塗装作業

DSC01175

今日はウッドデッキの塗装作業をしました。

以前ブログで、人工木材をご紹介させて頂いたかと思いますが、、、、、、、

やっぱり、本物の木もいいですね!

特に、塗装を塗ると木目が際立っていっそう雰囲気アップです(笑)

無垢の木でウッドデッキを作る場合、耐久性をあげると硬質な肌触りになりやすく、手に馴染む材質にするほど耐久性に劣る傾向があります。

どこでバランスをとるか、また加工の形状にも大きく左右されるので、選定が難しいですが、思った通りの木に巡り合えた時は、非常に嬉しい瞬間でもあります。

現場での取り付けが非常に楽しみです!

モデルハウスプラン

以前、ブログにてモデルハウス建築候補地をご紹介させて頂きましたが、今回はモデルプランです。

モデルプランにも様々な種類があり、非常に悩んでいるのですが、現状、ルオントにて計画中。理由は堂々としていてカッコいい(と思う)からです(笑)

DSC01174

そういった意味では、本当はレイヤが理想なのですが、社内からの反対意見が多く、却下されてしまいました。。。。

細かな仕様はこれから決めていかなくてはならないのですが、楽しみでもあり、悩ましい問題でもあります。

やっぱり、レイヤじゃダメですかね、、、、(笑)

丸太

DSC00989

今日は、半年以上前に山から取ってきた桧の皮を剥いでみました。

地べたに置きっぱなしだったので腐っているのですが、土に接していた部分だけでなく、上の方に積んでいたものまで腐っていました。

当然、皮を剥かずに雨ざらしにしていたことも原因ですが、やはり木は湿気が天敵なのだと痛感した次第です。。。。。

何が言いたいかと申しますと、最近の住宅にはウッドデッキをよく見かけます。

無垢材を好むお施主様が多いのですが、耐久性・変色・ささくれ等々、我慢せざる得ないところも多く、何かいい物はないかと探していたところ、、、

こんな物がありました!

DSC01043

けっこう木に見えます。そして、アルミ心材がないので、木口も空洞でなく自然な感じです(すみません写真はありません)。

無垢の木とうまく接していくというのも楽しいですが、ウッドデッキに関していえば、この選択肢もありかな~~~と、

思った次第です。

モデルハウス建設予定地 その1

DSC00991

今日は寒い一日でした。あまりに寒くて事務所から出たのは、この写真を撮るためだけの一回だけ(笑)

見晴らしが良く、ちょっとした高台になっています。

DSC00996
下からみた写真

私自身の家ではないのですが、なんだかワクワクしてきました。

きっと、これからログハウスを建てる方も、こんな気持ちなのかな?と、思ったりしました。

狭小地

DSC00872

先日、上棟のT様邸。

私が今まで携わってきた物件の中で、最も狭い搬入口でした(笑)

建物際までは、レッカーが入れなかったので、お隣の敷地から。
レッカーもギリギリです。足が延ばせないので、重荷も吊れませんでした。。。

DSC00870

手作業で梁を掛けたり、大忙しの一日でした!

DSC00875

熱伝導率

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は、久しぶりに製材作業をしました。

製材機で原木を割ると、木の粉(私どもはヒッコと呼びますが)だらけになるのですが、いい匂いだったりもします。

そんな木の熱伝導率(熱の伝えやすさ)って、考えられたことはあるでしょうか?

ログハウスは暖かいので、一般的な断熱材(グラスウールやロックウール)よりも優れている。

と、思われがちですが、実は全くそんなことはないです。

では、何故ログハウスは暖かいのか。実はそう思っているだけなのか、、、、、気になって調べてしまいました(笑)

答えは、インターネットで「ログハウス なぜ暖かい」と検索して頂ければ、すぐにわかります(笑)

仕事納め

IMG_2166

今年もあっという間に年末をむかえてしまいました。

会社は一応今日が仕事納めですが、現場は明日も明後日もまだまだ続きます!

ちなみに冒頭の写真ですが、今日本屋さんで買ったのものです。

前々から色々と気になっていた北欧ブランド。聞いたことあるような気がするけど、、、、わからない。

そんなモヤモヤを払拭するためのツールにしてみます。

「好きこそ物の上手なれ」、、、、なればいいのですが(笑

K様邸

DSC00825

今日は、現場シートをつけてきました。

これまで付けたことがなかったのですが、殺風景な現場を少しでも和ませれるような雰囲気になればと思います。

ログハウス現場にて、ホンカ仕様をつけるのが非常に楽しみになってきました。