カテゴリー別アーカイブ: ホンカログホーム

『 H様邸完成ご報告! ~外部編~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

HONKA H様邸 (19)

今日は、前回の続きで完成しましたH様邸(御殿場市)をご紹介いたします。

本日は、『 外部編 』です(^^♪

HONKA H様邸 (6)

H様邸の最大の特徴はこの大きなテラスです。テラス材は、汚れてもデッキブラシで水洗い出来るようタイルで仕上げました。また、テラス全体に屋根をかけ、雨の日でも使えるテラスにしています。

HONKA H様邸 (9)

テラスに大きな屋根をかけるとデメリットが採光です。大きな屋根が邪魔して室内に光が入りずらくなってしまい室内が暗くなってしまいます。そこでH様邸はリビング前の屋根に天窓を設置しました。天窓の明かりがリビングの窓に当たっている様子がわかりますね(^^)

HONKA H様邸 (16)

もう一つ、テラスの階段です。テラスの階段は屋根がかかっていても雨に濡れやすい場所で、木製にすると数年ごとにメンテナンスが必要となりますがタイルなら安心ですね。

HONKA H様邸 (18)

次に、前回『室内編』でもご紹介しました出窓です。出窓の外部はこのような台形型をしています。真四角のログハウスに斜めのラインが入ることでとても印象的になります(^^)

HONKA H様邸 (17)

建物を真横から見ると屋根勾配が緩やかで安定感あるどっしりとしたデザインになるのも平屋の特徴です。

HONKA H様邸 (1)

いかがだったでしょうか?

今、将来までを考えバリアフリーにこだわっている方などに人気の平屋のログハウスです。長方形タイプだけではなく、L字タイプやコの字タイプ、または口の字タイプなど土地や好みに合わせさまざまプランが可能ですのでなんでもご相談ください。

平井

平井 邦明

【  最新のイベント情報はこちらをクリック! 】

********************

株式会社ホンカ・ジャパン

       / ホームコーディネーター
            平井邦明
 直通電話 090-3132-1169(イイログ)
 〒150-0002
 東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
 TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 H様邸完成のご報告! ~室内編~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

HONKA H様邸 (1)

今日は、先日完成しお引渡しを致しましたH様邸(御殿場市)

をご紹介いたします。

本日は、『 室内編 』です(^^♪

HONKA H様邸 (2)

平屋のH様邸は、生活に合わせた利便性やデザイン性にこだわったH様のアイデアを随所にみることが出来ます。

HONKA H様邸(13)

まずは玄関から。

玄関に入ると左側にウォークインのシューズクローゼットを作りました。

ご家族は、通常シューズクローゼットで靴を脱ぎ、そのまま奥から室内へ通り抜けられる間取りになっています。

こうすることで、玄関はいつもきれいな状態を保て、突然の来客にも慌てることがなくなりますね(^^)

HONKA H様邸 (12)

次にエアコンです。

LDKに設置したメインのエアコンは、パントリーの壁の中に隠すように設置しました。木の壁に自然に溶け込んでますね(^^)

壁付けのエアコンは、ベージュカラーを選び目立たなくしました。

HONKA H様邸 (4)

寝室には、明かりを取るために大きなガラス建具を設置していますが、一部、奥行きをもたせるよう出窓を付けました。

HONKA H様邸 (5)

出窓はカウンターとしても利用できとても便利です。ログハウスで珍しいかもしれませんね(^^)

HONKA H様邸 (10)

平屋の特性を活かし、奥まった部分には天窓で採光を確保。

HONKA H様邸 (11)

天窓から北側の洗面所に光が入るよう欄間としてガラスを設置しました。工夫ひとつでとても明るくなりますね(^^)

HONKA H様邸(15)

実用性の部分では、年配のお父様のために、室内ドアは基本引き戸を採用し、フロアー全体をバリアフリーとしております。

HONKA H様邸 (7)

トイレの入り口もドア幅を大きくし、トイレ室内もゆったりとした広さを確保。もちろん手摺りも設置いたしました(^^)

HONKA H様邸 (3)

最後にリビングです。

ダイニング・キッチン及び寝室とつながった広いリビングには、薪ストーブも設置し、炉台も足がつまずかないようフローリングとフラット仕上げております。

いかがだったでしょうか?

