カテゴリー別アーカイブ: フィンランド

『 ホンカの歴史⑨ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

 HONKA森林2

今日は、ホンカの会社の拠点を移した頃のお話したいと思います。

1959年から1960年の冬、サーレライネン兄弟は会社の拠点をハットゥヴァーラからリクエサに移転させ、工場を開設しました。

ホンカの歴史1 

当時の業務内容はまだ製材がメインで、実際に建築したログハウスの数は、1960年で15棟に過ぎませんでした。

のこぎりや斧といった手道具を用いずに建てた最初のログハウスは、1962年に完成しました。

リクエサの工場で製造されましたが、将来の方向性を予感させるかのように、そのログハウスが売られた先はイギリスでした。

同時にこの年に手掛けられたログハウスの数は25棟にまで増加しました。

発明の手腕に優れたサーレライネン兄弟が機械化の開発に踏み込んだのは手作業で行うことの重労働をなんとかするためでした。

つまり自分の仕事のきつさをどれだけ軽減できるか、実はそんな簡単なところに端を発しているのです。

機械化をすすめビジネスも軌道に乗り始めると、次は生産力を上げるための機械の高速化や製品の品質改善などを推し進めていくことになります。

初めの頃は近作にも苦しみました。財力がなければ思いのままに製品開発や技術開発を行うことも難しいのです。

製造上の問題は日常茶飯事、経営自体も非常に難しい状態にありました。

機械によるログ材の生産はそれほど注目された分野ではなく、道具も機械もないといっていい状況でした。

これらを解決するため、工夫を凝らして発明をすることで少しずつ前進していきました。

これがホンカの成長のバックボーンとなっているのです。

ホンカの歴史 

【 1958年にサーレライネン兄弟が角ログで建てたサウナとアッセル・サロ。 】

 

少しずつホンカの歴史を知ることで、ますます施主としても興味が湧いてきます。

それでは今日は、この辺で・・・。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウスのサウナプラン 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

洗面台7 

このシリーズでは、私がずっと建てたいと思っているサウナ棟プランが、フィンランドのカタログにいくつか載っていたので、それらを数回に分けてご紹介しています。

 

3回目の今日は、LUOTO 30 1Aというプランのご紹介です。

HONKA-LUOTO

このプランは、長さ11.6m 奥行き4mの細長いプラン。
床面積は30㎡で、屋根付きテラスは22㎡の広さがあります。

向かって右側の部屋は14.5㎡のコテージ:フィンランド語で(TUPA)です。

ミニキッチンや薪ストーブも入るスペースがあり、別荘ライフとしての設備も整うお部屋です。

またその上には、2.5㎡のロフト:フィンランド語で(PARVI)があり、2台のシングルベットが置けます。

そして低い屋根の方に、3.5㎡のサウナルームと4.5㎡の休息室が設けられています。

私がこのプランを建てたとしたら、きっと休息室をシャワールームに変更すると思います!

 

フィンランドのサウナプランは、見ているだけでワクワクするので、いつまでも眺めていたい気分になりますよ!

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウス 海外施工例 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK 施工例

今日は、海外で生まればかりのホンカ・ログホームをご紹介します。

HONKA UK 施工中

この画像は、イングランドのQuantock Hillsに建築したホリーデーロッジの図面です。

HONKA UK 施工中7

HONKA UK 施工中6

そしてこの画像がその図面を基に建てられたホンカ・ログホームです。

HONKA UK 施工中4

HONKA UK 施工中5

HONKA UK 施工中1

約15坪のコンパクトな間取りですが、2BEDROOM確保され、広いテラスで休日を過ごすのに夢広がるプランです。

室内は、ログ壁以外に異素材を使用するなど、シンプルな仕様がとても参考になる一例です。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウスのサウナプラン 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

サウナ ホンカ5

このシリーズでは、私がずっと建てたいと思っているサウナ棟プランが、フィンランドのカタログにいくつか載っていたので、それらを数回に分けてご紹介しています。

 

2回目の今日は、

RANTAKALLIO 20 2Aというプランのご紹介です。RANTAKALLIO ログハウス

私がこのプランの一番惹かれるところは、外観のデザインです。

今人気の片流れ屋根ですが、勾配の向きが手前のテラス側が低く、反対側が高くなっています。

日本では、南側に光をたくさん取り入れて明るくしたいと思う方が多いので、南側の屋根の方が低いというはとても新鮮に感じます。

テラスに屋根があると、夏の暑い日差しを遮ったり、雨の日にもそこでのんびり過ごすことができるなど使い勝手がよいので、屋根付きテラスを取り入れることが多いです。

ホンカ ログハウス マイヤ

山中湖のホンカ住宅展示場にある「 マイヤ 」というプランが、まさに屋根付きテラスなので、ご来場いただいた方がいつもゆっくりとテラスでくつろいでいらっしゃる光景を目にします。

ログハウス プランニング

ところで、このところ平井もプランニングに忙しい日々を過ごしておりますが、いつも楽しそうにプランニングをするので、見ている私もとっても楽しくなります。

平井 プランニング 東京

時には一緒になって考え、お互いの意見を出し合いながらプランニングをすることもあり、お客様に提案する楽しみを私も共有させてもらっています。

 

