カテゴリー別アーカイブ: 住宅雑学

『 建築の基礎知識 ㉘ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 2018.8.11

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

今回は、鋼材の熱への対策についてです。

鋼鉄の熱への対策としては、火や熱に強い材料を鋼鉄の表面に張り付けて、熱の侵入を防ぐのが効果的です。

建築の基礎知識1

建築物の構造や設備などについての制限を定めた法律である建築基準法では、建物の大きさや構造などによって、防火材を使うことを義務づけています。

また、鋼鉄を製造する途中でクロム(金属の一種)を加えた特殊鋼のFR鋼(Fire Resistant鋼:耐火鋼)は、そのままで耐熱性があります。

鋼鉄が朽ちるのを防ぐことも大きな課題です。

建築の基礎知識2

鋼鉄などの金属が朽ちることを腐食といい、その原因には、サビや電食などがあります。

サビは身近によく見られる現象で、鋼鉄が空気中の酸素と結合して起こる酸化反応によってできます。

鉄筋コンクリートの中の鉄筋は、コンクリートに覆われているので、サビの心配は少ないです。

鋼鉄をむき出しで使う場合は、大気中の酸素や水などに直接触れてしまうので、サビやすいです。

電食というのは、鋼鉄に他の金属が接触して電気化学反応が起こり、その結果、腐食してしまうことです。このような状態で力がかかると壊れてしまいます。

建築の基礎知識3

腐食を防ぐ効果的な方法には、鋼鉄に塗料を塗ったり、ニッケルやクロム、亜鉛などの金属の薄い層をつける電気メッキ、溶融メッキなどがあります。

また、プラスティック・コーティングもよく用いられています。

以上、鋼鉄を長持ちさせる方法でした。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識㉗ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ インテリア20

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

今回は、鋼材の特徴について。

ホンカの歴史 鋼材の形

鋼鉄は細い棒状にされて、鉄筋コンクリートに使われるほか、下記のようなさまざまな形に加工されて、梁や柱などの建物の骨格をなす主要な部分に使用されます。

ホンカの歴史 鋼材の強度

強度については、特に引張理に対する力がい強いですさらに靭性が高く、粘り強いのです。

薄くても重さに耐える力が強いので、固定荷重の大きな背の高い建物の部材として、うってつけの材料なのです。

ところで、鋼鉄には炭素が含まれています。ほんのわずかな量なのですが、これが鋼鉄の強度を決めているのです。炭素の含有量が多いほど固くて曲がりにくく、丈夫ですが加工しにくいという特徴があります。

炭素が少ないと強度は低いのですが、やわらかく、扱いやすいというメリットがあります。

つまり、炭素の量を調整することによって性質を変え、用途に適した鋼鉄を作っているのです。

鋼鉄の中でも、特殊鋼あるいは合金鋼といって、マンガンやニッケルといった金属を加えてつくるものがあります。

ホンカの歴史 鋼材 性質

これは、引張力などをより大きくするためで、特にマンガンを入れると強度、硬度、靭性ともに大きくなります。

また、鋼鉄は温度によって強度が変化します。

ホンカの歴史 鋼材と温度

600℃あたりになると、建材としての役をなさなくなります。そして、1000℃で強度がほとんどなくなり、1500℃になると溶けてしまいます。

炎を出して燃えることはありませんが、熱によって弱くなり変形します。場合によっては、崩れてしまうこともあり得得ます。

そのため、鋼鉄は火災には弱い材料なので、耐熱対策が必要になるのです。

今回、鋼鉄が火災に弱いと聞いて意外だと思われた方が多いのではないでしょうか。

次回は、熱への対策についてお話したいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

【 HONKA  FAN MEETING 2018 】

今年のホンカ・ファンミーティングは・・・。

http://honka-blog.jp/aoyama/?p=12294

詳細・お申し込みはこちらから

http://honka.co.jp/hfm2018/

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識㉖ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

洗面台20

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

 

日本で建築物に鉄が大規模に使われるようになったのは、明治時代、19世紀の終わりごろだそうです。

建築材料としては比較的新しいが、弥生時代にはすでに、刃物や馬具などに使われていたようです。

鉄の原材料は鉄鋼石。鉄と酸素が化学反応を起こすと、酸化鉄(ザビ)ができますが、実は鉄鉱石の正体はこの酸化鉄なのだそうです。

もともと自然界に存在していた酸化鉄に手を加えて鉄をつくります。

それが雨に濡れたり、長い間大気に触れて酸化すると、酸化鉄ができます。つまり循環しているということですね。

では、酸化鉄からどうやって鉄がつくられるのでしょうか?

