カテゴリー別アーカイブ: ログハウス

『 現場見学でよく質問されるヶ所。 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2019.1.5

只今、各地でホンカのログハウスを建築させていただいており、ご予約をいただくと私も各現場へ皆さんをご案内しております。

その際に、皆さんが不思議に思われる部分があります。

それは・・・。

ログハウス建て方工事8

上の写真は、外部建具を設置する開口部を写したものですが、その開口の上下のログ材に切れ込み(赤丸印内)があります。

ログハウス建て方工事4

その切れ込みを見て「 これは何?  何のためにあるの?」とおっしゃる方が多いのです。

この切れ込みはフィンランドの工場で入れてくるのですが、何の為かとというと、実はこのラインまでが建具が入る開口部なのです。

ここもフィンランドの工場でカットしてくればいいのに?と思われますが、そうするとログ材が細くなり、運搬中やログ材を動かすときに折れやすくなってしまいます。それを防ぐために真物(まもの)のまま、切込みラインだけ入れてくるのです。

ログハウス建て方工事5

このラインを覗いてみると向こう側が見えているのがわかります。

ログハウス建て方工事6

現場で見ていると何ヶ所かこうした部分があるので、今度現場見学の時に探して見るのも面白いですよ!

小俣 ホンカ 小俣

□◆□◇ 建て方工事見学実施中! □◆□◇

日時  : ご希望の日時にあわせてご案内中!

場所 : 埼玉県飯能市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

※工事中の現場のため、安全に配慮し予約制とさせて頂きます。 皆さまからのご予約、お待ちしています!

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ログハウスのプランニング 個別勉強会随時開催中! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ インテリア29

今日は、家づくりの楽しさと予算内で理想の間取りをつくるためのポイントがわかる 「 ログハウスのプランニング勉強会 」開催のお知らせです。

と言いましても、今回は日程も開催場所も設けず、皆さんのご都合に合わせ、随時受付中という形で個別に行います!

ログハウスのプランニング勉強会

モデルハウスや完成見学会などのイベントで、初めてお会いした方が「ホンカの ログハウスは、カタログに載っている間取りからは変えられない。」「 収納が少ない。」「 ログハウスは予算的に無理だとあきらめている。 」とおっしゃる方が多く、これは一緒にプランニングを楽しみながら、ログハウスの魅力を含め、きちんと知っていただこう!と企画しました。

プランニング勉強会

すでに100棟以上のプランニングを手掛けた経験豊富なホームコーディネーター平井が、予算内で理想の間取りをつくるためのポイントをわかり易くお話しします。

ご予約・お問合せのご連絡、いつでもお待ちしております!

□◆□◇ ログハウスのプランニング勉強会開催! □◆□◇

〖 開催日 〗 随時受付中!

〖 時 間 〗 ご要望に合わせて設定いたします。
(所要時間2時間程度)

〖 場 所 〗 ご要望に合わせて設定いたします。

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*****************************

《 お問合せ・予約先 》

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
 平井 邦明

E-mail:hirai@honka.co.jp

直通電話 090-3132-1169(  平日・休日  )

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 1F

HP: http://www.honka.co.jp/

*****************************

『 増税前の今、個別のログハウス相談会を開催中!  』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2019.1.17

今年に入り、「 増税前なので新築計画を進めるために相談したいことがある。」と、ここ数日の間に何件か続けてご連絡を頂いております。

ホンカ 雨漏り対策 (2)

特にご相談やご質問の内容に多いのが、「 土地購入のタイミングや購入についてのアドバイスを聞きたい。」とか、「 資金計画の立て方 」「 ログハウスの基本を詳しく知りたい。」また、「 ホンカのいいところは何ですか?」「 他社のログハウスとの違いを知りたいなど様々です。

もちろん、まだまだ先の計画とお考えの方も大歓迎!
この機会にぜひお申し込みください。

相談会の場所は、皆さんのご希望の場所へお伺いしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご購入を検討している土地だったり、只今建築中の現場でホンカの構造を確認しながらだったり、完成見学会の会場だったりと様々です。

中には、ご自宅かその近くのファミレス・喫茶店などでの打ち合わせをさせていただいている場合もございます。

ホンカ 勉強会

所要時間は、おおむね2時間程度となりますが、 私達が今までの経験を基に作ったオリジナル資料をご覧いただきながら、わかり易くお話しています。
ぜひ、この機会に一度お問い合わせください。

ご連絡お待ちしております!

