カテゴリー別アーカイブ: 住宅雑学

『 建築の基礎知識 ⑫ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ 海外

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

前回は、建物にどんな力がかかるのか?について、お話しました。

今回は、もう少し細かく具体的に、建物の材料にどのような力が作用するのか考えてみたいと思います。

 

例えば、あなたのお部屋が2階建て住宅の1階にあるとしましょう。

上の部屋では、妹がピアノを弾いています。

このとき妹の部屋の床には、固定荷重である屋根、天井、壁などの重さと、積載荷重である妹、家具、本、ベット、そして重たいピアノなどの重さがかかります。

これらの重さによって極端に表すと、下の写真の左側のような状態になります。

住宅 ログハウス協会

外から力がかかると、材料の内部ではその力に抵抗する力が働きます。この力を応力といいます。

床に荷重がかかると、下に曲がります。この現象は、床の内部で曲げという応力が働くために起こります。この力を力学では曲げモーメントといいます。

例えば、上の写真右側のように、薄い板の両端を片手の指で支え、もう一方の手の指で上面をグッと押すと、板は下方向に大きく曲がります。この力がモーメントです。

このとき、板の中立線より下の部分は横に引っ張られ、上の部分は圧縮されています。床にもこれと同じ力が働きます。

これらの力を引張力、圧縮力といいます。

また、床の下には、床の重さを支える梁や小梁などが水平に設置されています。

せん断力 ホンカ

上側からピアノのような大きな荷重がかかり、下側からピアノ荷重を少しズレた一で支えようとする力が働くと、床には斜めに切断するような力が働きます。この力をせん断力といいます。

 

改めて材料にかかる力という観点から、いろいろ調べてみました。

なかなかおもしろいなと思う小俣でした。

【  今後のイベント情報! 】

ログハウス勉強会開催!(ホンカ物件&特選土地見学同時開催)

いよいよ明日です! 予約受付中!

http://honka-blog.jp/aoyama/?p=10919

茶話会 ログハウス ホンカ

現場見学随時受付中!

スタッフ一同、ご予約お待ちしております。

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター

小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F

TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識⑪ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ログハウス フランス ホンカ

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

 

皆さん、建物にはどんな力がかかるのか?と考えたことはありますか?

建物には、私達を自然から守り、安全を確保する役目があります。

その為に、建物は自然の力に負けない強さを持っていなくてはならないのです。では、いったい建物にはどんな力が働いているのでしょう。

 

まず、地球が物体をひきつける力、重力の影響を受けます。

屋根の重さは梁にかかり、柱へ伝わり、そして床に伝わり、それらが土台となる基礎にかかってきます。

これらの建物に対して上からかかる重さの事を荷重といい、建物自体の重さによる荷重を固定過重といいます。

また、その建物の中で暮らしている人、働いている人の体重、家具や家電製品、その他の荷物、それらすべての重さによる荷重を積載荷重といいます。

北国の豪雪地帯に建てられた建物の場合は、雪の影響が深刻です。

HONKA 照明13

屋根に積もった雪の重さで、家が押しつぶされてしまうことだってあります。この雪による荷重を積雪荷重といいます。

また日本は、地震が多いです。地面が縦、横にゆれ、建物が大きく揺さぶられます。

1995年の阪神・淡路大震災では、約25万8000棟もの住宅が全半壊したそうです。記憶に新しいは、2016年4月14日の熊本地震です。

ホンカのディーラーであるホンカ中九州 フォレストブルーさんのブログでもその様子をご紹介しています。

http://honka-blog.jp/nakakyushu/?cat=20

地震への対策は、建物を建設する上で重要な要素です。

それから、強風が吹き付けることによって建物に揺れが生じます。この風による影響は、建物が高いほど大きくなります。

 

さらに気温の影響も受けます。建物の材料は 暑いときには膨張し、寒いときには収縮します。気温の変化によって材料が収縮すると、建物にひずみが生じます。この気温の影響も考慮しなくてはなりません。

このように、建物の見た目やデザインだけでなく、自然の力から建物の構造体を考えるということも必要だなと改めて感じました。

 

次回は、材料に働く色々な力についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

最新イベント情報!