それは、鉄鉱石を溶鉱炉に入れ、1200~1400℃の高熱で溶かし、この状態のものを銑鉄(せんてつ)と呼ぶそうです。

それを別の炉に入れ、余分な炭素や不純物を取り除きます。それを型に入れて固まりにし、さらに板状や棒状の形に加工します。

これが建築の材料ということですね。

鉄鉱石からつくられるものを、まとめて鉄ということが多いですが、中に含まれる炭素の少ない順に、軟鉄(なんてつ)、鋼鉄(こうてつ)、鋳鉄(ちゅうてつ)に分けられるそうです。

この中で、建築材料として使われるのはほとんど鋼鉄です。

また鋼鉄の中でも炭素の含有量によって、低炭素鋼(炭素含有量約0.03~0.3%)、中位炭素鋼(約0.3~0.35%)、高炭素鋼(約0.35~2.0%)に大別されるそうです。

建物の構造を支える材料としては、低炭素鋼が使用されます。

また、中位炭素鋼はレールや車輛など、高炭素鋼はバネやピアノ線などに用いられるのだそうです。

このシリ-ズで色々調べていると、意外なことやなるほど!と思うことがあり、もっともっと知識を深めていきたいなと思う小俣でした。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識㉕ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 春1

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

 

今日は、プレストレストコンクリートについてです。

コンクリートは、工場で材料を混ぜ合わせてから工事現場に運び、流し込んで固めるのが主流になっています( 『 建築の基礎知識㉒ 』参照)が、さらに固めるところまでを工場で行うこともあります。

これを、プレキャストコンクリート( Precast Concrete:あらかじめ形成したコンクリート )といいます。

工場でつくるので、品質管理が行き届きます。ビルや工場の外壁などのほか、住宅にも用いられているようです。

鉄筋コンクリートをさらに強化しましたプレストレストコンクリート( Prestressed Concrete )も、プレキャストコンクリートの」ひとつです。これは、あらかじめ圧縮されたコンクリートです。

例えば、広い場所で大勢が働くオフィスビルなどの場合、鉄筋コンクリートの床でもまだ頼りないかもしれません。

床を厚くしたり、中の鉄筋を太くすればいいのですが、そうすると床の重量が大きくなり、床を支える柱を太くしなくてはなりません。

そうすると、余計なお金がかかり不経済ですし、柱のスペースのせいでオフィスの面積が小さくなりますよね。

プレストプレスコンクリートはこうした問題を解消します。

あらかじめコンクリートに圧縮をかけることによって、ビルが完成したときにかかると思われる荷重によって生じる引張力を打ち消すのです。

このように、コンクリートの弱点を補う技術が色々と開発されているのです。

次回は、鉄はどうやって作られるのか?についてお話します。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識㉔ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA 平屋

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

前回の続きです。

引張に強いものなら鉄筋でなくても、木や竹だっていいのでは?むしろその方が安上がりではないかと思う人もいらっしゃると思います。

ところが、コンクリートと鉄筋を組み合わせるのには理由があるのです。

温度が上がると材料は膨張します。このときの物質の体積の増加率を膨張率といいます。

材料は、夏、気温が上がると膨張し、冬、気温が下がると収縮し、を繰り返します。このとき、もし膨張率の異なる材料がコンクリートの中に入っていたら、コンクリートと中の材料が次第にズレてしまいます。

しかし、コンクリートと鉄の膨張率はとても近いので、このズレが生じにくいのです。

また、鉄筋は水に濡れたまま放っておくとサビます。このサビの正体は、酸化鉄。酸化鉄は、鉄が酸素と結合して起こる化学反応(酸化といいます)によってできます。

鉄は酸性の物質に触れると酸化してザビが生じてしまいますが、アルカリ性の物質の中に入っていれば、サビる心配はありません。

都合の良いことに、コンクリートはアルカリ性の物質なのです。つまり、コンクリートの中に入っている鉄筋はサビないのです。

これが、コンクリートと鉄筋の相性がいい理由です。

次回は、プレストレストコンクリートについてお話ししたいと思います。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

 

 

 

 

『 建築の基礎知識㉓ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ 施工例2jpg

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

 

前回の続きです。

コンクリートというのは、圧縮には強いのですが、引っ張りには弱く、引張力は圧縮強度の10分の1程度の強さしかないそうです。また、靭性“ジンセイ”(粘り強さの事)が低いそうです。

