kitaharima のすべての投稿

姫路市の一戸建て住宅、確認許可

姫路市で建築予定の物件ですが、先日、確認申請許可が下りました。

在来軸組工法の確認申請は頻繁に下ろしますが、構造欄に丸太組工法と書かれているのはやはり新鮮です。

ログハウスの確認申請は普通の住宅と違う点は構造計算書が分厚いということくらいでしょうか。

在来軸組工法ではある程度の構造は簡単に計算可能ですが、丸太組工法は少し難解です。

実際の木の組み方は丸太組の方がシンプルで分かりやすいのですが。。

 

また、最近は長期優良やゼロエネ住宅が取り上げられてますが、ログハウスはこれらに対応させることも難解です。計算すれば可能と言うことなのですが。

でも、実際の機密、断熱、耐震、設備更新性は基準以上に優れてます。ただ、それを数値化して許可をいただくことが、なかなか。

今後の課題として、改善していきたいと思います。

ご新規様、打ち合わせ

 

当社のお近くで新築を希望しておられますY様にプラン提案させていただきました。

今回の提案は在来軸組工法で和モダン住宅という型をとらせていただいたのですが、ログハウスにもご興味をお持ちで、近隣の他社ログハウスメーカー展示場も回られているとのことでした。

ホンカモデルハウスにご来館される方の8割はログハウスでないと、、という感じですが、そうではなく、選択肢の1つとしてログハウスを検討しておられる方も多いかと思います。

そんな方こそ、是非一度、弊社モデルハウスをご体感下さい。ログハウスと在来工法の比較していただきまして、それぞれの方に最適と思える提案をさせていただければと思っております。

年度変わりの時期になりました。

何かと忙しい時期になりますが、体調管理の上、家づくりも頑張って進めていきましょう!

 

トゥンネ➕検討

数日前の打ち合わせですが、アップロードしたつもりが、漏れておりまして、今更ながらにご報告です。

トゥンネ➕をカスタマイズしてご検討中のY様からご要望を詳細にお聞きしまして、パースで提案させていただきました。

自然の中で、広々としたバルコニーをご希望なのですが、話を聞いて空間を想像しただけで、ワクワクする、遊び心溢れるプランとなってます。

トゥンネが、昨年から引き続き人気ですが、当社のモデルハウス、ペルへ2と似てるため、イメージしやすいみたいで非常に役立ちます。

今回、改善点を何点かお聞きしましたので、修正後、またご提案させていただきます。

予算内でできる限りの夢を詰め込み、実現させたいと思いますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

トゥンネ色決め打ち合わせ

姫路市で春から着工予定のトゥンネ。

本日は電気配線と屋根と塗装色の打ち合わせ。

結構、あれこれ迷われる施主様が多いのですが、スパッと決まり!

潔よすぎて気持ちよい感じです、笑。

屋根の色は赤、外壁塗装色はグレーとだけご報告しておきます。

皆様、完成をお楽しみに!

3月になりました

今年も2ヶ月が過ぎまして、はや、3月となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

年末から2月末までに、たくさんのお問い合わせと、モデルハウスへの新規ご来館をいただきまして、ありがとうございます。

そして、現在進行中のオーナー様、引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

 

昨年夏にモデルハウスを建築したばかりだからでしょうか、絶え間なく新規お客様が来館されます。

改めて、ホンカログハウスの需要が予想より高いことに驚いておりますが、それも3月末でひと段落するのではないかと、私の勝手な予想です。

子供が小学校に入る時期を多くの施主様が気にされまして、3月上旬の完成を目指されます。で、なぜか分かりませんが、皆様、一年くらいを打ち合わせと建築に必要な日数と算段されているからです。

今月も3件予定が入っておりますが、皆様、出来ましたらご来館の際は前もってご連絡いただけますと助かります。宜しくお願い致します。

写真はハンガリーのホンカログハウスです。

 