ログハウスでも生活をイメージしたとき、デザイン的にも合う合わないと疑問に思う部分があるものです。そんな疑問も工夫ひとつで解決です!ひとつひとつ手づくりするログハウスならではの楽しみ方だと思います。なんでもご相談ください。

次回は、『 外部編 』をお届けいたします。

楽しみにしていてください。

平井

平井 邦明

【  最新のイベント情報はこちらをクリック! 】

********************

株式会社ホンカ・ジャパン

       / ホームコーディネーター
            平井邦明
 直通電話 090-3132-1169(イイログ)
 〒150-0002
 東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
 TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

*******************

 

『 熊谷市フリープランのK様邸 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

【 海外ログ材運搬シーン 】ログ材運搬
※実は私、この写真の重機にも惹かれました!

 

今日は、9月に完成を予定しています熊谷市のK様邸の今の状況を一部ご紹介します。

K様邸 塗装工事 ログハウス協会 熊谷市

ホンカ埼玉東 KIGUMIの矢嶋さんのブログで、日々現場の進捗をお伝えしていますK様邸。

外部の木工事が完了し、塗装工事が施されています。

K様邸 塗装工事 ログハウス協会 熊谷市1

軒裏天井とログ壁の着色を終え、この後、窓周りのケーシングが着色されるとまたイメージが変わります。

私はいつもこうした写真を見ると、「 軒裏のカラーは茶系にして、窓周りのケーシングのカラーは、ログ壁と同じように淡いカラーにしてみようか、もしくは窓を強調させるために引き締まったカラーにしようか? 」など、まるで自分の家のカラーを考えるように楽しんでいます。

実物を見るときはカラーサンプルをもって、楽しむこともあるんですよ!

同じようにしてみたいという方は、ご連絡ください。
一緒に楽しみましょう!

 

9月には完成見学会を予定しています。詳細発表をお楽しみに!

それでは今日は、この辺で・・・。

小俣 ホンカ 小俣

【  最新のイベント情報はこちらをクリック! 】

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 御殿場市 H様邸カーテン設置工事! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ワールド ホンカ50

今日は、先日お引き渡しをさせていただきました御殿場市H様邸のカーテン設置工事の様子をお伝えします。

御殿場市 カーテン工事 ドリーム (16)

今回カーテン設置工事を担当したのは、富士吉田市にあります
「 株式会社 カーテン工房 DREAM 」さん。

このカーテン屋さんは、H様邸の施工を担当したふじ企画さんの専属のカーテン屋さんなのです。

この会社は、山梨県唯一の自社縫製のカーテン屋さんで、勝俣社長ご自身が原寸大に近いシェード状のサンプルを車に乗せ、現地でお施主様と打ち合わせを行います。

そうしたサンプルや自社製の布地をたくさん持っているので、実際の窓にカーテンを当てながら、打ち合わせができ、とてもイメージしやすく、その場で各窓を採寸し、その場でお見積書が出せるのです。

 

今回私がH様邸に立ち会わせていただいたのは、設置の日でした。

到着後、早速慣れた手つきで、工具や自社工房で仕上げたカーテンたちを新築のログホームに持ち込み、順序良く取り付けていきました。

カーテン ドリーム ホンカ

ドリーム ホンカ

御殿場市 カーテン工事 ドリーム (1)

御殿場市 カーテン工事 ドリーム (2)

すごいなと思ったのが、素早く作業をしながらも、私からの質問にも解り易く答えてくださったり、世間話をしながら、楽しく仕事をしている姿が印象的で、笑顔が素敵なスタッフさんでした。

出窓 カーテン ログハウス

カーテン工事 窓

ドリーム カーテン

今回H様が選んだのは、ログ壁になじむ落ち着いたオレンジカラーで、ドリーム社の生地で作った無地のカーテン。

この後設置する植物との相性を考えての配色だと、H様が教えてくれました。素敵ですよね。

シバタ照明 ログハウス

もちろん、照明器具とバランスもかっこよかった!