現場見学随時受付中!

ホンカ H様邸 (4)

多古町完成見学会を開催します!
詳細については、

ホンカつくば 伊勢喜工務店のHPNEWSや

http://honka.jp/tsukuba/?p=1142

ホンカ埼玉東 KIGUMIさんのブログをご覧ください!

http://honka-blog.jp/saitamahigashi/?p=4009

 *******************
 株式会社ホンカ・ジャパン                                                        / ホームコーディネーター                                                                              
             小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp                                   直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002                                   東京都渋谷区渋谷3丁目16-5                        SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169                              HP http://www.honka.co.jp/  
******************* 

『 建築の基礎知識⑩ 』

こんにちは!

ホームコーディネーターの小俣です。

海外施工例 室内(春)

今日は久しぶりに、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

さて、いままで建築の歴史をざっとお話ししてきましたが、もう少し建築の基礎的な知識をご紹介したいと思います。

 

建物というのは、ご存知のように住宅の他にもいろいろな種類があります。

通学・通勤中や街に出かけた時に何種類もの建築物が目に入ると思います。

それらの建物は、それぞれの特別な使用目的がありますので、造り方も形も違います。

あのすま会 ホームコンサート カルテット

例えば、コンサートホールはいい音をお客様に届けることが重要です。そのために騒音があってはいけません。

そこで、壁を厚くし、隙間から騒音が入ってくるのを防ぐため出入り口を二重にし、入口の手前に小さな部屋を設け、窓はなるべく設けないなどの工夫が大事になります。

さらに先に出た音が後から出てくる音の邪魔をしないように、吸音率の高い壁にするなど、いろいろな工夫をしています。

 

また、ドーム形屋根の野球場、東京ドーム、通称ビッグエッグは、日本で初めてつくられた大規模な室内加圧式のエアドームなんだそうです。

天井の膜がうまく支えられているのは、外の気圧より内部の気圧を高くしているからなのだそうです。

建築面積46755㎡、地上6階、地下2階、収容人数56000人という大きなドームで、雨、台風、地震などに耐え、温度・湿度を保ち、天井を支えているのは実は空気なんだそうです!驚きですね!

それからもう一つ。病院はどうでしょうか?

大きな病院では入院患者、外来患者、救急車で運ばれてくる急患などがいて、それぞれの患者をケアする病院側の職員の仕事も多様です。

建物もそんなきわめて複雑な病院の機能に対応するもの荷なっているそうです。

例えば、床に段差がなかったり、人や物それぞれ専用の出入り口があったりします。

ちなみに、ホンカ・ジャパンでも個人病院を建築しているんですよ。

花村医院 ※詳しくは、ホンカ飯田の施工例に載っています。

花村医院

花村医院1

前田脳神経外科

※詳しくはホンカ・リゾート富士五湖の施工例に載っています。

前田脳神経外科

前田脳神経外科1

どの建築物もそれぞれ独自の設計が必要ということですね。

 

いかがでしたか?

次回は、建築に関わる人達についてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ ログハウス 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン

/ ホームコーディネーター

小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp

直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5

SHOKAIビル 6F

TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識⑨ 』

こんにちは!

ホームコーディネーターの小俣です。

Honka-talvi-6

今日はシリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

前回お話ししたように鉄骨、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋といった技術が一般に普及すると、より背の高い建物の建設が可能になりましたが、1923年(大正12年)に起こった関東大震災によって、高い建物の建設に「 待った! 」がかかりました。

死者・行方不明者10万4000人、被害を受けた世帯69万戸というこの大惨事のあと、大地震に耐えられる建物として、高さが31mに制限されました。

つまり、31mというと13階建てくらいしか建設できません。

その為、各階の高さを低くして延べ床面積を大きくするビルが目立つようになりました。

その後、耐震技術の研究が進み、1963年に31mの高さ制限が撤廃され、その代わり敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合である容積率が規制されることになりました。

