『 千葉県富津市 完成見学会の開催日が決定しました! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、年内最後のブログとして、千葉県富津市のU様邸の完成見学会の日程が決まりましたので、そのお知らせをしたいと思います。ログハウス 完成イメージパース 富津市1【 U様邸完成イメージパース 】

U様邸は、平屋シリーズの“クォーツ”プランをアレンジし、東京湾を一望できる高台の立地を活かしました。

千葉県富津市 完成見学会 ログハウス

LDKには幅5.8m高さ2.2mの大きな木製サッシを一面に並べ、そのLDKに面した広いテラスには屋根とガラス手摺を設置。

千葉県 富津市 キグミ ログハウス 埼玉県

海辺のリゾートをイメージしたログホームに仕上げていきます。

完成まで残り約1か月。施工担当のKIGUMIさんのクオリティーの高い施工技術と、ホンカのクオリティーを確認できるこの機会に、ぜひ見学会にいらしてください!

この年末年始休暇中にも受け付けておりますので、お気軽にご予約・お問い合わせください。お待ちしております! 小俣

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

現場の様子がわかるKIGUMIさんのブログ
➡ 〖 千葉県富津市 U様邸 〗

〇●〇●●〇 U様邸<クオーツ>完成見学会 〇●〇●●〇

開催日:2020年 1月25日(土)・26日(日)
時間: 10:00 ~ 17:00 (両日共)
場所: 千葉県富津市
※現地案内図は、ご予約時にお渡しします。
予約先:ホンカ・ジャパン / ホームコーディネーター 平井
平井E-mail  :  hirai@honka.co.jp
平井携帯:090-3132-1169

皆さまからのご予約、お待ちしております!

ホンカ・グローバル・カレンダー2020プレゼントは、
こちらから ⇒ http://honka-blog.jp/aoyama/?p=13260

2020年カレンダー 東京

今年も一年、大変お世話になりました。来年もたくさんの皆様の笑顔に出会えるよう、そして楽しく幸せなログライフを送って頂けるよう、関係者一同頑張っていきたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年を・・・。 平井邦明 小俣あけみ

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HP https://honka.jp/direct-tokyo/

*******************

『 来年1月末or2月初旬開催の完成見学会のお知らせ(予告編)! in千葉県富津市 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、来年(2020年)1月末or2月初旬に開催の完成見学会についてのお知らせ(予告編)です。

U様邸 ログハウス イメージカラーパース【 U様邸完成イメージパース 】

只今、施工担当のホンカ埼玉東KIGUMIさん達が、完成に向けて日々着々と仕上げ工事を行っています。

先日、ホームコーディネーターの平井がお施主様との打ち合わせのため、KIGUMIの浅子社長と現場に出向き、「 いつものように職人さん達の和気あいあいとした雰囲気の中で、丁寧な仕事をしていたよ。」と、帰ってきてから嬉しそうに私に話をしてくれました。

そのU様邸をお施主様のご厚意で、来年早々完成見学会を開催させて頂けることとなりました。

ホンカ ログハウス完成見学会予告 千葉県 富津市 (2)

ホンカ ログハウス完成見学会予告 千葉県 富津市 (1)

上の写真は室内の床の仕上げ工事も終わり、各部屋の外部建具周りのケーシング材を貼り始めたところの写真です。

U様邸は、DESIGN BOOK  2017-18の44ページに掲載してますkvaretsi_m〖 KVARTSI ~ クォーツ  ~ (29.7坪/98.1㎡)〗の平屋タイプをアレンジしました。

Print【 クォーツ スタンダードの間取り 】

この完成見学会では、U様邸の間取りを参考にしていただきながら、ログハウスの基本的な間取りの取り方や職人さん達のこだわりが伝わる細かい部分の納め方をご覧頂き、ホンカの部材だけでなく建物全体のクオリティーの高さをぜひ確認して頂きたいと思います。

日程につきましては、現場の進捗状況などにより検討中です。

詳細がわかり次第、このブログやKIGUMIさんのブログ、そしてホンカ・ジャパンのHPNEWなどでお知らせしますので、楽しみにしていてください。

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真 小俣

千葉県富津市の現場の様子 施工担当のKIGUMIさんのブログ

ホンカ・グローバル・カレンダー2020プレゼントは、こちらからhttp://honka-blog.jp/aoyama/?p=13260

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HP https://honka.jp/direct-tokyo/

*******************

『 建築の基礎知識 ㊵ 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識の中の建物の下の地盤についてお話ししたいと思います。

建築物が建つ土地、つまり地盤について考えてみたいと思います。

自分の家が建っている地面の下がどんな状態なのか?と、考えてみたことがありますか?私自身は、この仕事に携わっていたことから、お客様の建築予定地はもちろん、我が家を建てた時に地盤について色々情報収集をしたり、勉強をしました。

かつてはそこは沼地で、やわらかい粘土質の地盤かもしれない。それでも、家を建てるために適当な処置がなされていれば問題はありません。しかし、沼地の上に土をかけた程度ということもありえました。見た目にはまったくわかりません。

その上にいきなり重い建物を建てると、時間と共に地盤が沈んでいく、地盤沈下という現象が起こるかもしれません。

地盤沈下は次のようなメカニズムで発生します。

地盤沈下 ホンカ ログハウス 建築

土の中には水と空気がたくさん含まれています。その上に重い建物が乗ると、水と空気は絞り出されていきます。その分土は固く、密になりますが、地面あどんどん下がっていきます。これが地盤沈下なのです。