毎日楽しく仕事ができる幸せを感じながら、今日もお客様との会話を楽しんだ1日でした。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL   03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカの歴史⑧ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK6

今日は、ホンカが本格的に建設ビジネスに乗り出していく過程をお話したいと思います。

 

1950年代の終わりになるとのこぎり戦争と呼んでいいくらいに、大小さまざまなのこぎりが登場し、しのぎを削っていました。

レイヨ・サーレライネンはここで自分がやってみようと一念発起し、平削り盤を購入したのでした。

 仕立て屋として商売のいろはを学んで生計を立てていたアルヴォ・サーレライネンが、大工として働いていた兄ヴィルヨと共にレイヨに加わりました。

最初の事務所は畑。青空オフィスだったのです。
彼らは工場ローンを組み、そしてさまざまな機械を購入しました。

また、嵐などで発生する国有林の倒木を買い求めました。ついにその時が来たと感じた時、兄弟はサマーハウス建設ビジネスに乗り出したのでした。

ホンカの歴史 サルッカヨキ
【 1954年のサルッカヨキ。これがかつての製材の様子です。のこぎりなど1950年代の道具や機材では、大変な労働力を使わなければなりませんでした。また、長く厳しい冬などの自然条件によって、期間も限られた中での作業を強いられていました。 】

フィンランドではちょうどセカンドハウスを求める人たちが増えつつあった時期でした。
戦後、フィンランド人の余暇の過ごし方は急変していました。

マシンカット 歴史

夏休みの制度が法で定められ、生活水準も上がり、その中で人々は以前にも増して余暇を過ごすための家づくりを考えるようになっていったのです。

サマーハウスの黄金時代は1950年代にはじまり1970年代にはその数が25万に達していました。

ホンカ ログハウス 歴史

サーレライネン兄弟の当時の企業アイデアは時代を見事にとらえていました。
需要が大きく、一方では供給する側はまだそれほどいません。

こうして業界の鍵を握るポジションにつきながら、機械を使ったログ材の生産や、さらにビジネスを成長させる新しい製造方法を次々と生み出していくのでした。

 

この続きは、また次回・・・。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL   03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランドのログハウス研修記-2017 ~その④~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ フィンランドサウナ (6)

「フィンランドツアー2017」フィンランド研修記の4回目は、本場のフィンランドサウナをご紹介します。

ホンカ フィンランドサウナ (5)

松林の小道を進むと、湖の畔に佇むサウナ小屋が見えてきます。

ホンカ フィンランドサウナ (1)

約10人は入ることの出来る大きいサウナ小屋です。まさにフィンランドのイメージ通り、素敵な雰囲気です(^^)

薪を燃やし、上部に乗せた石を温めるタイプのサウナストーブ。チンチンに熱くなった石に水をかけ、蒸気を発生させることで一気に室内温度を上げると同時に、ドッと汗をかくフィンランド式の入り方。

ホンカ フィンランドサウナ (2)

たまらず外へ飛び出し、そのまま湖の中へ。

ホンカ フィンランドサウナ (3)

この時水温は12℃と冷たく、30秒も入ると足が痛くなるほどでした(^-^;

ホンカ フィンランドサウナ (4)

サウナ小屋の隣には、薪で温めた湯舟もありますので、こちらでものんびり過ごすことができました。

ホンカ サウナ

ホンカでは、フィンランドの大手サウナ専門メーカーと共同で本場のサウナをご自宅に設置することが出来ます。家庭用では、2人サイズからでも設計可能です。サウナのある健康的な生活を考えてみませんか?

フィンランド研修記、次回をお楽しみに。

平井

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター  平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランド・デザイン展に行ってきました! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

バスルーム ホンカ

今日は、先日東京都府中市美術館で開催中の「 フィンランド・デザイン展 」に、行ってきたときのことをお伝えします。

ログハウス デザイン展 府中市

この日は、あいにくの雨でしたが女性中心に大勢の方が来館していました。

フィンランド・デザイン展2

この展示会は、今年フィンランド独立100年を記念し、福岡や愛知、福井の美術館で開催した後、ここ府中市そして最後は、10月28日から宮城県美術館で開催を予定しているそうです。

日頃フィンランドに関連するものを見たり聞いたり、購入するのが好きな私は、久しぶりに美術館という静かな室内空間の中、各ブースをゆっくりと時間をかけて見てきました。

中でもとても興味があって見てきたのは“ フィンランド・デザインのいま ”として、現在活躍していらっしゃるデザイナー:ハッリコスキネン氏の展示品の数々です。

その中で、ハッリコスキネン氏のQ&Aというパネルがあり、うれしいanswerがありました。

「 Q  :  自分で手作りしたものの中で買うとしたら、最小で、“ 指輪 ” 最大は “ ログハウス ” 」と、書いてあったのです。

ご存知の方も多いと思いますが、ハッリコスキネン氏はホンカと共同でデザインしたモデルが2プランあり、現行のDESIGN BOOKには載っていませんが、都市型ログホームとして今でもお問い合わせをいただきます。

kantaHONKA【 KANTA 】

SUOJA HONKA 【 SUOJA 】

ハッリコスキネン氏とは、このモデルプラン発表の時にお会いしただけですが、また機会があればお会いしたいです!

