ホンカ・ジャパンダイレクト のすべての投稿

 ホンカ ロシア 冬2

『 ホンカ・グローバル・カレンダー2020プレゼント! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今年も残すところ3週間をきりました。日に日に寒さが増していき、寒いのが苦手な私は、ログホームの中で過ごす時間が長くなっています。

さて、この時期の我が家の恒例行事は、暮れの大掃除が大変にならないように、網戸の掃除をしたり、今日はお風呂場、明日はキッチン部など場所を決めて少しずつ掃除をしています。

ホンカ クリスマス

同時に、クリスマスの飾り付けをして当日を迎える準備に大忙しの我が家です。

そして、クリスマスを過ぎるとお正月。私を含め、皆さんが新年を迎える前に必ずする事のひとつがカレンダーの入れ替えですよね。

2020年カレンダー 東京1

そのカレンダーを、今年はホンカ・グローバル・カレンダー2020にしてみてはいかがでしょうか?

先日、ホンカ・ジャパン本社でもカレンダーの応募をしましたが、ホンカ・ダイレクト東京としても、より多くの方にお使いいただきたいと思い、このブログでも応募します!

尚、応募の条件としてホンカ・ダイレクトが担当しております関東圏の現場見学希望の方に限らせて頂きます。

詳細についてのお問い合わせやお申し込みは、下記まで!

なお、数に限りがありますので、先着5名様とさせていただきます。※応募の締め切りは、2019年12月31日まで。 小俣

“☆‘★“☆‘★“☆‘ カレンダープレゼント! “☆‘★“☆‘★“☆‘

・ご希望の見学場所(例:千葉県富津市の現場)
・見学希望日時(例:2020年1月11日 午後)
・お名前
・ご住所
・お電話番号
・Eメールアドレス

おって、上記Eメールアドレスに詳細をご連絡させていただきます。

たくさんの方からのお問い合わせやご応募お待ちしております!

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真 小俣

千葉県富津市の現場の様子 ➡ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HP https://honka.jp/direct-tokyo/

*******************

P6170350

『 ログハウス専門誌「キノハス」が発売されました! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

待ちに待ったログハウス専門誌「キノハス」が12月2日に発売されました!

ホンカ ログハウス キノハス

キノハスは、夢の丸太小屋に暮らすでおなじみの「ログハウスマガジン」の後継誌で、ログハウスの魅力をお伝えするログハウス専門誌です。

ホンカ ログハウス 愛知県 (1)

創刊号は、私が担当させて頂きました愛知県常滑市のY様邸を4ページにわたりご紹介しています。しかも、なんと表紙にも採用されました(^^♪

ホンカ 134mm (1)

Y様邸は、今年6月に完成した物件で、写真右側のMLL134(W134mm×H260mm)の大きいサイズのログで建てられました。

ホンカ ログハウス 愛知県 (6)

ダイニングキッチン全体が吹き抜け天井となり、作業スペースとして広くとった玄関土間と合わせると約31畳(49.87㎡)の大空間となっています。

ホンカ ログハウス 愛知県 (5)

こだわりのオールステンレスキッチンの横には、ドアよりも大きいサイズ(W1200×H2100)の大きな木製窓を設置し、キッチンに明かりを取り入れています。

ホンカ ログハウス 愛知県 (15)

庭にはバスケットのハーフコートを造りました。全面コンクリート敷きで、ゴールはなんとY様の自作。キノハスの取材に合わせ急ピッチで設置頂きました。素晴らしい出来となっていますので是非キノハスでご覧ください。

Y様邸(愛知県常滑市)の施工やキノハス取材風景はこちら。
http://honka-blog.jp/nagoya/?cat=41

すでに書店にて販売されています。ぜひ手に取って夢を叶えたログオーナー様たちの楽しいログライフをご覧ください。

平井

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 平井邦明

E-mail hirai@honka.co.jp

直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

WORLD OF HONKA (24)

『 ホンカの歴史㊳ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日のホンカの歴史は、日本との最初の取引についてお話したいと思います。

日本との最初の取引については、ホンカの歴史を語る上では切り離せないものです。ホンカの飛躍を可能にしてくれたのが商談となります1972年の日本との250棟の取引は幸運なことでありましたが、同時に勇気のいる決断でもありました。以来、日本の市場は常に意識され、また将来的に重要とされる輸出国であり続けています。

