材 フローリング ログハウス

そして最後に、広島県にある池上産業さんという木材および木材工業製品の開発・輸入・販売をしている会社の池原さんがいらっしゃるブースを尋ねました。

Pioneer Millworks製品という古材を展示していました。

主に、お店や公共の建物に使われることが多いそうですが、個人の住宅でも壁や床の一部に使わる方が年々増えてきているそうです。

私も提案したい商品の一つです。

今日一日だけでもまたたくさんの新しい商品を知ることができましたが、これからも皆さんに、随時新たな情報としてお伝えすることができるよう、こうした展示会に脚を運びたいと思います!

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************