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真 小俣

□◆□◇ 完成見学会開催のお知らせ □◆□◇

日時  : 2月9日(土)・  10日(日) 10時 ~ 16時

場所 : 千葉県館山市  ※案内図はご予約の際にお送り致します。

予約先 : メール hirai@honka.co.jp 携帯 090-3132-1169

担当  : 平井まで

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 明日から3日間、千葉県勝浦市で完成見学会を開催します! 』

皆さん、おはようございます!
ホームコーディネーターの小俣です。

luonto_m

いよいよ明日から3日間、お施主様のご厚意で千葉県勝浦市にて完成見学会を開催させていただきます!

ホンカ 完成見学会 (1)

このプランは毎年人気のある「 ルオント 29.5坪 」を、
ホームコーディネーターの平井が、将来インナーガレージに変更出来るよう設計したガレージや便利な屋根付きテラスを取り入れたプランとなっております。

ホンカ 完成見学会 (3)

また、リビングには幅が約3mの窓ガラスがあり、そこから庭を一望できるなど、お施主様のこだわり満載の世界にひとつだけのホンカ・ログホームに仕上がりました。

ホンカの完成見学会では、ただ完成したログハウスをご見学いただくわけでなく、私達スタッフの家づくりに対する気持ちを感じていただきたいと思っております。

ぜひこの機会に、生まれたてのホンカ・ログホーム見学にいらしてください。

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております!

< 完成見学会予約先 >

『 ホンカ・ログハウス完成見学会 』

日時       : 10月12日(金)~  14日(日) 10時 ~ 17時
場所   : 千葉県勝浦市
※案内図はご予約の際にお送り致します。
予約先  : メール hirai@honka.co.jp    携帯 090-3132-1169 担当   : 平井まで

小俣 ホンカ  小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************

『 ログハウスの良さ。VOL.3 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (40)

今日はログハウスの良さ、 「  ログハウスはリラックスできる 」です。

 

独特の心地よさがあったり、気持ちをリラックスさせたり、健康になったりといった、木の家にはさまざまな効果があるという話をよく聞きませんか?

どれも十分に科学的に立証されているわけではありませんが、分厚い木が表しで使われているログハウスは、木の調湿機能と高い蓄熱性、防音性によるある種の快適さがあるのは間違いないのではないでしょうか。

温度変化の少ない高断熱の住宅に引っ越したところ、風邪など病気にかからなくなり、医療費の支出が減るという話は、実際の研究データとして報告されていますが、それは、高品質なログハウスにも当てはまると思われます。

長年にわたり数多くのログハウスを手掛けてきた方のお話では、「 すべて経験上の話でエビデンスがあるわけではありませんが、ログハウスを建てて住み始めてから持病が治ったというお話をよく聞くそうです。 」

小俣邸 新築時

現に我が家でも、次女が幼少のころからアトピー性皮膚炎に悩まされ、中学生のころ片頭痛持ちにもなりましたが、今ではアトピーもなくなり、片頭痛も軽減され、一生ログハウスに住み続けたいと言っています。

これらの話は科学的な検証が十分にされているわけではありませんが、実際にログハウスに暮らしていらっしゃる方にお話を聞いたり、宿泊体験をしてご自身でログハウスの良さを実感してみてはいかがでしょうか。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ログハウスの良さ。VOL.2 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (6)

今日はログハウスの良さ、 「  ログハウスは音響がいい 」です。

 

ログハウスの壁は空洞がないためログ材のため、共振や壁鳴りが生じないというメリットがあります。

また、木の吸湿性により湿気が適度に保たれているため、ログハウスでは音響に有利な建物といえます。

私自身、毎年お施主様のお宅で開催されるカルテットに行くのですが、楽器の音が目の前なのにも関わらず、とても心地よく聞こえてきます。

演奏者の方々も、自分たちの出す音の違いに驚いているくらいです。

カルテット ログハウス

私が以前所属していたディーラーのホンカ富士北麓 ㈱ビ・ボーンさんが、26年ほど前に建てたハンドカットログのスタジオに、よく遊びに行ったのですが、やはり音響の違いに驚いたことを覚えています。

楽器演奏や音楽鑑賞を趣味になさっていらっしゃる方が、ログハウスに興味を持ち、モデルハウスの案内を希望する方もいらっしゃいます。

この時期は、紅葉シーズンの山梨県の山中湖にある築20年のホンカのモデルハウスや実際に平井がコーディネートを担当した建築物件のご案内をすることも多いので、ご希望の方は事前にご連絡ください。

お待ちしています!