ホンカは西武グループと良好な関係を築いていきました。西武グループはホテルチェーンなども経営する多角経営企業です。1970年初頭、まず建築家ヘイッキ・シレンとの共同プロジェクトから関係が始まります。

建築家はヘイッキ・シレンに加え、彼の事業所に勤めていた倉富聡がその後の共同プロジェクトに参加しました。

日本  ホンカの歴史6
【 マウリ・サーレライネンと倉富聡 】

西武との契約は、通常のビジネスとは少し違った意味のあるもので、会社の経営内容の幅を広げるような出来事でした。

1991年に日本の子会社、ホンカ・ジャパン社が東京に設立されました。ここでは代理店のネットワークを作ること、輸入、マーケティング、製品開発に重点をおく方針をとりました。開設にあたって輸出部門を統括していたペッカ・マティライネンが日本に赴き、半年にわたって準備をしました。

日本  ホンカの歴史日本  ホンカの歴史1
【 箱根に完成した西武のログハウスの一部 】

子会社の初代社長に田辺公彰を迎えます。順調なスタートをきり、ホンカにとってはさらに馴染みの深い市場となりました。売れ筋は長年にわたって別荘に集中していましたが、1998年を機に、住宅としての需要が目立つようになっていきました。

日本  ホンカの歴史2
【 ホンカ・ジャパン社長就任当時のマルコ・サーレライネン 】

ホンカの日本子会社はその準備段階からマルコ・サーレライネンが深く関与しています。彼は地域密着型のホンカの販売会社というコンセプトをイメージしながら、日本での子会社運営を考えていました。その為、彼が日本で力を入れたのは代理店のネットワークを構築していくことでした。マルコは、1996年にホンカ・ジャパンの社長に就任し、現在に至っています。

次回のこのシリーズでは、日本の2001年以降の売り上げ高についてお話ししたいと思います。 小俣

只今千葉県富津市で施工中の現場を見学できますので、お気軽にお問い合わせください。

《 お問合せ・予約先 》
平井 E-mail:hirai@honka.co.jp
平井携帯電話:090-3132-1169

千葉県富津市の現場の様子 ➡ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HP https://honka.jp/direct-tokyo/

*******************p;

ホンカ カナダ

『 建築の基礎知識 ㊴ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識の中の三角測量についてお話ししたいと思います。

地面が平らなら、距離と角度を測るだけでいいのですが、坂になっていて高低差がある敷地に建物を建設することもあります。

建物の床は水平になっていて欲しいので、傾斜地でも建物を斜めに建てるわけにはいきません。

その為、図のような水平距離を求める必要があります。

建築の知識_測量

AB間の距離を知りたいとき、A1に巻尺を置き、水平に伸ばします。坂の勾配が急で、一度にBまで測れない場合は、とりあえずCで垂直に下ろし、そこをC1とします。これで、ACの距離がわかります。

C1から同じように、水平に伸ばして、目的地のBまで届いたら垂直に下ろし、CBの距離を測ります。ACとCBの距離を足すと、ABの距離がわかります。これとは逆に、下から上へと登りながら測る方法もあります。

ふつう、住宅やビルを建てるときは、このような方法で測量が行われます。一方、ダムや橋などの大きな土木建造物をつくるときは、山を1つ2つ越えることもあります。そうなると直接巻尺を当てて測ることができないので、間接距離測量を行います。

その中でも、三角測量というのが最も基本的で良く用いられている方法です。

建築の知識_測量1

三角測量は、正弦比例の法則を利用して行います。正弦比例とは、三角形ABCの角A、B、Cの大きさに、辺a、b、cの長さが正弦比例するというものです。この三角形の性質を利用して測量を行うのです。この三角測量を行なう道具としては、望遠鏡やレーザー光線を使った測量器機などがあります。

さらに航空写真や人工衛星の利用など大がかりな技術が用いられることもあり、測量技術は日々進んでいます。

次回のこのシリーズでは、建物の下の地盤についてお話ししたいと思います。

只今千葉県富津市で施工中の現場を見学できますので、お気軽にお問い合わせください。

《 お問合せ・予約先 》
平井 E-mail:hirai@honka.co.jp
平井携帯電話:090-3132-1169

千葉県富津市の現場の様子 ➡ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

ホンカ ログハウス レストラン

『 T様邸は、塗装工事中です! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

今日は、久々、長野県白馬村に建築中のT様邸の様子をお伝えします。

ホンカ ログハウス 白馬村 (1)

