カテゴリー別アーカイブ: ホンカログホーム

『 ホンカのログハウスに住んで。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ インテリア33

今日は、私達家族がログハウスに住んでいて、実感したことをお伝えしたいと思います。

寒い冬が過ぎ、あっという間に5月も半ばになりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

このところ、日によっては暑かったり、寒かったりと気温の変化に体調を崩される方も多かったのではないでしょうか。

さて、そんな日を過ごしている中で、ふと主人が「 そういえば、この家に住んでから各部屋の温度差をあまり感じなくなったな。」と言ったことがあります。

ログハウスという建物は、高気密住宅のような機械的に室内の温度を調節する建物とは違い、木の特性を最大限に活かした建物です。

演奏会 O様邸

健康とは「 冬をいかに暖かく過ごすか。」にかかっています。

実際、カナダやフィンランドなど寒さが格別に厳しい国では、季節ごとの死亡者数の差はそれほど大きくないそうです。

ホンカ 犬 ペット3

これは長い歴史の中で冬を乗り越えるための備えが、すでにしっかりとできているからだと考えられます。

冬場、暖房の効いた部屋と冷えた廊下や浴室、トイレとの温度差は15℃にものぼるそうです。

また、深夜や早朝には布団の中の温度と室温との差が20℃近くになり、布団から抜け出るのがつらくなるという経験がありませんか?

急激な温度差は人の体にとって大きな負担となり、心臓発作や脳卒中を引き起こす「 ヒートショック 」の危険にさらされます。

夜中に目が覚め、トイレに行こうとして亡くなってしまうケースは後を絶たないそうです。こうしたヒートショックを防ぐためにも室内の暖かさを保つことが大切です。

小俣邸 新築時

今まで住んでいた家からホンカのログハウスに移り住み、早7年が経ちますが、無垢材をふんだんに使ったログハウスの良さを、こうした普段の生活の中で実感している私達です。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウス イベント開催のご案内! in茨城県つくば市 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (49)

今日は、ホンカつくば 伊勢喜屋工務店さん主催のイベントのご案内です。

来る2月17日(土)と18日(日)に、つくば市研究学園のモデルハウスにてファイナルフェアを開催します。

つくば(室内)

当日は、このモデルハウスの施工を担当したホンカ埼玉東のKIGUMIの浅子社長とホームコーディネーターである平井が、今までの経験を活かし、家づくりのポイントをお話ししたり、ログハウスについてのQ&Aにお答えします!

またご来場の際に、ご計画地の資料やご自身で考えている間取りなどの資料をお持ちください。その場でご相談を承ります。

カタログやWeb上では得られないログハウス独特の木の香りと室内の雰囲気を味わいながら、有意義な時間をぜひ私達と過ごしましょう!

皆さまからのご予約お待ちしております。 小俣

■◇◇■ モデルハウスファイナルフェアイベント ■◇◇■

開催日:2018年2月17日(土)・18日(日)

開催時間:13:00 ~ 16:00 (両日共)

開催場所:つくば研究学園モデルハウス
つくば市研究学園3丁目4

ご予約先:平井携帯 090-3132-1169
平井E-mail hirai@honka.co.jp

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウスは地球環境にやさしいエコ住宅です。 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

ワールド ホンカ6

今日は、ホンカの材料となる木材は、地球環境にやさしい
低エネルギー建材であることをご説明致します。

ホンカ フィンランドサウナ (5)

ホンカのログ材について、森林から伐採しログ材に製材されるまでに必要なエネルギーは、同じ質量の鉄のわずか1/320です。
ログ材に使用されるエネルギーのほとんどがログ材の乾燥に使われるエネルギーです。

ホンカ カーボンニュートラル

木材は地球上の大気に含まれる二酸化炭素を吸収し成長します。ホンカのログ材は、二酸化炭素を大量に吸収した成長した木を
使用しています。またフィンランドでは「プラス・フォレスト」という国の政策により、1本の伐採に対し数本の植樹をすることを定められています。これにより森林資源は年々増え続けています。

ホンカ 軽井沢プリンス

【  築45年の現役コテージ 軽井沢プリンスホテル  】

地球温暖化問題で取り上げられる二酸化炭素排出量の軽減に基づいて考えると、将来的にログホームを解体し土へ返すことになったとしても、または資源として燃焼させることとなったとしても、もともと大気中にあった二酸化炭素が建材となったログ材から放出されるため、新たに二酸化炭素を発生されることのないカーボンニュートラルとなるのです。 平井

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター  平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************* 