 

次回は、「 自然素材だけで建てられたログハウス 」です。

お楽しみに・・・。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ログハウスの良さ。VOL.1 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (48)

今日はログハウスの良さについて、これから3回に分けてお伝えしていきたいと思います。

 

ます最初の今日は、「  ログハウスは火災に強いので安心 」

薪になるくらいですから、木は燃えやすいというイメージがあると思います。事実、私の家族も一番最初に心配したのが、「 燃えるじゃない!」でした。

しかし、ログ材くらいの太い材になると、炎に当たっても表面が炭化するだけで、それ以上延焼が進みにくい性質があり、ノッチやログの隙間に炎を通さなければ、長時間燃え落ちずに耐えることができます。そして、鉄やアルミのように熱で軟化しません。

しかも万が一の火災でも、天然材なので有毒ガスが発生しないので安心です。

実際に火災に遭いながらも全焼を免れ、リフォームしてそのまま住宅として使われつづけているマジンカットのログハウスがあるそうです。

 

さて、都市部の住宅地では、防火地域に指定されている場合も多いです。

そこに家を建てるには耐火構造が求められ、以前はログハウスを建てられませんでした。

【 大田区 】O様邸(東京都大田区)

しかし現在ではホンカはもちろん、ほとんどのメーカーが国土交通省の「防火構造認定」を取得しており、建設が可能になっています。

【 府中市 】府中市 O様邸

ここで、よく皆さんにご質問をいただく「 防火地域と準防火地域とは? 」について、簡単に説明します。

都市部では、駅や幹線道路付近が最も規制が厳しい防火地域、防火地域を囲むように指定されているのが準防火地域、それ以外は建築基準法22条区域となります。

これは、火災時の延焼を防ぐための措置で、建築基準法22条地域、準防火地域、防火地域、の順に高い耐久性能が求められます。

そして、防火地域、準防火地域では、建物の規模によって、細かく耐火、準耐火建築物の規定をクリアすることが求められます。

ログハウスの構造材は木なので準耐火建物となり、防火地域では延べ床面積100㎡以下ですべての外壁の45分耐火、準防火地域では延焼のおそれのある部分の30分耐火が求められます。

その他にも開口部や軒下、屋根の仕様の条件があるので、プランニンングをするときには、その辺りを調べることが重要です。

 

次回は、音響についてお伝えしたいと思います。

ホンカ・ダイレクト施工例はこちらから。
⇒ http://honka.jp/aoyama/?page_id=92

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 梅雨時期のログホームの湿度について。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (31)

今日は、梅雨時期のログホームについてお話したいと思います。

 

今朝から、梅雨らしいお天気の関東地方ですね。

そのため、我が家周辺も朝方から雨が降り続いています。

そんな時にいつも気にして見るのが、湿度計。

朝、洗濯物を干す前に見た時の湿度は、65%。気温は、18℃。

気温は低めですが、不思議と寒くはなかったですね。

ログハウス協会 湿度計

そして先ほど3時のおやつの時間に確認したところ、70%でした。

外は100%の湿度で、室内に洗濯物を干してもこんなに差があるなんて、改めて木の調湿効果を実感しています。

ちなみに、先程近所の方々が遊びに来てくれて、「 相変わらずこの家は、カラッとしているわね! 」と、うれしいお言葉を。

ふいに始まったお茶のみ時間。主婦の会話が弾み、とても楽しい時間を過ごしました。

ログハウス協会 花

梅雨時期 = ジメジメした毎日とは無縁のホンカ・ログホーム。

各地に点在するモデルハウスでも、もちろん体感できるので、ぜひ、季節ごとのログホームに脚を運んでみてください。

山中湖にありますホンカ・デザインセンターには、築20年になるモデルハウスがあります。時が経ってもその機能が変わらないことも実感できます。

ご来場の際にご連絡をいただければ、ログハウスについて、私のログライフを交えて、わかりやすくご案内しますよ。

お気軽にご連絡ください!

小俣 ホンカ 小俣

【  今後のイベント情報! 】

現場見学随時受付中!

御殿場市 構造 ログハウス

熊谷市現場見学会随時受付中!

ホンカ KIGUMI

スタッフ一同、ご予約お待ちしております。

平井&小俣 ログハウス

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 構造見学会の様子をお伝えします! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

【 フィンランドにあるホンカ自社工場 】HONKA 工場全景

先週末の土曜日、御殿場市で建築中のホンカの構造を見学したいという方々をご案内して参りました。

御殿場市 構造 ログハウス

この日は、土曜日ということでふじ企画の大工さんが作業をしていました。

また、雨の為職人の方はいらっしゃらなかったのですが、外部のログ壁に1回目の塗装が施されていました。

塗装 ホンカ 見学会

クリームカラーの可愛らしい建物に仕上がりそうです。

 

そして、前回の平井のブログでもお伝えしました室内天井の断熱工事も、スタイロフォームにプラスして、吹き付け断熱も施されていました。

吹付断熱工事 ホンカ ログハウス

 