例えば、台の上に木の板を乗せ、その上に重いものを置くと木はたわみます。それが限界を超えると板は折れてしまうのですが、限度までは形を変えながらも壊れません。

これがコンクリートの場合、重いものを乗せてもたわまずに、ある重さを超えるといきなり壊れます。

この場合、木よりコンクリートの方が靭性が低いといえます。
引っ張りに弱く、靭性がありません。

これでは、コンクリートを建物の主要な材料に使うのは、危ない!ということで考えられたのが、鉄筋コンクリートだそうです。

鉄筋は、鉄に少量の炭素を混ぜた鋼鉄の固まりを棒状に伸ばしたものです。この鉄筋をコンクリートの中に入れて、鉄筋とコンクリートを1つの材料として加工したものが鉄筋コンクリートです。

近年、鉄筋コンクリートに用いる鉄筋は、表面が型押しによってデコボコに成型され、摩擦力によってコンクリートとのズレを防いでいる異形棒鋼“イケイボウコウ”がほとんどです。

こうすることによって、コンクリートの引張に対する弱さと靭性の低さを鉄筋がうまい具合に補っているのです。

鉄筋コンクリートは、英語でReinforced  Concrete( 直訳すると、補強されたコンクリート。略してRC )といいます。

例えば、コンクリートの梁の真ん中に、重いものを乗せます。

すると、引張に弱いコンクリートの下面にはヒビが入り、下手をすると壊れてしまいます。そこで、下面近くに鉄筋を入れると、引張に強い鉄筋が梁にかかる引張力の大部分を負担してくれるということになるのです。

次回は、コンクリートと鉄筋の相性についてお話します。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

 

 

『 建築の基礎知識㉒ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

  ホンカ ロシア 雪

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

 

前回の続きです。

建物の完成直後は、コンクリートに水分がたくさん含まれています。

その理由は、コンクリート工事を行いやすいように、コンクリートが固まるために必要な水量の2~4倍の水を混ぜるからです。

この余分な水分は、5年くらいかけて減り続けます。

つまり、この間水分が蒸発し続けているため、コンクリートに囲まれた部屋は、耐火性、耐熱性に優れていることになります。

しかし、水分がなかなか抜けていかず、湿度が高いという点は否めません。

 

皆さんは、このコンクリートはどうやって」作っているのか?杜考えたことがありますか?

以前は、工事現場で材料を混ぜ合わせて作っていたそうですが、最近では、製造工場でコンクリートを作ってから、固まらないううちにトラックミキサーと呼ばれる車で現場へ運ぶことが多くなってきました。

コンクリートは微妙な調合によって性質が決まってしまうので、現場で作業するよりも、専門の工場で製造したほうが、品質が安定します。

ただし、道が渋滞して現場に着くまでに時間がかかりすぎると、途中でコンクリートが固まってしまうこともあり得ます。

そういうことを考慮して、工場では水以外の材料だけを混ぜておいて(空練りといいます)、現場で使う直前に水を加えるという方法もあるそうです。 なるほど!です。

調合が難しいし、運搬の時間制限などもありますが、コンクリートには様々なメリットがあります。

セメントや砂に砂利、水といった、日本でたくさん算出される安い原料で作ることができます。

それに、天然材料のように、もともとあるものを必要な形に加工するのではなく、使う人が原料の調合を決めて好きな形に加工することができるという、使い勝手の良さがあるのです。

 

次回は、コンクリートの弱点を補うことについてお話します。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウス  家を買うときに知っておいてほしいこと。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

HONKA ログハウス  室内

あけましておめでとうございます。
本年も平井共々よろしくお願いします。

 

さて、本年最初のブログは・・・。

家を買うとお得な税制をご紹介します。

以前のブログでもご紹介しましたが 、住宅ローン控除という制度があります。

住宅ローン残高の1%相当額が10年間、所得税から減税されるという制度です。

控除対象となる残高の上限は4000万円(長期優良住宅などは5000万円)で、控除額は最大400万円(同500万円)です。

所得税から控除しきれない額は住民税からも一定額まで控除が可能です。

そして、利用するには条件があります。

・利用できる期限は、2021年12月31日の入居日まで。

・利用できる主な条件は、所得金額が3000万円以下で、住宅ローンの返済期間が10年以上であること。そして、登記簿上の床面積が50㎡以上。

・必要な手続きは、入居の翌年3月15日までに税務署で確定申告を行います。

海外施工例 室内(冬)

家を買うときのお得な情報は、次回も続きます。お楽しみに!