1968年に完成した霞が関ビルは、地下3階、地上36階、高さ147mのかつての高さ制限を大きく上回る超高層ビルとして有名になりました。

ちなみに、この霞が関ビルは当初9階建てで高さ31mで建設される予定だったそうです。しかし、超高層にした方が敷地内に占める建物の割合を小さくできるためゆとりができ、建物内部も明るくなるということから、36階建てになったそうです。

現在は背の高いビルが次々と建っていますが、耐震だけでなく、強風に耐える耐風設計もとても重要なものとなっています。

日本の名所にもなっている横浜ランドマークタワーは、レイト・モダニズムの建築家であるヒュー・スタビンスが設計したのですが、裾広がりの下層部と垂直な高層部の2つの部分に分けて構成し、耐震・耐風を考えた設計になっているのだそうです。

ホンカ O様邸(14)

ちなみに、ログハウスは品確法で定められた耐震等級の最高級である3の耐震力で設計することが可能となっており、建築基準法で定められた耐震力の1.5倍の強さがあります。

そして、一般住宅で等級3の建物を建てる場合は、費用がかかる場合が多いのですが、ログハウスではほとんど追加費用なしでこの耐震力が得られるので、なんてお得なんだろうと思ったのでした!

小俣 ホンカ ログハウス 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン

ホームコーディネーター   /   小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp

直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5

SHOKAIビル 6F

TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識⑧ 』

こんばんは!

ホームコーディネーターの小俣です。

honka

今日はシリーズでお伝えしております、建築の基礎知識について

お話したいと思います。

 

明治維新によって、国をあげて西洋の文化を取り入れようという気運が高まったそうです。

もちろん建築物もその例にもれず、西洋の技術が導入され、官庁関係の建物を創めとして、本格的な西洋建築が建てられました。

当初は、外国人が設計を手掛けていたそうですが、彼らの指導によって日本人建築家が育ち、多方面で活動を始めたのだそうです。

もともと日本建築は主に木材を使っていたのですが、このころから石やレンガを使った建築が出てきました。

しかし、日本は地震が多く、石やレンガは崩れやすい!

そこで、地震に備える耐震技術を向上させなければならなかったのです。

そして、鉄骨や鉄筋コンクリート、さらに鉄骨鉄筋コンクリートといった新しい材料が導入されるようになりました。

これらについては今後のブログで説明しますが、このような強い材料が建物の主要な部分に使われるようになったのです。

日本で本格的に鉄骨づくりの建物が建てられるようになったのは、1910年ころから。

1902年の三井銀行本店や、それに次ぐ日本橋丸善書店の建設などが、鉄骨づくりの先駆けとなったそうです。

その後、鉄筋コンクリートづくりが普及し、鉄骨づくりの丸善書店にも、床に鉄筋コンクリートが用いられました。

建物全体に鉄筋コンクリートが使われたのは、1911年の横浜の三井物産ビルが初めてだそうです。

地下1階、地上4階の白いレンガ張りのオフィスビルでした。

鉄骨鉄筋コンクリートづくりでは、三越の本店が1914年に建てられ、都市近代化のシンボルになりました。

5階建てで、中は5層分を貫いた吹き抜けになっていましたが、床は畳だったそうですが、関東大震災に遭い、数回の増改築を経て現在の形になっているそうですよ。

 

今回、明治維新以降、耐震性に優れた鉄骨づくりや経済合理性にもすぐれた鉄骨鉄筋コンクリートづくりなど、鉄骨・鉄筋を使用した建築が急速に普及したという歴史を知りました。

ホンカ 画像19

そして、同時にログハウス(丸太組工法)が耐震性に優れているということをもっともっと皆さん伝えていきたいと思いました!

http://www.honka.co.jp/about/comfort.html

下記のYoutubeは、日本ログハウス協会で行った「 実大 振動実験 」の様子です。ホンカも立ち合いました!