さて、今日初めてホンカ・ログホームをご覧になられたという方や、現在ログハウスに住んでいらっしゃるという方をご案内させて頂く中で、「 ホンカさんと他のメーカーさんと何が違うの?」というご質問を頂きました。

それに対し、目の前に建っているホンカのログをじっくりとご覧頂きながら、ログ材、特にノッチ部分やシーリングの加工技術の違いであったり、今日に至るまでのホンカの歴史、その中で繰り返し行ってきている製品開発についてなど、様々な角度から説明させて頂きました。

構造 ホンカ 見学会3

また、建築中の現場ということもあり、ログハウスの構造を熟知した大工さんたちが納めた各箇所をご覧頂き、一般の大工さんでは難しい納めがあるのだということをご理解頂くことができました。

ログハウス 御殿場市 ホンカ

今後もこの現場では、随時予約制で現場見学を開催しております。

平日が都合がいい方、休日の方がいい方など様々だと思います。お気軽に下記連絡先にお問い合わせください!

実物をご覧頂きながら、ホンカについて、ログハウスについて、わかり易くお話しさせて頂き、家づくり計画に対する不安なことも解消して頂く、絶好の機会にして頂きたいと思います!

小俣 ホンカ 小俣

【 最新イベント情報!】

現場見学随時受付中!(詳細はここをクリック!)

御殿場市 構造 ログハウス

《 千葉県多古町では、完成見学会を開催しています!》
詳細につきましては、

ホンカつくば 伊勢喜工務店のHPNEWSや

http://honka.jp/tsukuba/?p=1142

ホンカ埼玉東 KIGUMIさんのブログをご覧ください!

http://honka-blog.jp/saitamahigashi/?p=4009

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
******************* 

『 “ 本物の木の家 ”を建てる。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

スパ リゾート ホンカ

今日は、“ 本物の木の家を建てる  ” の3回目です。

昔から日本の住まいは、四季の変化が大きい気候風土にあわせて木で建てられています。

ホンカの家の住空間は木の香りに包まれ、五感で感じることのできる快適な家であることは1回目2回目でお伝えしました。

今回は、その木が日本の気候風土に合った建材であることをご紹介します。

ホンカ 日本の施工例

モデルハウスや完成見学会などで、ホンカの家に入ると、「 木に包まれた空気が心地よく感じる。」と、よくお客様がおっしゃいます。

これは、室内の空気の状態がちょうどいい具合になっているからなのこれはです。つまり、壁とポーラーパインの建材は、それ自体が空気の出し入れを行い、自然換気を行ってくれているということなのです。

その時、調整が自然と行われます。これは木の特性によるもので、“自然のエアコン”と呼ばれる機能なのです。

他の建材と比べて断熱性が高いのは、木のいちばんの特性と言えます。そのため家の中は冬暖かく、夏涼しい!これはどんな家に住むか?を考える時に、気にすることのひとつですよね。

では、「 どうして木の断熱性能が高いといえるのでしょう?」

龍ヶ崎(室内)

それは、木の中には空気をたくさん含む細胞がぎっしり詰まっています。この「空気の細胞」のおかげで、木は優れた断熱性能を発揮するのです。

夏涼しく、冬暖かいという快適な環境が生まれるのはこのためなのです。つまり、一定の温度を保っている井戸水や地下水が、冬に温かく夏に冷たく感じられるのと同じ原理です。

ホンカの家は、まさに“自然のエアコン”を装備しているといえますね。

また、断熱性能に加えて、優れた蓄熱性能を持つのも木の特徴です。壁の木材が昼間太陽エネルギーを蓄積し、夜間になると徐々に温熱を放出するので、暖房費の節約になります。

一方、夏はひさしとベランダがログ壁を熱から保護し、室内温度を快適なレベルに保ちます。木の特性を知り尽くした設計技術もホンカの快適性、エネルギー効率の高さに貢献しているのです。

蓄熱性能

わかり易い例でいうと、木の柄のついたフライパンを熱しても、柄まで熱くならないのは、 木という素材の熱伝導率がきわめて小さいからなのです。

いかがでしたか?

木の特性を最大限に活かしたホンカ・ログホーム。まだ一度も実物をご覧になったことがない方はもちろん、見たことがあるという方も、季節ごとのログハウスの室内をぜひ体感してみてください!

これからの季節、特にオススメなのは雨が降っている時のログホームの室内を体感することですよ!

小俣 ホンカ 小俣

最新イベント情報!

ゴールデンウィークイベント

ログハウス勉強会 名古屋

 

現場見学随時受付中!

ホンカ H様邸 (4)

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
*******************