秋の紅葉シーズンを迎えた白馬村。T様邸の周りの木々も秋の色合いに染まっています。

ホンカ ログハウス 白馬村 (2)

現在、T様邸は内部の仕上工事と並行し外部の塗装工事を進めています。1階部分は浸透性のグレー色、2階部分は塗膜性のアイボリー色のツートンカラーに塗装しています。

ホンカ ログハウス 白馬村 (3)

内部は1階の間仕切り壁がほぼ仕上がり、これから2階の間仕切り壁や天井、そして床を仕上げて行きます。

11月中旬には完成する予定です(^^♪  平井

『 千葉県富津市 平屋のログハウス建て方工事見学受付中!』

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(いいログ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

HONKA

『 ホンカの歴史㊲ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日のホンカの歴史は、フランスの子会社の売上げについてお話したいと思います。

2003年から2006年の間にフランスの子会社が売り上げたシェア率は8%から12.5%への成長を遂げました。今後も数値を上げていくと予想されていました。

またこの会社は15か国で構成されるニューマーケットのチームに加盟しました。これはまだホンカが重点を置いていない国々でありますが、ここで継続的に行われる売上げの上昇は本社にとっても大きな意味があります。

フランスの子会社の総売上げ高は年々右上がりの成績を残しており、今ではホンカがフランスでも最大のログハウスメーカーになっています。

この子会社が非常にうまく機能しているのは、数字にもよく表れています。フランスではここのところ建築そのものが伸び悩んでいる一方で、フランスのホンカは売上げ記録を更新したりしているのです。

各地の住宅地開発計画への参入には目をみはるものがあります。たとえば2008年に南フランスのピレネー山脈にできた住宅区域にはホンカを20棟建築しました。またシャンパーニュ地方にも同じように12棟を建築することになりました。

ホンカの歴史 フランス世界各国からホンカの人達がやってきたフィンランドでホンカ・サミットを開催。冬のラハティで開催されたこのイベントで勝利を手にしたフランスの「 チーム・フランス 」

次回は、日本との最初の取引についてお話ししたいと思います。

『 千葉県富津市 平屋のログハウス建て方工事見学受付中!』

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

ホンカ UK26

『 建築の基礎知識 ㊳ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識の中の測量の目的についてお話ししたいと思います。

これまでお伝えしてきましたように、建物の大きさや形、建て方には様々な規制があります。そのため、敷地の大きさや方位、敷地に面する道路の幅などを正確に知ったうえで、建物を建てなくてはなりません。

例えば、敷地に面している道路の幅が何mかわからないと、敷地の上の空間をどのくら使えるかわかりませんし、敷地が何㎡なのかわからないと1フロアをどのくらいの面積にして、何階まで建ててよいのか決まりません。なので、敷地の周りのいろいろな箇所を正確に測っておく必要があるのです。

そこで、測量が必要になるのです。

住宅雑学 測量

測量とは器械を使って、2つの点の間の距離や2つの線がつくる角度を測る技術のことです。三脚の望遠鏡を覗いていたり、長い巻尺を使って何かを測っている光景を目にしたことはないでしょうか?あれが測量です。

測量には大きく分けて、直接距離測量と間接距離測量があります。前者は、比較的小さな敷地を測る時の方法で、巻尺を地面に沿って水平に置き、距離を測ります。

ある点とある点の間の距離を測る時は、2人で巻尺をピンとはり、2点に合わせます。そして、もう1人が記録係を務めます。

このように距離を測り、さらに角度を測れば面積が計算できます。巻尺などを使って距離を測り、トランジット、セオドライトという望遠鏡のついた器械で角度を測ります。

敷地の辺の長さと、辺と辺がつくる角度を計算すれば、敷地の面積を正確に求めることができるのです。

次回のこのシリーズでは、三角測量についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

只今、千葉県富津市で約23坪の平屋のログハウスの建て方工事を見学できます!U様邸 ログハウス イメージカラーパース

構造がむき出しになってるこのタイミングで、ホンカの耐震性や耐久性、そしてホンカの施工マニュアルを基に、KIGUMIさんのこれまでの経験から得た施工技術もぜひご覧ください!