ぜひ、ご覧ください!

https://www.youtube.com/watch?v=xvoUyUF2v8s

小俣 小俣

< 構造見学会開催中!  > 

開催期間  2/4(土)~ 2/12(日)

開催時間  10:00 ~ 17:00

開催場所  茨城県つくば市

※ご予約時に案内図をお送りいたします。

駐車場に限りがございますので、お車でお越

しの方はご予約時にお申し付けください。

つくばEX研究学園駅からの送迎も可能です。

< 家づくり相談会同時開催中!  >

上記見学会会場にて、同時開催致します。

土地選び、資金計画、メーカーの選び方、

などなど、なんでもご相談ください。

きっとご計画のお役に立てると思います。

※ご予約時に、どのようなご相談をされたいか

内容をお伝え頂ければ当日までに資料を準備

して参ります。

詳細は、下記をご覧ください。

http://honka-blog.jp/aoyama/?p=10115

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン

ホームコーディネーター   /   小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp

直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5

SHOKAIビル 6F

TEL 03-5778-4169

HP http://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識⑦ 』

こんにちは!

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ カナダ

今日はシリーズでお伝えしております、建築の基礎知識について

お話したいと思います。

 

徳川幕府の鎖国制度によって、二百数十年もの間、日本は海外と

の交流を絶っていました。

ところが、1853年、アメリカのペリーの来航をきっかけに、開国

することになりました。

開国後は、海外から技術者や外交官、商人などが渡米し、その多

くは横浜や神戸、長崎などの港町の外国人居留地に家を建てて住

んでいました。

いまは観光名所になっており、中に入って見学できる西洋建築も

あります。

長崎には、大浦天守堂グラバー邸など、そのころに建てられた

西洋建築が残っており、多くの人が見学に訪れて、異国情緒を楽

しんでいるそうです。

1863年に建てられたグラバー邸は、日本に現存するもっとも古い

西洋建築のひとつで、国の重要文化財に指定されています。

当初の持ち主は、幕末から明治時代にかけて活躍したイギリス人

商人、トーマス・グラバーです。

この人は、倒幕を計る若い志士を助け、この邸宅の屋根裏部屋に

彼らをかくまっていたそうです。

 

グラバー邸は木造の平屋建てで、屋根は和小屋という日本独特の

形式です。

建物のまわりは石畳のベランダになっていて、ヨーロッパ諸国が

東南アジアの植民地に建てていた住宅の形式から来たといわれて

いるそうです。

また、もともとはL字だったのですが、増改築を重ね、中央から各

部屋がはりだしたクローバーのような形になったそうです。

 

全体的に開放的で、従来の日本住宅とは大きく異なりますが、

所々に日本的な部分もあり、和洋折衷という感じだそうです。

というのも、設計は外国人ですが、大工が日本人だったからだそ

うです。

このような外国人設計士による西洋風建物の影響を受け、日本の

建築は大きく変わっていくのでした。

 

今回もまた建築を通じて新たな歴史を知り、ログハウスだけでな

く、建築の歴史を子供たちに教えてあげたくなりました!

 

次回は、耐震技術の発達についてご紹介します。

小俣 小俣

**************************

株式会社ホンカ・ジャパン / ホームコーディネーター

小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp

直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F

TEL 03-5778-4169  HP http://www.honka.co.jp/

***************************

『 愛犬や愛猫が暮らしやすい住まいの工夫。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 外観サイズ変更

今日は、愛犬や愛猫が快適に、心豊かに暮らせる住まいの工夫を

お伝えしたいと思います。

 

ペットと暮らす人たちにとって、愛犬や愛猫の存在は大きいも

のですよね。

ホンカ 犬 ペット5

人生になくてはならない大切な伴侶だと思います。

そんな愛するペットたちには、自分たちと一緒に日々の暮らしを

最高にハッピーに、快適に過ごしてほしいものですよね。

癒しやぬくもりをくれる彼らへの恩返しの気持ちもこめて、ペッ

トが暮らしやすいようにする工夫をしてみましょう。

ホンカ 犬 ペット4

人ならラクラク上り下りできる階段も、人間より歩幅が小さい犬

や猫にとっては結構な負担になる可能性があります。

特にコーギーのような腰を痛めやすい犬種の場合、急な階段の上

り下りで腰のヘルニアなどを発症してしまうことも。

ペットに優しい階段を作るなら、1段の高さは低めに、踊り場の

面積を広くとってあげましょう。急角度で下りる場合に比べ、腰

への負担は格段に軽くなります。

 