 

カーテンというのは、その家の雰囲気やお施主様の個性があらわれるものです。

お引き渡しを済ませてから、こうしたカーテンや家具などが入り、生活が落ち着いたころ、遊びに行かせていただくことが多いのですが、生まれたてのログホームが、成長していく過程を見れる喜びでもあります。

このH様邸のお引き渡しの様子は、後日ご紹介しますので、お楽しみに。

小俣 ホンカ 小俣

~ 株式会社 DREAM ~ http://curtain-dream.jp/index.html

一般的なオーダーカーテンは、お客様がカーテンの販売店に注文しても販売店は問屋さんに注文し、問屋さんは量産工場に縫製を依頼します。

一方、ドリームのカーテンは、お客様から注文を頂くと可能な限り実際に採寸に伺ったり図面で寸法を確認します。そして、長期間使用することによる生地の伸びを計算して社内で縫製を行い、お客様への取り付けに伺うまでカーテンを社内に吊るして保管します。ここまで手間暇かけて縫製するカーテンなので、お客様が長く使用した場合でも美しい状態のまま使用することが出来ます。

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識⑭ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

海外施工例 ホンカ室内

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

原始時代から、人々のまわりには木が身近にあり、人々はそれらを使って、狩りをする道具や食器、そして自分たちの家をつくっていました。

古くから日本では、木は最も身近な建築材料でした。

現在でも柱や床、梁、壁などの、建物の構造の中の主要な部分に木を使う木造建築は多いですし、鉄筋コンクリートつくりの建物にも、棚や扉、天井などの内装には木がたくさん使われていますよね。

木にはいろいろな種類がありますが、建築によく使われるのは、大きく針葉樹と広葉樹に分かれます。

広葉樹と針葉樹

前者は、一般に新しい葉が出た後に古い葉が落ちる常緑樹が多く、葉が針のようにとがっている松や杉、ヒノキなどがあります。

後者は、冬になると落葉する落葉樹が多く、葉は扁平で面積が広いもので、桐、トチ、ケヤキなどがあります。

葉だけでなく、幹の性質も違います。

一般に針葉樹は木目が狭くて均一だがもろく、広葉樹は木目が広くなめらかで粘り強い。

重量は広葉樹の方が大きい。さらに、同じ針葉樹に属する木でも、強さや硬さ、重さなどの性質にはそれぞれの違いがあり、建築には、それぞれの特徴を考慮して使うのです。

ホンカテラスドア2

次に、木を材料として加工するステップを紹介します。

まず、森林に生えている木を伐採し、運搬しやすい長さに切ります。この状態の木を原木といいます。

フィンランド紀行3日目 (8)

それを製材所に送り、よく乾燥させます。

そのあとは、木取りといって、1本の原木から板や角材の角材に分割し、決められた寸法にします。

HONKA 工場3

ちなみに、ログハウスの場合は、1本の原木をそのまま使ったり、一度分割し、形を整えてから特殊な接着剤で貼り付け、1本の丸太(ログ)に仕上げるタイプがあります。

そうした加工工程を経てた材料を、各工場で加工し、建築現場で使用しているのです。

 

まさに、木とは最も身近な建築材料ということですね。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 お部屋の中をプチリニューアル ! その② 』

おはようございます!

ホームコーディネーターの小俣です。

スパリゾート

さて、今日は前回に引き続き、我が家のプチリニューアルをご紹介します!

 

毎年季節ごとに変化をさせています我が家のペンダントライト。

ログハウス ペンダントライト3

昨日までの春仕様のペンダントライトを夏仕様に変身させました!

ログハウス ペンダントライト

中身を取り出し、夏バージョンの石に入れ替え!

オーデリック ペンダントライト

いかがでしょう?

夏カラー ホンカ リニューアル

このように、ちょっとしたところを変化させるだけで、お部屋の雰囲気も変わり、気分も爽快です!

 

夜になり、このペンダントライトの灯りだけで大好きなワインを飲むのが、Myブームになっている小俣でした。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 お部屋の中をプチリニューアル ! その① 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA HEALTHY HOME

今朝は、夏休み恒例のラジオ体操をして、年齢に正直な身体をほぐしてきました!とても気持ちがよく、1日がとても充実しますね!

さて、そんな清々しい気持ちの後、家の中を見渡し、気になるところをプチリニューアル!

