ホンカ・ジャパンダイレクト のすべての投稿

『 現場見学でよく質問されるヶ所。 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2019.1.5

只今、各地でホンカのログハウスを建築させていただいており、ご予約をいただくと私も各現場へ皆さんをご案内しております。

その際に、皆さんが不思議に思われる部分があります。

それは・・・。

ログハウス建て方工事8

上の写真は、外部建具を設置する開口部を写したものですが、その開口の上下のログ材に切れ込み(赤丸印内)があります。

ログハウス建て方工事4

その切れ込みを見て「 これは何?  何のためにあるの?」とおっしゃる方が多いのです。

この切れ込みはフィンランドの工場で入れてくるのですが、何の為かとというと、実はこのラインまでが建具が入る開口部なのです。

ここもフィンランドの工場でカットしてくればいいのに?と思われますが、そうするとログ材が細くなり、運搬中やログ材を動かすときに折れやすくなってしまいます。それを防ぐために真物(まもの)のまま、切込みラインだけ入れてくるのです。

ログハウス建て方工事5

このラインを覗いてみると向こう側が見えているのがわかります。

ログハウス建て方工事6

現場で見ていると何ヶ所かこうした部分があるので、今度現場見学の時に探して見るのも面白いですよ!

小俣 ホンカ 小俣

□◆□◇ 建て方工事見学実施中! □◆□◇

日時  : ご希望の日時にあわせてご案内中!

場所 : 埼玉県飯能市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。 皆さまからのご予約、お待ちしています!

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ログ材に書かれている文字! in埼玉県飯能市  』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2018.10.16

【 M様邸完成イメージパース  】

ホンカ M様邸

今日は、埼玉県飯能市のM様邸ログ積み見学会のご案内で訪れた時の様子をお伝えします。

ログハウス建て方工事

上の写真はログ壁の妻側と桁側の最上段で、白いテープは電気配線を通す穴やボルトを入れ込む穴をビニールテープでふさぎ、この段階で雨水が侵入しないように養生をしているところです。

この後、妻壁を設置する際はこのテープは剥がします。

ログノッチ部分

さて、上の写真のログ材の小口に書かれている3700という数字は何を意味しているかお分かりになりますか?

ログハウス  ボルト

答えは、ログ材に入れ込むボルトの長さです。つまり3700と書いてあるのは、3700mmの長さのボルトをこの穴に入れるということです。つまり、ログ壁を積んだ上段から下段までをこのボルトを通すのです。

ログハウス  ボルト2

そして、作業をする前に各ボルトのロングナット部(ボルトの延長用のナット)等に明記し、同じ長さでまとめておくことで作業効率を良くしています。

現場見学の際は、こうしたところを見ておくことも重要ですよ。

ログハウス ボルト3

上の写真はログ材を2段積んだところの400mmの長さのボルトを穴に通し、座金を入れ釘で固定させてある状態です。

ログハウス建て方工事1

横から見るとこの状態です。上端にボルトが見え下端は座金とナットで締めてあるのです。

このように現場に行くと様々な細かい部分に目が行くので、何度訪れても楽しい場所ですよ!

次回も現場の様子をお伝えしたいと思います。お楽しみに!

小俣 ホンカ 小俣

□◆□◇ 建て方工事見学実施中! □◆□◇

日時  : ご希望にあわせてご案内中!

場所 : 埼玉県飯能市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。 皆さまからのご予約、お待ちしています!

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 S様邸(トゥンネ+)が完成致しました! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ S様邸 (1)

今日は完成お引き渡しを迎えましたS様邸(千葉県館山市)
をご紹介します。

S様邸のプランは人気の『トゥンネ+』変更プランです。

ホンカ S様邸 (6)

スタンダードでは壁付けキッチンですが、S様邸では対面キッチンに変更しました。リビング側からキッチン周りが見えないようカウンターを造作しました。

千葉県館山市 トゥンネ ログハウス ホンカ (1)

こうすることで水撥ねも防げます(^^)

ホンカ S様邸 (2)

広いロフトは、大勢集まった時に利用できる第2のリビングに。富士山を望めるよう天窓を低めに設置しました。

ホンカ S様邸 (4)

1階の寝室には大きな掃き出し窓を設置し明るい室内に。将来は縁側を増設する予定だそうです(^^♪

ホンカ S様邸 (5)

奥行きを1500mmまで広げ、ワイドもいっぱいまで広げたバルコニー。テーブルセットを置いて寛げる空間にしました。

ホンカ S様邸 (3)

もちろん吹き抜けも大きく開放的に。部屋の大きさに合わせフランス製の薪ストーブを設置。コンパクトにスッキリと収まっていますね(^^)v

お引き渡しの時に付けているホンカ・エンブレムは、後日S様により門柱に設置予定です。外構が出来ると建物が更に引き立ちます!こちらも楽しみです!!