『 ホンカ・ログハウスのサウナプラン 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ サウナ1

このシリーズでは、私がずっと建てたいと思っているサウナ棟の色々なプランをご紹介しています。

8回目の今日は、WIHTORI というプランのご紹介です。

サウナ ホンカ

このプランには10Aと70Aという2種類のプランがあります。

サウナ フィンランド

ここでご紹介しているこのプランは、それぞれ総床面積(フィンランド語:kerrosala)は、19.5㎡の広さで6.5㎡のテラスをつけています。

今回ここでは使用用途を2タイプご紹介しています。
サウナルームとコテージ用です。

例えば同じ敷地内に、1棟はサウナルーム、もう1棟はコテージとして、商業的に並べて建てるのも面白いですよね。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウス 雑誌の取材に行ってきました。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ 雑誌取材 (1)

今日は、ログハウス専門誌『ログハウスマガジン』の取材の様子をお伝えします。

ホンカ 雑誌取材 (5)

物件は、茨木県つくば市あるA様邸(プラン:ペルヘⅡ)です。

今回の取材は、「薪ストーブのある暮らし」をご紹介する特集でです。

ホンカ 雑誌取材 (4)

4年目を迎えたA様ご家族は、薪ストーブを主暖房とし、
庭には自作の薪棚や薪割スペースもあり、薪ストーブライフを満喫されています。

ホンカ 雑誌取材 (3)

薪ストーブクッキングとして、子供たちの手作りピザもご披露。私たちスタッフにご馳走して頂きました。

ホンカ 雑誌取材 (2)

アナログによる多少の不便さによって得られる最高の時間こそが、家族とのコミュニケーションを生み、笑顔が絶えない健康的な生活を手にするということなのだと実感しました。
これぞログハウス生活の醍醐味ですね(^.^)

ログハウスマガジンでは、そんなA様のログハウス生活を詳しく語って頂いておりますので、これからログハウスを建てる方には色々参考になる情報が掲載されています。
是非、ご覧ください。

平井

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター  平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

******************* 

『 ホンカ・ログハウス 雨漏り対策されたログ形状 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ 雨漏り対策 (1)

今日は、ログハウスを選ぶ時に注意したいところ「ノッチ」についてお話しします。

ログハウスは、木を横に1段1段四隅で交差させながら積むことで立体的な構造を造りますが、その交差した部分「ノッチ」は、精度によって「隙間風」や「雨漏り」の原因となる最も重要な部分となります。

ホンカ 雨漏り対策 (3)

美しいですね(^.^)

外部は塗装を施し仕上げますが、台風のような風の強いときにノッチに強く雨がかかると室内に入ってきてしまうのではないかと心配になりますね。

ホンカではどのような対策が取られているでしょうか?

ホンカ 雨漏り対策 (4)

写真は、ホンカ・ログホームのノッチ形状です。
ログを積んでしまうと見えなくなってしまいますが、実はこのようなカーブした複雑な形状をしています。

ホンカ 雨漏り対策 (5)

深い溝が2本掘られていて、積み上げると上か下まで縦に溝がつながるような形状となっています。

万一、雨などの水がかかったとしても室内には進入させず
外に流れ落ちるようになっています。
これで安心ですね(^.^)

ホンカ 雨漏り対策 (2)

ログハウスは、新築当時は工場で精密に加工されたログを積むので隙間なくピッタリとしていても、建築後、乾燥による収縮によって隙間が空きやすくなる無垢の木を使った建物です。

ホンカでは、数々の経験を活かし、約60年の歴史を経て開発された最新のログをお届けしています。

ホンカ 雨漏り対策(6)

家としての精度はもちろん、美しく仕上がるよう追求されたログハウスを是非確認しに来てください。

ご見学希望の方、ご連絡お待ちしております。平井

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター  平井邦明
E-mail hirai@honka.co.jp
直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウス 海外施工例 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (1)

日頃私が海外の施工例を見て、インテリアの参考にしているのですが、最近とてもすてきだと思った施工例をご紹介したいと思います。

 

このホンカ・ログホームは、本国フィンランドのスポーツ選手【 Kaisa Mäkäräinenさん】のご自宅です。

Kaisa Mäkäräinen (2)

ワールドカップで2度の優勝経験がある方なんだそうです!
すごいですよね!

 

さて、私が最初に目に留まったのがこの平屋の室内空間です。

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (2)

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (3)

片流れの屋根で造られるこの天井の勾配、そして高さがあるログ壁。

白い壁にナチュラルカラーの建具。そこに合わせる家具たちのカラーバランス。すごく勉強になります。

この写真を見た時、カーテンが天井からさがっているところもやってみたいという衝動に駆られるのです!