その他、マリメッコの生地、イッタラやアラビアの食器、アアルトの家具等々、フィンランド生まれの日用品の数々が展示されていました。

 

私がなぜホンカ・ログホームを選び、家族と共に住んでいるのかというと、実はこうしたデザインを通じて、目の前の生活、ささやかな幸せを大切にするフィンランドのライフスタイルに触れながら、あこがれをいつも抱いているからなのです。

これからもフィンランドのものに触れ、幸せで楽しい毎日を送りたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランドのログハウス研修記-2017 ~その③~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ ドライブイン (1)

「フィンランドツアー2017」フィンランド研修記の3回目は、ホンカログで建てられたドライブインをご紹介します。

ホンカ ドライブイン (3)

ホンカの工場へ向かう途中、「Matkakeidas」というドライブインで休憩をとりました。マルチラミネート丸ログで建てられた建物はさすがに大きく、近くでみると圧倒されるほどです( ゚Д゚)

ホンカ ドライブイン (2)

あいにくの雨でしたが、黄色い壁が心を晴にしてくれるようでした(^^) どうですか?凄いでしょ!

ホンカ ドライブイン (4)

施設内には、コンビニやバーガーショップなど店舗が並び、オシャレなフードコートのような雰囲気で、広々とした客席で多くの方々が食事を楽しまれていました。

ホンカ ドライブイン (5)

フィンランドでは、ログハウスが様々な施設に利用されています。実際に目の当たりにすると、とても嬉しく、気持ちも踊ってしまう私です(^^♪

フィンランド研修記、次回をお楽しみに。

平井

平井 邦明

********************

株式会社ホンカ・ジャパン

       / ホームコーディネーター
            平井邦明
 直通電話 090-3132-1169(イイログ)
 〒150-0002
 東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
 TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

********************

『 ホンカ・ログハウスのサウナプラン 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UKRAINE3

私がずっと建てたいと思っているサウナ棟プランが、フィンランドのカタログにいくつか載っていたので、それらを数回に分けてご紹介していきたいと思います。

これらは、間取りがとても面白いので見ているだけで、ワクワクしてきます。

HONKA

 

まずは、KIDE 25 1A というプラン。KIDE

このプランの面白いところは、向かって左側のポストから右側のポストまで14.75mあるのですが、すべて部屋ではないのです。

この中には、15㎡のリビングと6㎡のサウナと3㎡の休息室があり、その他は屋根付きポーチスペースなのです。

手前のテラス(ジャグジースペースはまた別ですが)だけで54㎡もあり、部屋としての面積は25㎡、テラス&ポーチは、83.5㎡もあるのです。
部屋よりもテラスが広いって、とても贅沢で夢広がるプランですよね。

詳細を知りたいなと思った方は、お気軽にご連絡ください。

次のプランは、また後日・・・。 お楽しみに!

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランドのログハウス研修記-2017 ~その②~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ 海辺のログハウスレストラン (1)

「フィンランドツアー2017」フィンランド研修記の2回目は、ホンカログで建てられた海辺のレストラン「NOKKALAN MAJAKKA(ノッカランマヤッカ)」をご紹介します。

ホンカ 海辺のログハウスレストラン (2)

ノッカランマヤッカは、構造躯体がログ構造となっていて、外部はログパネルでデザイン的に化粧が施されています。斜めに広がった壁がとてもデザイン的ですね(^^)

ホンカ 海辺のログハウスレストラン (3)

中心の気になる円柱部分は、ルーフバルコニーにつながる螺旋階段になっていました。

ホンカ 海辺のログハウスレストラン (6)

ルーフバルコニーからはなんと海が一望できます。フィンランドならでは景色ですが、見渡す限り森と水しか見えません。

ホンカ 海辺のログハウスレストラン (4)

海風を防ぐフェンスはガラスで出来ていて、テーブル席から景色を一望できるようになっています。

ホンカ 海辺のログハウスレストラン (5)

なんと上の段は下にスライドします。風の弱い日はガラスフェンスを下げてより開放的にすることが出来るようになっています。

ホンカ 海辺のログハウスレストラン (7)

残念ながら室内はお客様がいっぱいいらっしゃって撮影できませんでしたが、私は豆のスープとパンケーキのセットを頂きました。海風にあたり冷えた身体は豆のスープで暖まり、パンケーキはモチモチした触感で、また甘めのストロベリージャムがフレッシュでとても美味しかったです(^^♪

「NOKKALAN MAJAKKA(ノッカランマヤッカ)」https://www.nokkalanmajakka.fi/index.php

フィンランド研修記、次回をお楽しみに。

平井

平井 邦明

********************

株式会社ホンカ・ジャパン

       / ホームコーディネーター
            平井邦明
 直通電話 090-3132-1169(イイログ)
 〒150-0002
 東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
 TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

********************