「 S様、竣工おめでとうございます。
これからログライフを想いっきり満喫してください。
改めまして、これからも宜しくお願い申し上げます。」平井

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
平井 邦明

E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ログ積み工事と呼び配線工事! in埼玉県飯能市  』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2019.3.2-1

飯能市 ログ積み工事 (2)

今日は、先日訪れましたログ積み工事中のM様邸の様子をお伝えします。

皆さん、このログ積み工事をしている中で、大工さんではない職人さんがいらっしゃるのをご存知ですか?

それは電気工事の職人さんです。

飯能市 配線工事2【 上の写真の真ん中でログ材を抱えている黄色いヘルメットの方が電気屋さん です。】

しかもKIGUMIさんのほとんどの現場に入っている岡田電気さんは、まるで大工さんのようにログ材を抱えて運んだり、カケヤでダボ打ちをしたりしながら、電気の配線を穴に通しているのです。

飯能市 配線工事

電気屋さんも、ログ材がクレーンで運ばれる場所に大工さんと一緒に待機し、ログ材を重ねる時に下穴から出ている呼び配線を上に重ねるログ材の穴へ通すのです。

飯能市 配線工事1

ログ壁をよく見ると、針金のようなものが巻き付けられたものが下段にあります。これは呼び配線をまとめてあるもので、ログ材が積まれれば積まれるほど、この針金の巻きが少なくなるのです。

そして、ログ積みが終了した時点で、この針金を電気配線と入れ替えるのです。この針金を使用する理由は、万が一電気配線をログ材とログ材で挟んでしまい、切ってしまうなどの事故を防ぐためだそうですよ。このやり方は、各業者によって違うそうです。

次回は、ログ材に書かれているある文字についてお話ししたいと思います!

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ログ積み工事の見学案内に行ってきました! in埼玉県飯能市  』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2019.2.28

昨日、久しぶりに現場に行き、ログ積み工事見学の案内に行ってきました!

飯能市 ログ積み工事 (6)

午前10時頃に現場に到着。

飯能市 ログ積み工事 (1)

KIGUMIの職人さん達の掛け声やカケヤの音が聞こえる中、段々にログ材が積みあがっていっています。

飯能市 ログ積み工事 (8)

さすがKIGUMIの職人さん達は手際が良く、もうこの時点では妻壁側6段目に突入していました。

飯能市 ログ積み工事 (7)

私は早速ログ材の並んでいる場所に行き、皆さんにお見せしたいログ材の写真を撮りました。

飯能市 ログ積み工事 (3)

その写真の一枚がこれです。このログ材に入っている切れ込みは何故あるのかご存知ですか?

この切れ込みは、屋根の傾斜に合わせた角度になっています。

M様邸 壁図 ログハウス【 フィンランドから送られてきた加工図面 】

つまりこの切れ込みが入っているログ材は一番上の部分で、フィンランドの工場で切れ込みを入れ、現場でカットします。

「 最初からフィンランドで鋭角にカットしてくればいいのに?」とよく言われますが、そうすると先端が破損する恐れがあるため、現場でカットをするのです。

こうした細かい部分もきちんと考えられているのです。

飯能市 ログ積み工事 (4)

さて、辺りを見渡すとご見学にいらした方々が職人さん達の動きをジーッと見つめ、ログ壁が段々と立ち上がっていく様を見ていました。私も1日見ていても飽きないんですよね。

そんな中でも時折、質疑応答を交えながらログハウスの構造の面白さに興味を抱いて頂き、ログハウスの魅力を知ってもらいました。

飯能市 ログ積み工事 (5)

休憩時間にはお施主様のM様とKIGUMIの矢嶋さんが配線などの打ち合わせをしていたりと、現場はいつも活気があって楽しいです。

この後も引き続き、ログ積み工事を行います。

M様邸は2階部分にもログ材を積むため、予定の5日(火)までこの工事が行われます。

明日明後日の見学も予約受付中!お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

小俣 ホンカ 小俣

□◆□◇ ログ積み見学のお知らせ □◆□◇

日時  : 3月1日(金)~  5日(火) 9時 ~ 16時

場所 : 埼玉県飯能市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。 皆さまからのご予約、お待ちしています!