ここをクリック ⇒ 《 建て方工事見学受付中! 》

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (7)

『 千葉県富津市 平屋のログハウス建て方工事見学受付中! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、千葉県富津市で建築中のU様邸の建て方工事見学会のお知らせです。

【 U様邸完成イメージパース 】U様邸 ログハウス イメージカラーパース

 ホンカ ログハウス キグミ 千葉県 本物 木の家

ログハウスがなぜ耐震性や耐久性に優れているのか?
むき出しとなった構造部分をご覧いただくことでその理由が一目でわかります! ぜひこの機会にご見学ください。

また、ホンカの施工マニュアルを基にKIGUMIさんのこれまでの経験から得た施工技術もぜひご覧ください。

ホンカの歴史6

マシンカットログハウスを世界で最初に開発したメーカーであるホンカのログハウス。

ホンカは、世界で最も古く歴史あるログメーカーであり、 世界一の販売を誇るログメーカーの品質・技術を実際に見てご確認ください。
ログハウスをお選び頂く上で、必ず安心して頂けると思います。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

日 程: ご希望にあわせてご案内中!
時 間: 9:00 ~ 17:00 (全日程)
場 所: 千葉県富津市
※現地案内図は、ご予約時にお渡しします。
予約先: 平井 hirai@honka.co.jp  
携 帯: 平井 090-3132-1169
※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真  平井 & 小俣

皆さまからのご予約、お待ちしています!
現場の進捗がわかる現場ブログです。
⇒ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

ユーリ ホンカ 建売

『 キャンペーンのお知らせ! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ 134mm (6)

今日は今年の12月まで期間限定で実施しております『MLL134推奨価格キャンペーン』についてお知らせ致します。

ホンカ 134mm (1)

(上写真:右側がMLL134、左側がVLL112)

ホンカ 134mm (2)

(上写真:下側がMLL134、上側がVLL112)

MLL134とは、幅134mm高さ260mmの大きな角ログ材で、一般的に使用されている角ログ材とくらべ高い断熱性と蓄熱性を発揮します。また、4ピースの木材をラミネートすることで反りやねじれなどの変形を最小限に抑えることを実現しました。

ホンカ 134mm (3)

また、ログとログの間に挟むチューブ状のシーリング材は耐久性の高い素材を採用しています。シーリング材は現場で付ける作業を減らすため工場で付けてくることに加え、通常のログ材にくらべログの段数を減らすことが出来るため、ログ積みの日数も短縮することが可能となります。

ホンカ 134mm (5)

なんといっても大きなログは仕上がりがダイナミックで堅牢な迫力をも感じ、大変人気のログ材となっております。

ホンカ 134mm (4)

キャンペーンの目的は、この最新のログ材を多くの方に知って頂くため、多くの方に使用して頂くために実施しており、通常価格よりかなりお安くご提供させて頂いております。

今年12月20日までのキャンペーンとなっております。
これからプランニングされる方もまだ間に合います。
是非このチャンスにご検討ください。

まずはMLL134で建築されたお近くの物件見学にいらしてください。
ご連絡お待ちしております。 平井

キャンペーンチラシ http://uploads.honka.co.jp/pdf/2019/0225.pdf

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(いいログ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

2019.3.29ホンカ海外 

『 ホンカの歴史㊱ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日のホンカの歴史は、フランス向けの輸出についてお話したいと思います。

ホンカのフランス向けの輸出は既に1970年代半ばから始まっていました。はじめはその都度個々に売るという小さな規模の物だったそうです。

80年代にさしかかる時に、フランス人とフィンランド人の夫妻、マルティーヌ・キヴィマキとマルック・キヴィマキが、トゥールーズに営業所を開設しました。1978年のことでした。

この会社は、のちに代理店のネットワークを拡大していく上で、ホンカにとって大きな役割を果たしてくれたんだそうです。

フランスの子会社は1995年、パリに設立されました。これはもともとフィンウッド社とピエール・ヴァシェランによる子会社の基盤の上に実現しました。ここでの業務はフランスの各代理店のサポートにあたることでしたが、当初はネットワークがうまくいかず、フランスの業界の中にホンカの地位を確保するまでには至らずにいたそうです。

建築材として、ログ材はフランスではそれほどの価値が見出されておらず、ログハウスも他の木造建築と同じように見られていました。フランスでは長らく、ピレネーやアルペンといったドイツの影響の強い地域に需要が限られていましたが、少しずつではありましたが他の地域でもログハウスが評価されるようになり、のちに取り扱われるものも休暇用から住宅用になっていったそうです。

フランス ホンカの歴史6
【 建築家ジャン=ミシェル・マルティグノン氏が設計したホテル・ヴァルピエール・ロッジ(2002年)。スイスのバレーにあります。 】

次回は、フランスの子会社の売り上げについてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************