通常、地盤は何層かで形成されており、深いほど固くなります。例えば、日本の耕作地域では、一般的に地面から50㎝~1mくらいが表土で、やわらかい土の層なのです。その下から数mまでが火山灰や粘土などの混じりあった層。そして、さらにその下に固い層があります。

地盤の構成 ホンカ ログハウス 建築

地盤沈下を避けるためには、固い層まで掘って「建物の基礎」を作る必要があります。高層ビルや工場などの大きな建物の場合では、地中に鋼製の枠を差し込んで地盤を振動させるなどして、土の中から水を絞り出して固めておくなどの処理が必要なケースもあります。

次回のこのシリーズでは、建物の基礎の目的についてお話ししたいと思います。

只今千葉県富津市で施工中の現場を見学できますので、お気軽にお問い合わせください。

《 お問合せ・予約先 》
平井 E-mail:hirai@honka.co.jp
平井携帯電話:090-3132-1169

千葉県富津市の現場の様子 ➡ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・グローバル・カレンダー2020プレゼント! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの小俣です。

今年も残すところ3週間をきりました。日に日に寒さが増していき、寒いのが苦手な私は、ログホームの中で過ごす時間が長くなっています。

さて、この時期の我が家の恒例行事は、暮れの大掃除が大変にならないように、網戸の掃除をしたり、今日はお風呂場、明日はキッチン部など場所を決めて少しずつ掃除をしています。

ホンカ クリスマス

同時に、クリスマスの飾り付けをして当日を迎える準備に大忙しの我が家です。

そして、クリスマスを過ぎるとお正月。私を含め、皆さんが新年を迎える前に必ずする事のひとつがカレンダーの入れ替えですよね。

2020年カレンダー 東京1

そのカレンダーを、今回はホンカ・グローバル・カレンダー2020にしてみてはいかがでしょうか?

先日、ホンカ・ジャパン本社でもカレンダーの応募をしましたが、ホンカ・ダイレクト東京としても、より多くの方にお使いいただきたいと思い、このブログでも応募します!

尚、応募の条件としてホンカ・ダイレクトが担当しております関東圏の現場見学希望の方に限らせて頂きます。

詳細についてのお問い合わせやお申し込みは、下記まで!

なお、数に限りがありますので、先着5名様とさせていただきます。※応募の締め切りは、2019年12月31日までです。 小俣

“☆‘★“☆‘★“☆‘ カレンダープレゼント! “☆‘★“☆‘★“☆‘

【 お問い合わせ・お申し込み先 】
担当:小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
【 教えていただきたいこと 】
・ご希望の見学場所(例:千葉県富津市の現場)
・見学希望日時(例:2020年1月11日 午後)
・お名前
・ご住所
・お電話番号
・Eメールアドレス

おって、頂いたEメールアドレスに詳細をご連絡させて頂きます。

たくさんの方からのお問い合わせやご応募お待ちしております!

平井 小俣 ログハウス ホンカ 写真 小俣

千葉県富津市の現場の様子 ➡ 施工担当のKIGUMIさんのブログ

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HP https://honka.jp/direct-tokyo/

*******************

『 ログハウス専門誌「キノハス」が発売されました! 』

こんにちは。
ホームコーディネーターの平井です。

待ちに待ったログハウス専門誌「キノハス」が12月2日に発売されました!

ホンカ ログハウス キノハス

キノハスは、夢の丸太小屋に暮らすでおなじみの「ログハウスマガジン」の後継誌で、ログハウスの魅力をお伝えするログハウス専門誌です。

ホンカ ログハウス 愛知県 (1)

創刊号は、私が担当させて頂きました愛知県常滑市のY様邸を4ページにわたりご紹介しています。しかも、なんと表紙にも採用されました(^^♪

ホンカ 134mm (1)

Y様邸は、今年6月に完成した物件で、写真右側のMLL134(W134mm×H260mm)の大きいサイズのログで建てられました。

ホンカ ログハウス 愛知県 (6)

ダイニングキッチン全体が吹き抜け天井となり、作業スペースとして広くとった玄関土間と合わせると約31畳(49.87㎡)の大空間となっています。

ホンカ ログハウス 愛知県 (5)

こだわりのオールステンレスキッチンの横には、ドアよりも大きいサイズ(W1200×H2100)の大きな木製窓を設置し、キッチンに明かりを取り入れています。

ホンカ ログハウス 愛知県 (15)

庭にはバスケットのハーフコートを造りました。全面コンクリート敷きで、ゴールはなんとY様の自作。キノハスの取材に合わせ急ピッチで設置頂きました。素晴らしい出来となっていますので是非キノハスでご覧ください。

Y様邸(愛知県常滑市)の施工やキノハス取材風景はこちら。
http://honka-blog.jp/nagoya/?cat=41

すでに書店にて販売されています。ぜひ手に取って夢を叶えたログオーナー様たちの楽しいログライフをご覧ください。

平井

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター 平井邦明

E-mail hirai@honka.co.jp

直通電話 090-3132-1169(イイログ)

〒190-0011
東京都立川市高松町3-17-2
i-CAP building 5F(受付4F)
TEL  042-548-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************