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ホンカの歴史㉛ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2.27

今日のホンカの歴史は、前回の続きで1970年代のお話しです。

1970年、ヴィルヨ・サーレライネンは自らが株主となるノルディック・ハウス社の営業所をトゥルクに設けました。

ここは輸出を目的に設立された会社でした。

マッティ・イコネンがその輸出を担当することになり、1974年には、本社への統合に伴ってトゥルクからトゥースラへ移りました。この時にイルメリ・シュメリザーが入社しましたが、彼女は2007年の定年まで、輸出畑一本でホンカの輸出を担当し続けました。

ホンカは目覚しい海外取引をスタートさせたかようですが、1970年代は輸出にはまだまだ消極的でした。簡単に言えば、お客さんが来てくれるなら売るというやり方でした。自分たちから海外へ向けてアピールすることもあるにはありましたが、微々たるものでした。

1970年にオーストリアがホンカの輸出先として意識されるようになります。

ホンカの歴史【 オーストリアにあるホンカが建てたELKのモデルハウス. 】

ヨハン・ヴァイシェルバウムの家を販売していた家族経営のイヴォ・インターナショナル社が、フィンランドのログハウス輸入を始めたのでした。こことの連携が終了してからも、ホンカはオーストリアに通うなど自ら積極的に代理店に会い、継続的にホンカの輸出が出来るようにしました。

ホンカの歴史1【 ホンカがドイツに近いオーストリアの街アムステルダムにオープンさせたデザインセンター。2003年オープニングにて、クリスチャン・ウィンクルハンマー(左)、マウリ・サーレライネン(中)、カリ・サーレライネン(右)。 】

オーストリアでの市場拡大が大きく成長したのは2001年から2004年にかけてのことでした。アルヴォ・サーレライネンの息子カリ・サーレライネンが家族と共にオーストリアに移り、オーストリアとスイスのセールスマネージャーに就任しました。彼の業績は大きく、これによって代理店数もモデルハウスのネットワークも格段に増えたのでした。

次回のこのシリーズも1970年代についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

□◆□◇ ログ積み見学のお知らせ □◆□◇

日時  : 3月1日(金)~  5日(火) 9時 ~ 16時

場所 : 埼玉県飯能市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。 皆さまからのご予約、お待ちしています!

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 3月1日からログ積み見学が始まります! in埼玉県飯能市  』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2019.2.22jpg

今日は、埼玉県飯能市 M様邸のログ積み工事見学の日程が決まりましたので、そのお知らせです。

 

ホンカ M様邸【 完成イメージパース ~ タルモ変更プラン ~  32坪・3LDK 】

ホンカ埼玉東のKIGUMIさんが施工を担当しています埼玉県飯能市のM様邸.

先日横浜港に無事入港したホンカのログキット達を現地に搬入される日が決定しました。

3月1に現地に搬入するのですが、その前に事前準備が行われています。

【 過去の現場のデバン作業の様子 】ホンカ ログハウス デバン (2)

本日KIGUMIさんが横浜港でデバン作業を行なっていて、27日には先行足場と言って、先に足場を組んでいきます。

そして、搬入前日(28日)には、基礎天端に墨だしをして、基礎パッキンを敷き、土台水切り板金を施し、ログキット達の到着を待ちます。

ホンカ ログ積み (2)

初日の1日には2~3段くらいログ積みを行う予定とのことですので、2日(土)3日(日)にはログ積みのダイナミックな作業が見られるのと、ログハウスの命といってもいいノッチ部分の形状を確認することができるちょうどいいタイミングです。

ホンカ ログ積み (5)

また現場を見る最大のメリットは、その家に携わる職人さん達のその家に対する想いを知ることができ、自身の家を建築するときに安心してお任せできる人達なのか?を確認できることです!

是非この機会に希少なログ積み見学にいらしてください!

下記のような日程を予定しております。
今回もより多くの皆さんに見学して頂こうと、平日と土日の両方見学できます。
皆さんからのご予約お待ちしております!

小俣 ホンカ 小俣

□◆□◇ ログ積み見学のお知らせ □◆□◇

日時  : 3月1日(金)~  5日(火) 9時 ~ 16時

場所 : 埼玉県飯能市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。
皆さまからのご予約、お待ちしています!

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ホンカ・オーナーズVoice! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2019.2.9

今日は、ホンカにお住いのオーナー様の生の声をご紹介しています【 オーナーズVoice 】をご紹介したいと思います。

もうすでに、ご覧になられている方も多いと思いますが、今回ご紹介させていただくのは、ホームコーディネーターである平井が担当しました茨城県つくば市の赤桐様邸です。

赤桐様邸をお引渡しさせて頂いたのは、2014年12月16日。もうすぐクリスマスという時でした。

「 サンタクロースの国、フィンランドのログホームで過ごす最初のクリスマスは、きっといつまでも心に残る日になるね。」と、奥様とお話をしたことや、当時の打ち合わせで様々な調べ物をしたことも、私にとってはとても懐かしい思い出です。

A様邸(茨城県つくば市)

そんな赤桐様邸の現在の様子を「 ホンカ・オーナーズVoice 」のコーナーに掲載しましたので、ぜひ下記URLをクリックしてご覧ください。

ホンカ・ダイレクト「 オーナーズVoice 」

家づくりを検討なさっている方に大変参考になる内容です!