まずは、我が家のシンボルとして取り入れたホンカ・オリジナルデザインポストに一工夫。

デザインポスト ホンカ 

このポストのどこが変化したのかというと・・・。

ログハウス協会 ポスト

ログハウス業界では知らない人はいないといわれている素敵なホンカオーナーのChoroBearさん。

その方に教えていただいたマスキングテープを使った“ プチリニューアル  ”!

このテープを変えるだけで、雰囲気がガラリと変わるのです!

ムーミン ログハウス

今回は夏を意識して、さわやかカラーを取り入れてみました。

ムーミン ポスト

いかがでしょう!

私は、このニョロニョロとのコンビがお気に入り!

三女は、一番向こうのブルーとムーミンコンビが気に入ったそうです!

マスキングテープ ホンカ

玄関から入ってすぐに目に入るこのデザインポストは、実はログホームならではの構造物の一つなんですよ。

つまり、この場所に必要なものなのです!

詳しくは、イベントなどでログホームの中で解り易くお話しますので、お会いしたときにぜひお声がけください!

 

プチリニューアルは、これだけには留まりません!

次回もこの続きをご紹介したいと思います。お楽しみに・・・。

小俣 ホンカ 小俣

【  今後のイベント情報! 】
※まだ予約可能なお時間あり!

7/29(土)栃木県内で、ログハウスのプランニング勉強会を開催します!
ログハウス協会 栃木県

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 夏ですが、バイオエタノール暖炉をご紹介! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK WEEK!

今日は、梅雨が明けたばかりの夏ですが、あえて冬に活躍する暖炉をご紹介したいと思います。

ちなみに、先週末の金澤さんのブログを読んで、同じようなお話で驚きました。「 気が合っちゃいましたね。金澤さん!」

 

さて、この商品。
只今熊谷市で建設中のK様邸のお施主様から教えてもらいました。

バイオエタノール ログハウス協会ecosmart+ Fire【 バイオエタノール暖炉 】

デザインもかっこよく、オフシーズンの時は、タイプによってはしまっておけるし、お部屋のインテリアとしてもそのまま置いておいてもいい感じです!

私がとても魅力を感じたのが、下記の3点。

1. トウモロコシやサトウキビなどを原料にしている。

2. 煙突や換気設備を設置する必要がない。

3. 設置する場所が広範囲に選べる。

薪ストーブのように、薪の入手や保管が大変だと思われていらっしゃる方や既存の家に火が見えるストーブをつけたいと思っていらっしゃる方必見ですよ!

暖炉 ホンカ 

薪ストーブやペレットストーブのように、まだあまり知られていないようですが、「 カーボンニュートラル( 燃料として発生する二酸化炭素と原料が吸収する二酸化炭素が同等の量であること )な燃料。 」なので、その点からも今後新築住宅やリニューアルアイテムに、検討する方が増えていくといいなと思いました。

 

人間の文化において火は、暖をとる、調理をする、そして火を信仰の対象とする宗教も存在します。

また、送り火やキャンプファイヤーなど、さまざまな行事で使われることからも、人類の歴史と火の密接な関係がうかがえます。

こうした暖炉や薪ストーブで火を身近に取り入れようとするのは、きっと火を囲うという人間の習慣なんでしょうね。

 ecosmart logo

カーボンニュートラル ログ

ecosmartfireはオーストラリアにあるバイオエタノール暖炉のトップブランド。

2002年にThe Fire Companyにより設立され、バイオエタノール暖炉の商品化に世界で初めて成功したブランドです。
近年ではエコ意識が高まり、ヨーロッパを中心に世界中で主流になりつつあります。
燃料であるバイオエタノールは、燃焼中、煙や煤を一切排出しない為、面倒な換気設備や煙突が一切不要で、マンションでもお気軽に使用する事が出来ます。
また完全燃焼した際排出されるのは、二酸化炭素と水分のみで、一酸化炭素や有害物質は排出されません。
その為、環境にも大変優しいエコな商品といえます。
ecosmartfireは置き型のデザイナーズシリーズの他、外用のアウトドアシリーズ、埋め込み型のレノベーターシリーズと商品数が豊富な為、住宅ではもちろん、レストランやホテル等の商業施設でも大変人気が高い商品です。
火を囲うという人間の原始時代からの習慣を新たな形で取り入れ、人々のコミュニケーションを促進したいという思いがecosmartfireのコンセプトとなっています。
小俣 ホンカ 小俣

【  今後のイベント情報! 】
※まだ予約可能なお時間あり!