家具を床から浮かせて配置することで、ミニチュアダックスのよ

うな犬種が通るための道を確保してみるというのはいかがでしょ

う。

さらに、TVや関連機器の配線が愛犬の感電を招かないよう、家具

の中に配線を内蔵させる作りにします。

こうすることで配線にほこりが絡むこともなくなり、家族のほこ

りアレルギーが改善した事例もあるそうです。

また、各部屋のコンセントも少し高い位置に設置することで、家

主の方の腰への負担が軽減されますよね。

ペットのためのひと工夫が人にとってもプラスに働きますよ

ね。

ホンカ 犬 ペット3

ペットは大切な家族です。

でも、多くの場合、家族の中で最も早く「さよなら」を言うとき

が来てしまうの存在でもあります。

人間よりも短いその生涯を、少しでも快適に、幸せに過ごしてほ

しいですよね。

※山中湖にワンちゃんと泊まれるホンカがあります※

「エルフォ」と「クラス・ザ・ウルフ」

小俣 小俣

**************************

株式会社ホンカ・ジャパン / ホームコーディネーター

小俣 あけみ

E-mail omata@honka.co.jp

直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F

TEL 03-5778-4169  HP http://www.honka.co.jp/

***************************

『 ログハウスに住みたい!と思ったきっかけ。② 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

Honka-talvi-2

今日は、私がこの仕事に携わり、ログハウスの事をあらゆる角度

から勉強し、私はもちろんの事、私達家族が「木の板を貼った家

ではなく、ログハウスに住みたい!」と、思ったきっかけになっ

たことを、数回に分けてご紹介していきたいと思います。

 

2回目の今日は、ログ(丸太)の耐水性についてです。

当時、私の家族が口々に「 木は腐ってすぐに壊れてしまうか

ら、長持ちしないでしょ?」といっていました。

その時に説明した一部が、下記のような内容でした。

 

ログの耐水性は、ログの含水率に左右されます。

ログの腐り、青カビなどは、ログの含水率が20%以上で、気温が

5%以上の条件がそろった場合に生じます。

空気中の湿度が長期間にわたって85%以上になった場合、ログの

含水率が20%以上になることがあります。

ログ壁の下部は、雨あるいは雨の跳ね返りに晒され、腐りやすい

ので注意が必要です。

 

基礎コンクリートの中にある湿気によっても、ログの腐れが生じ

ることがあるため、基礎の仕様がそのことを考慮された施工に

なっているかどうかも重要です。

 

菌が繁殖する条件は学術書などによると6つぐらいの条件がある

そうですが、 簡単に実際的なことから言うと2つだけなのです。

水と酸素の2つが同時に存在することです。

つまり、水か酸素のどちらかがなければ腐らないのです。

法隆寺の柱が腐らないのは、水がかかってもすぐ下に流れ落ち、

風通しが良いからなのです。

 

また、水の中につけられたり、土のなかに埋められていると、酸

素がないため木は腐りません。

古代の修羅が原形のまま発掘されたり、1500年前の飛鳥のお

寺の柱が出てくるのはこのためなのです。

「 なるほど!」と、家族も納得してくれたお話しでした。

小俣邸 雪景色

次回は、ログのセトリングについてお伝えします。

http://honka-blog.jp/aoyama/wp-content/uploads/2016/03/9cb51960a3f31c23907a8f7188c9940b.jpg 小俣

**************************

株式会社ホンカ・ジャパン / ホームコーディネーター

小俣 あけみ
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169  HP http://www.honka.co.jp/
***************************