また、赤桐様のように実際にホンカ・ログホームにお住いの方々からは、「 ホンカやログハウスを検討中の方に、我が家をお見せすることは可能だからどんどん連れておいで!」と、うれしいお言葉を頂いております。

ご見学可能なログホームの一例 ⇒ 施工例

随時、オーナー様と皆様との都合に合わせご案内しております。

ぜひ、見学希望の方はお気軽に私達にご連絡ください。

お待ちしております!小俣

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

□◆□◇ ログハウスのプランニング勉強会開催! □◆□◇

〖 開催日 〗 随時受付中!

〖 時 間 〗 ご要望に合わせて設定いたします。
(所要時間2時間程度)

〖 場 所 〗 ご要望に合わせて設定いたします。

*****************************

《 お問合せ・予約先 》

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター  平井 邦明

E-mail:hirai@honka.co.jp

直通電話 090-3132-1169(  平日・休日  )

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 1F

HP: http://www.honka.co.jp/

*****************************

『 ログハウスのプランニング 個別勉強会随時開催中! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ インテリア29

今日は、家づくりの楽しさと予算内で理想の間取りをつくるためのポイントがわかる 「 ログハウスのプランニング勉強会 」開催のお知らせです。

と言いましても、今回は日程も開催場所も設けず、皆さんのご都合に合わせ、随時受付中という形で個別に行います!

ログハウスのプランニング勉強会

モデルハウスや完成見学会などのイベントで、初めてお会いした方が「ホンカの ログハウスは、カタログに載っている間取りからは変えられない。」「 収納が少ない。」「 ログハウスは予算的に無理だとあきらめている。 」とおっしゃる方が多く、これは一緒にプランニングを楽しみながら、ログハウスの魅力を含め、きちんと知っていただこう!と企画しました。

プランニング勉強会

すでに100棟以上のプランニングを手掛けた経験豊富なホームコーディネーター平井が、予算内で理想の間取りをつくるためのポイントをわかり易くお話しします。

ご予約・お問合せのご連絡、いつでもお待ちしております!

□◆□◇ ログハウスのプランニング勉強会開催! □◆□◇

〖 開催日 〗 随時受付中!

〖 時 間 〗 ご要望に合わせて設定いたします。
(所要時間2時間程度)

〖 場 所 〗 ご要望に合わせて設定いたします。

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*****************************

《 お問合せ・予約先 》

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
 平井 邦明

E-mail:hirai@honka.co.jp

直通電話 090-3132-1169(  平日・休日  )

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 1F

HP: http://www.honka.co.jp/

*****************************

『 完成見学会、いよいよ来週末です! in千葉県館山市  』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

【 S様からいただいた写真 】ホンカ ログホーム 完成見学会

いよいよ来週9日(土)・10日(日)に完成見学会を開催します千葉県館山市のS様邸。

千葉県館山市 トゥンネ ログハウス ホンカ (5)

建物はほぼ完成し、現在は外構工事が進められています。

今日は、私達が完成見学会を開催し、皆さんに見学をオススメしている理由の一つをご紹介します。

それは・・・。

ログハウスの新築計画をなさっている方から、実物を見ないとよくわからないといわれるのが照明器具の照度です。

千葉県館山市 トゥンネ ログハウス ホンカ (4)

器具の形状はカタログを見ながら、デザインや金額などから選定は可能ですが、一般住宅に多い白い壁紙の中にある照明の照度と、ログハウスの室内とでは、明るさの感じ方が全く違うので、どのくらいの明るさの物を選んでいいのかわからないのです。

照明器具メーカーのショールームで体感しても、明るさの感じ方が違うので、今回のような完成見学会に行き、自分たちが求めている明るさを確認してもらいます。

千葉県館山市 トゥンネ ログハウス ホンカ (1)

その他、家の向きや窓の大きさ・位置によって室内に入る自然光の明るさも確認できるのでオススメです。

そして、もう一つ。築年数が経過し室内があめ色に変化したお部屋の明るさを確認することも必要です!

それができるのが、山梨県にあります「 ホンカデザインセンター山中湖時住宅展示場 」です。

山中湖ホンカデザインセンター

ホンカ ログハウス ヤルヴィ2

ここに展示してあります4棟のログハウスは、築20年以上経ったログハウスですので、ログハウスの耐久性だけでなく、経年変化で変わった室内の明るさも確認できます。

ぜひ皆さん、こうした見学会やモデルハウスを見比べて、自身の新築計画の参考にしてください。

今回の見学会も続々とご予約・お問い合わせをいただいております。

まだまだ予約受付中!お気軽に連絡ください。

スタッフ一同お待ちしております!

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真 小俣

□◆□◇ 完成見学会開催のお知らせ □◆□◇

日時  : 2月9日(土)・  10日(日) 10時 ~ 16時

場所 : 千葉県館山市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************