7/29(土)栃木県内で、ログハウスのプランニング勉強会を開催します!
ログハウス協会 栃木県*******************
株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/
*******************

『 ホンカの歴史③ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK1

今日は、フィンランドの歴史がログハウス産業に大きくかかわっていることについてお話したいと思います。

 

フィンランドは、他のヨーロッパ諸国に比べて、酪農や農業が国を支えている期間が長かったんだそうです。

工場ができ製造業で働く人が増え、都市での生活スタイルに目を向けられるようになってからも、地方での暮らしは根強く残っていたそうです。

フィンランドでは酪農や農業に対して楽観的なところがあり、2つの世界大戦の間に10万もの農家が新たに誕生。

戦後には、さらに10万人の農家が誕生しました。これで人々の労働は確保できるし、社会が安定しました。

フィンランドでは1940年代の終わりにベビーブームが起こり、地方での人口が急激に増加しました。

しかし、1960年代の終わりから1970年代初頭にかけて、産業構造が大きく変わりました。

新たな仕事の後を追うように、人々は田舎を離れて都市部に移り住み、同時に地方の過疎化が顕著になってしまいました。農業と酪農に加えて、林業に従事する人たちの数は1970年代から減少をはじめ、1990年には50万人になっていました。

1950年から1975年の人口推移をみると、地方に暮らす約400万人のうち100万人がその地を離れ、都市に移り住んだことになります。

HONKA サマーコテージ

この100万人と彼らの子供たちは「 田舎へ帰ろう!」という郷愁の想いが強く、これが余暇用のサマーハウスやセカンドハウスの需要となり、ログハウス産業の開拓にぴたりと当てはまったのだそうです。

 

フィンランドの歴史とログハウス産業との関わりを知ることができ、歴史の面白さを改めて感じた小俣でした。

小俣 ホンカ 小俣

【  今後のイベント情報! 】

※まだ予約可能なお時間あり!

7/22(土)渋谷オフィスで、ログハウスのプランニング勉強会を開催します!

LOGHOME HONKA

7/29(土)栃木県内で、ログハウスのプランニング勉強会を開催します!

ログハウス協会 栃木県

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 御殿場市のホンカ完成見学会は大盛況でした! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ログハウス協会 ホンカ 平屋

先週末の土曜・日曜日。

静岡県御殿場市で開催しました平屋のホンカ・ログホームの完成見学会は、おかげさまで2日間で11組の方にご来場いただきました。

ホンカ 玄関 クリームカラー

今回お施主様のH様が、終日私たちと一緒にご来場いただいたお客様に色々ご案内してくださり、ホンカに決めた理由、この家に対するこだわり、予算の使い方など、これから計画している方にとって、疑問に思っていること、不安なことなどが解消できるお話をたくさんしてくださいました。

キッチン LIXIL

遠方からは和歌山県在住の方、東京、千葉、神奈川県在住の方がいらっしゃり、「 平屋をゆっくりと見学できて、とても参考になりました。」「家づくりについて、不安が解消できました。」と、お帰りの際には皆さん満面の笑顔でした。

こうした笑顔を拝見できると、とても幸せな気持ちになります。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

そしてお施主様であるH様。お引越しの準備でお忙しい中、お手伝いいただきまして、本当にありがとうございました。

また、施工担当のふじ企画のスタッフの方も、前日よりいろいろ準備してくれて、また当日も裏方の仕事をせっせとしていただき、とっても助かりました。ありがとうございました。

皆さんのご協力があって、こうした見学会が開催できることを改めて、実感しました。感謝の気持ちでいっぱいになりますね。

 

来週は、このH様邸はお引き渡しとなります。

その様子は、またこのブログでお伝えしたいと思います。

お楽しみに・・・。

小俣 ホンカ 小俣

【  今後のイベント情報! 】

※まだまだ予約受付中!

栃木県内でも、ログハウスのプランニング勉強会を開催します!

ログハウス協会 栃木県

渋谷オフィスで、ログハウスのプランニング勉強会を開催します!

LOGHOME HONKA

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
03-5778-4169
HP http://www.honka.co.jp/

*******************

 

 

HONKA Direct Tokyo Blog