『 ログハウスに住みたい!と思ったきっかけ。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 工場

今日は、私がこの仕事に携わり、ログハウスの事をあらゆる角度

から勉強し、私はもちろんの事、私達家族が「木の板を貼った家

ではなく、ログハウスに住みたい!」と、思ったきっかけになっ

たことを、数回に分けてご紹介していきたいと思います。

 

最初の今日は、ログの含水率と割れについてです。

HONKA 木

木は、吸湿性のある材料で、その含水率は周りの空気の湿度及び

温度に左右されます。

【 木を乾燥させているホンカの自社工場  】HONKA 含水率

加工段階で、強制乾燥させたログの含水率は、冬季には内部にお

いて約11%、雨に直接あたらない外部において約15%といわれて

います。

また、夏季には内部で11~15%、外部では約15%になります。

日光が直接あたる場所では、ログの含水率は多少下がります。

これは立地によって多少の数値の違いがあります。

 

次に、木の収縮率についてお話します。

ホンカ 丸ログ

木の収縮率は方向によって違うため、木が乾燥するにしたがって

内部に応力が生じます。

この応力が木の引っ張り強度を超えた場合、木の割れを生じさせ

ます。

割れの程度はログの含水率及びサイズに左右されます。

大きなサイズのログを自然乾燥させた場合、大きな割れが生じる

ことがあります。

ログに生じる割れは、一般にログの断熱性にあまり影響のないも

のとされています。

空気中の湿度の変化に伴い、ログの含水率も変化し、その結果、

割れの程度にも変化が生じます。

そうした含水率の変化を繰り返すことによって、ログの1本1本が

固くなり、積み重なっている部分の気密性が増し、強度を増して

いくとも言えます。

小俣邸 テーブル イケア

ちなみに、強度が増すという安心感にプラスα、私達家族が室内の

快適さを最も実感するのが、湿気の多い梅雨の時期です。

これは、実際にログホームの室内で生活していて、ジメジメする

ということを感じないことや、我が家を訪れる方が「  雨が降り続

いているのに、室内がすごくカラリとしている!」と口々におっ

しゃっるからです。

改めて木の素晴らしさを実感する瞬間ですね。

小俣 小俣

Have a Merry Christmas!

ホンカ 画像4

**************************

株式会社ホンカ・ジャパン / ホームコーディネーター
小俣 あけみ
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169  HP http://www.honka.co.jp/
***************************

『 年末の大掃除。タイルのお手入れも忘れずに! 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

Honka-talvi-2

年末も差し迫るころ、今年最後のイベントとして「 大掃除 」があ

りますよね。

我が家では休日の度に、いつもより念入りに時間をかけて少しず

つ各所を掃除しています。

寒い地域なので、暮れの大掃除はとってもつらいものがあります

から・・・。

 

さて、そんな大掃除を前に今日はタイルのお掃除方法についてご

紹介したいと思います。

まずは、【 玄関 】

泥汚れ

汚れの原因    

ほとんどの汚れは、履物について持ち込まれた泥土が原因で発生します。          

 お手入れ方法   

ホウキで土埃りを取り除いてから、よく絞った雑巾で水拭きしてください。汚れが取れにくい場合中性洗剤やクレンザ-を使ってこすり取ってください。また、床タイル用ワックスを塗布しておくと汚れがつき難くお掃除が楽になります。

注意点

 集合住宅の場合など防水処理がされていないことが多く、水をまくと階下へ水漏れしてしまうので注意してください。少しの水拭きで充分です。

次に、【 バスルームの汚れ・ヌメリ付着滑り 】

 

汚れの原因  

タイル表面に湯垢、石鹸かす、シャンプーの泡が付着したままにしておくと、汚れ・ヌメリが発生します。

お手入れ方法

通常は、浴室用中性洗剤をかけ、スポンジ・不織布ナイロンブラシでこすります。頑固に付着してしまったものは、液体クレンザーを用いて根気よくこすり取ってください。日頃のこまめなお掃除が有効です。
注意点