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (4)

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (5)

海外では比較的多いのが、キッチンの床部分にタイルを貼ります。

そこにマットなブラックカラーのキッチンを置き、ログ壁の中で落ち着いた空間になっていますよね。

「 あぁ~!こういう写真を見るともっともっと断捨離したい! 」

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (6)

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (7)

そして、各部屋ごとに壁面に変化を持たせていて、おしゃれですよね。

しかも上の写真の部屋は、私が将来子供たちが巣立った後に、してみたいと思っていたお部屋のコーデイネートなんです。

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (8)

トレーニングルームもおしゃれにすれば、楽しくできるかも!

HONKA フィンランド KaisaMäkäräinen (9)

そして、やっぱりサウナですよね!

サウナ室にもホワイトカラーを取り入れ、モダンな感じに仕上げています。

私は、塗装をしたサウナ室を見るには初めてですが、皆さんは見たことありますか?

「 ん~、それにしても早く我が家にもサウナがほしいです!」

 

こうした写真を色々とみていると、HONKAに住んでいてもまだまだ夢が膨らみ、楽しくてしょうがありません。

今後も見学会などで皆さんにお会いして、こうしたお話を一緒に楽しみたいですね。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランド独立100周年記念ポップアップ FIN / 100イベント! 』 

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA UK ログハウス!

一昨日、私はフィンランド企業であるHONKAの一スタッフとして、アルテックJAPAN主催の「 フィンランド独立100周年記念ポップアップ FIN / 100イベント 」に、ホンカ・ダイレクト八ヶ岳の金澤さんと他スタッフと参加してきました。

参加といいましても、ただプレオープンパーティーに参加しただけではなく、朝から会場室内にホンカのミニログ「イイッカ ~ IIKKA ~ 」を建てるお手伝いをしてきたのです。

場所は東京ミッドタウン内の、港区立檜町公園に続く緑地「ミッドタウン・ガーデン」。

fin100 フィンランド独立記念日

朝から冬晴れの気持ちのいい日でしたので、外にいても寒さを感じることもなく、室内は窓ガラスから暖かい日差しが差し込み、作業をしていると汗が出て、暑いくらいの日でした。

今回イイッカの建て方を担当してくれたのは、主に八ヶ岳周辺のホンカを建築している近藤さんたちです。

早朝7時に到着し、早々に材料を搬入。私が着いた頃にはもう土台を設置し終わるところでした。

フィンランド ホンカ

フィンランド独立 FIN100 ホンカ HONKA (7)

変則な形をした室内でも、慣れた手つきでせっせとログを積んでいきます。

フィンランド独立 ホンカ

フィンランド独立 FIN100 ホンカ HONKA (8)

私も何かお手伝いはできないかと、周りをウロウロ。

そのうちある程度段数が積みあがってきたところで、ボランティアの女の子や金澤さんたちとログ積みに参加しました。

フィンランド ホンカ (2)

初めて見るログハウス、そして初めて触るログ材に女の子たちもとても楽しそうに積んでいきます。

私も早速脚立に乗り、ゴムのカケヤでログ積みのお手伝い。

HONKA フィンランド

フィンランド ホンカ

ログ積み ログキャビン

夢中になって行った作業ですが、とても楽しく参加させていただきました。「 普段体験できないことなので、とても楽しかったぁ~!近藤さん、他スタッフの皆さんありがとうございます!」

ホンカ ログハウス

こうして第一段階まで仕上げて、本日はこれにて終了!

このあと、「 Press Preview 」が開かれ、

フィンランド大使

Artek  フィンランド

Jukka Siukosaari(ユッカ・シウコサーリ)駐日フィンランド大使やArtek. Marianne Goebl CEOのご挨拶などがありました。

そして、このあと直接その方たちからお声をかけていただき、「 ホンカ・ログキャビンの良さを感じました。」とおっしゃっていただいたことがとてもうれしかったです。

このイベントは今年のクリスマス12月25日(月)まで開催しています!初日も大勢の方がいらっしゃり、大盛況でした。

ぜひ、フィンランドが好きな方、雑貨が好きな方、そしてホンカのログハウスに興味がある方、ぜひ遊びに行ってみてください。

私も機会があれば家族ともう一度訪れてみたいと思っています。

小俣 ホンカ 小俣

ホンカ イイッカ

 FIN/100 期間 : 2017年 12月6日(フィンランド独立記念日) – 12月25日(クリスマス)

場所 : 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3

住所 : 東京都港区赤坂9−7−6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内

時間 : 10:00 – 19:00 (会期中無休)