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 ホンカ・ログハウス  家を買うときに知っておいてほしいこと。 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

Honka 室内 ログハウス

家を買うときに知っておいてほしい住宅ローンや税金、各種制度の基本的な知識を数回に分けてご紹介しています。

 

今日は、家を買うとどんな税金がかかるのかご紹介します。

 

皆さん、ご存知のように不動産を購入・所有すると税金がかかります。

ホンカ リビング

家を買うと、登録免許税や不動産取得税などの一時的な税金や、固定資産税などの継続的な税金がかかります。

これらの税金はマイホーム購入の場合に軽減が受けられるケースが多いのですが、専有面積が50㎡以上などの条件が付く場合があります。

●買うとき、一度だけ支払う税

《 印紙税 》
契約の際に貼る印紙代。2018年3月31日までの売買契約は軽減されます。契約書の記載金額に応じて1万円~6万円程度です。

《 登録免許税 》
所有権などの投機にかかります。登記簿上の床面積50㎡以上なら軽減されます。価格や登記の種類により数万円~20万円程度です。

《 不動産取得税 》
取得後にかかります。床面積(共用部分の持ち分面積を含みます)50㎡以上で軽減されます。軽減によりゼロになる場合も多いです。

●購入後、継続的に支払う税

《 固定資産税 》
毎年かかります。床面積(共用部分の持ち分面積を含みます)50㎡以上で建物分が新築から5年間半額になります。年に数万円~20万円程度です。

《 都市計画税 》
固定資産税と同様に入居後毎年かかります。一律の軽減措置ななく、自治体により税率が異なります。年に数万円~10万円程度です。

ぜひ参考にしてみてください。

次回は、お得な税制についてご紹介します。

□◆◇■ 年末年始休業のお知らせ □◆◇■

2017年12月27日(水)~ 2018年1月5日(金)

皆さん、思い出に残る年末年始をお過ごしください。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************

『 建築の基礎知識㉑ 』

こんにちは。

ホームコーディネーターの小俣です。

ホンカ 海外フィンランド

今日は、シリーズでお伝えしております、建築の基礎知識についてお話したいと思います。

前回の続きです。

品質のコンクリートをつくるには、材料調合比や均一に練ること、温度の管理と水の量が大切だそうです。

特に水の量は、コンクリートの強度や耐久性などの品質に大きくかかわるので、コンクリートをつくるうえでもっとも重要なポイントといえます。

建築_ログハウス コンクリート

水とセメントの質量の割合を水セメント比といい、W/C(Water-Cement ratio)で表します。

例えば、水が180㎏でセメントが300㎏の場合、180÷300=0.6で、水セメント比は60%となります。

一般に、W/Cが小さいほど固くて強いコンクリートになります。

ただし、水の量が少ないと水和反応がうまくいかず、型に流し込みにくくなります。

ですが、流し込みやすいからとあまりたくさんの水を混ぜると、コンクリートの強度が落ちます。

一番いいのは、流し込みやすい範囲内で、なるべく水を少なくするということになります。

水の比率が性質を左右するということですね。

 

また、コンクリートの固さを調べるには、スランプテストを用います。

建築_ログハウス コンクリート1

この図のようなスランプコーンという入れ物の上からコンクリートをつめ込み、スランプコーンを上へ引き上げます。

このときのスランプコーンの高さとコンクリートの山の高さの差(cm)をスランプ値といい、水が多く、やわらかいほどスランプ値は多くなります。

建築物の壁や梁、柱などに使うコンクリートの場合は、スランプ値20~22cmくらいが一般的です。

一方、ダムや橋などの土木建造物に使う場合は12~16cmくらいだそうです。

というのも、建築の場合は、狭いところにコンクリートを流し込んだり、そのあいだに鉄筋が入ったりするので、流し込みやすいコンクリートでなければならないからです。

 

調合で品質が決まるコンクリートは、水の量がポイントということになりますね。

次回は、コンクリートの品質を安定させるについてお話します。

□◆◇■ 年末年始休業のお知らせ □◆◇■

2017年12月27日(水)~ 2018年1月5日(金)

皆さん、思い出に残る年末年始をお過ごしください。

小俣 ホンカ 小俣

*******************

株式会社ホンカ・ジャパン
ホームコーディネーター
小俣 あけみ
E-mail omata@honka.co.jp
直通電話 080-7044-6911(ログイイ)

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目16-5
SHOKAIビル 6F
TEL  03-5778-4169
HPhttp://www.honka.co.jp/

*******************