液体クレンザーでこする場合は、あまり強くこすらないようにしてください。タイル表面を傷つける恐れがあります。また、お掃除の後はクレンザーが残らないよう充分洗い流してください。

目地の汚れ

汚れの原因

湿気の多い浴室では、換気が悪かったり、石鹸カス、垢などの汚れが付着していると発生します。
お手入れ方法もし、かびが発生してしまったら、漂白殺菌作用のある塩素系洗剤で拭き取ってください。入浴後に洗い流し換気を行うことが一番のかび予防になります。さらに、消毒用アルコ-ルを塗っておくと予防効果があがります。
注意点

酸性系洗剤は、強力なためタイル及び目地を傷めないように薄めて使用してください。また、洗剤の取り扱いは説明書に従い複数の洗剤の混合を行わず、換気に注意して行ってください。  

もらいサビ

汚れの原因

 ヘアーピン・髭剃りの刃などのサビが付着したものです。            

お手入れ方法

酸性系洗剤や洗濯用の漂白剤を用いて拭き取ってください。酸性系洗剤は、タイルを傷めないよう薄めて使用してください。汚れがしつこい場合は、洗剤をふりかけ乾かないようにビニールをかぶせ一時間程度してからふき取るとよく取れます。

注意点

酸性系洗剤は、強力なためタイル及び目地を傷めないように薄めて使用してください。また、洗剤の取り扱いは説明書に従い複数の洗剤の混合を行わず、換気に注意して行ってください。 

次は、【 コンロ前などのタイルの汚れ 】

目地のカビ

汚れの原因

キッチンまわりでの汚れは、料理の際の飛び跳ねた油、調味料等の付着汚れです。
お手入れ方法通常のタイルのお手入れでは、水拭き充分落とすことができますが、こびりついた油などは市販の中性洗剤を薄めてスポンジ等に含ませてふき取ってください。
注意点

研磨剤入りクレンザ-は、タイル表面を傷つける場合があるため使用しないでください。   

目地の汚れ

汚れの原因

 油が目地セメントに付着した汚れです。

お手入れ方法

 使い古した歯ブラシなどに洗剤をつけて軽くこすり拭きとってください。最近は、汚れの目立たないカラー目地もあり、 汚れの目立つ部分にはおすすめです。
注意点

研磨剤入りクレンザ-は、タイル表面を傷つける場合があるため使用しないでください。

次は、【 トイレ 】

床タイルの汚れ

汚れの原因

飛散尿などにより雑菌の繁殖、悪臭の発生、黄ばみ汚れが発生します。

お手入れ方法日常のこまめな掃除が一番の予防となりますが、汚れた場合は、トイレ用酸性系洗剤や漂白剤をもちいて掃除してください。
 注意点

酸性系洗剤は、強力なためタイル及び目地を傷めないように薄めて使用してください。また、洗剤の取り扱いは説明書に従い複数の洗剤の混合を行わず、換気に注意して行ってください。

 

最後に、  【 簡単な補修について 】

簡単なタイルのヒビ割れ

補修法

ヒビ部分にエポキシ剤をすりこみ表面をふきとる。

注意点

タイルの色に合ったエポキシ剤の色を選んでください。
目地のヒビ割れ・欠落

補修法補修部分を充分乾燥させた後タイル用目地セメントで補修してください。バスタブ及び窓枠等とタイルの間の亀裂には、シリコ-ン系の弾性目地材を使って補修してください。

 注意点  

周辺の浮いている目地もマイナスドライバ-等を使ってかきとってから目地入れを行ってください。

ホンカ サウナ

いかがでしょう。

日頃から、少しずつお手入れしていると年末の大掃除もだいぶ楽

になりますよね。

いつもそう思いながら、暮れが近づいてから動き出す小俣でし

た。

小俣

**************************

株式会社ホンカ・ジャパン / ホームコーディネーター
小俣 あけみ
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 6F
TEL 03-5778-4169  HP http://www.honka.co.jp/
***************************