主催 : アルテック(Vitra株式会社) 参加ブランド : イッタラ/アラビア、ヨハンナ・グリクセン…、カウニステ フィンランド、ルミ、 ラプアン カンクリ、フローラ オブ フィンランド

協力 : フィンランドセンター、LOKAL、COMPANY、ホンカ・ジャパン、GOODIO

後援 : フィンランド大使館 クリエイティブディレクション : 林貴則[Polar Inc.]/ 熊野亘
特設サイト www.fin100.jp

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 フィンランドのログハウス研修記-2017 ~その⑤~ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの平井です。

ホンカ ログハウス工場 (8)

「フィンランドツアー2017」フィンランド研修記の5回目は、ホンカのカルストゥラ工場をご紹介します。

ホンカ ログハウス工場 (1)

カルストゥラ工場は、フィンランドのほぼ中央に位置し、広さはなんと約40ヘクタール。世界中のホンカはここで作られています。

ホンカ ログハウス工場 (2)

木材は原木から加工され、工場のラインで順番にログへと加工して行きます。

ホンカ ログハウス工場 (10)

工場内はとてもきれいで、徹底した品質管理が行われています。

ホンカ ログハウス工場 (6)

ラインに乗った木材は熟練したスタッフが一つ一つ管理します。

ホンカ ログハウス工場(12)

また、コンピューターで木材の節を細かく管理。死節など節が飛んでしまっているような木材を自動検出しています。

ホンカ ログハウス工場 (4)

製品の品質管理の部分では、フィンガージョイント(木材と木材をつなげる接着部分)の強度について、日々曲げ強度を測定し品質確認を行っています。

ホンカ ログハウス工場 (5)

その他、ログ材の品質確認も日々行われていて、ライン上でランダムにカットされたログ材を水圧機にかけ、ラミネート(接着)部分の精度を確認しています。

ホンカ ログハウス工場 (7)

完成したログ材は、1本1本人の手で丁寧にまとめられます。

ホンカ ログハウス工場(11)

ログ材は、ホンカのロゴが入った梱包材で、納品まできれいな状態でお届け出来るよう丁寧に梱包されます(^^)

ホンカ ログハウス工場 (3)

ログ材のほか、建具(窓、ドア)や床材、天井材などの仕上げ材など1棟分のすべての材料が整ったら出荷されます。今では世界50か国以上に出荷されています。日本へは船でコンテナ配送されています。

ホンカ ログハウス工場 (9)

因みにもう一つご紹介。工場内にはパワープラントを設け、工場内で出た木材のゴミを利用し発電しています。発電した電気は工場で自給するだけでなく、町の学校や病院などの公共施設や周辺の一部の住宅にも供給されています。

ホンカ・ログホームは、みなさまから注文を頂き、世界最新のログ工場でつくられ、品質徹底管理のもと、みなさまのもとへ直接お届けしています。

ログ材の作る工場工程など興味のある方は写真をご覧頂きながらご説明させて頂きますので遠慮なくご連絡ください。

フィンランド研修記、次回をお楽しみに。

平井

平井 邦明

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン                 ホームコーディネーター  平井邦明            E-mail hirai@honka.co.jp                  直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F    TEL 03-5778-4169            HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

 

 

 

 

『 ログハウスの良さ。VOL.3 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

WORLD OF HONKA (40)

今日はログハウスの良さ、 「  ログハウスはリラックスできる 」です。

 

独特の心地よさがあったり、気持ちをリラックスさせたり、健康になったりといった、木の家にはさまざまな効果があるという話をよく聞きませんか?

どれも十分に科学的に立証されているわけではありませんが、分厚い木が表しで使われているログハウスは、木の調湿機能と高い蓄熱性、防音性によるある種の快適さがあるのは間違いないのではないでしょうか。

温度変化の少ない高断熱の住宅に引っ越したところ、風邪など病気にかからなくなり、医療費の支出が減るという話は、実際の研究データとして報告されていますが、それは、高品質なログハウスにも当てはまると思われます。

長年にわたり数多くのログハウスを手掛けてきた方のお話では、「 すべて経験上の話でエビデンスがあるわけではありませんが、ログハウスを建てて住み始めてから持病が治ったというお話をよく聞くそうです。 」

小俣邸 新築時

現に我が家でも、次女が幼少のころからアトピー性皮膚炎に悩まされ、中学生のころ片頭痛持ちにもなりましたが、今ではアトピーもなくなり、片頭痛も軽減され、一生ログハウスに住み続けたいと言っています。

これらの話は科学的な検証が十分にされているわけではありませんが、実際にログハウスに暮らしていらっしゃる方にお話を聞いたり、宿泊体験をしてご自身でログハウスの良さを実感してみてはいかがでしょうか。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************