お客様、2組ご来館

今週末2組のご新規なお客様が、打ち合わせに来られました。

その内の1組は、ホンカログハウスではなく、在来工法の和モダンな家でご検討中とのこと。

お話をお聞きしておりますと、やはり三田のベスには行かれたことがあるようで、ログハウスを検討中の方にも在来工法で検討中の方にもベスさんは人気です、すごいですね。

こんなに皆さまが足を運ばれているのは、いったいどんなモデルハウスなのか、、一度伺いたいとは思うのですが、同じ業界におりますと、どうしても他社の粗探しになってしまいそうで、あまり人を、悪く思ってしまうのも良くないので、やめときます。

お互い自分のところの長所をアピールすることで成立する、そんな関係でいたいものです。

と。一方的に思っております。笑

 

 

モデルハウスのこだわり5

今回のこだわりポイントのご紹介は、

かの有名なイサムノグチの楕円型ガラスと足の形が特徴的なノグチテーブル。

建築を少し勉強したことがある方なら、当然知ってるエピソードが、イサムが人生を賭けて真理を追究できるのは医者か?芸術家か?と野口英世に尋ね。野口は芸術家と答えた。

以降のイサムノグチの芸術家としての活躍はご承知の通り。

ちなみに、このノグチテーブルの製作を依頼したのは、デザイナーであるジョージネルソン。彼の代表作、ネルソンクロックがモデルハウスの打ち合わせ室には掲げられております。

有名な芸術家、デザイナー、建築家は結構つながりのあるもので、調べてみると面白い。などと思うのは私だけでしょうか、汗。

そんな視点でログハウスと家具を一度見て頂きたく思います。結局は見た目が好みかどうかだけかもしれませんが。。

 

追伸

と、書き終わって気がつきましたが、今回本当にご紹介したかったのはガラスに映ってる天窓と青空でした。それは次回!

お客様の再訪問

本日、以前モデルハウスに御来館いただいたことのある、Y様が、再度打ち合わせに来ていただけました。

一度ご体感下さいと、ご案内をさせていただきますが、本当に一度で終わってしまうと、何か失礼があったのかと少し寂しい気持ちになるものですが、再訪されますと嬉しさもひとしおです。ありがとうございます。

本日は、敷地形状に合わせたプランのご検討。

おおよそのイメージは固まりつつあるものの、詳細の設定と構造的な実現の可否を検討させていただきまして、想像以上のものをご提案出来ればと思います。

家づくりには様々なハードルがあります、

竣工時期、資金、土地、広さ、間取り、段取り等。打ち合わせを重ねることで、それぞれのお客様に合わせて、一つ一つ解決していければと思いますので、気兼ねなく、ご相談下さい。

本日は、ありがとうございました。

モデルハウスのこだわり4

昨日に引き続き、シリーズ第4回はウッドデッキ。

ホンカの標準スペックでは、もちろんフィンランドパイン。極寒の地でゆっくり素直に育つその材は、目が細かく耐食性に優れます。

ですか、当社はあえて一般的なウッドデッキ材を選択。価格は高くなりますが、性能は価格に比例する場合も多々あります。

よく耳にするのはイペ、ウリン、セラカンバツくらいでしょうか?何が違うかと言われると、なかなか説明できませんが、とにかく高い。

そこで、広いデッキを作りたい当社は製材所ネットワークを使って探してみましたら、ありました。

それらより若干ですが価格が抑えられた同品質の材料を、しかも、風合いの違う2種。

ここまで言ってなんですが、新種の材は秘密です。是非モデルハウスでご確認ください。

お待ちしておりますm(_ _)m

モデルハウスのこだわり3

1、2の天井の話からガラリと変わって、今回は薪ストーブのお話。

モデルハウスに設置したのは、有名なメーカーであるヨツール。

鋳鉄製のボディは少しレトロ感があるけどスタイリッシュ。全面の大ガラスは最近になって技術の発達とともに可能となりました。

譲れなかったことは、

1.ストーブの上で料理や湯沸かしができること。

2.輻射熱で温まるタイプであること。

3.炎が見やすいこと。

4.ホンカログと同じく、シンプルな作りであるからこそ素材が活きていること。

1の条件を満たすために候補から外れたストーブは少しだけ、2の条件で主に北欧の空気対流式のスタイリッシュなタイプが外れ、3の条件でヨツールとバーモントが残りましたが、機能がいろいろあって壊れやすそうなバーモントは外しました。

調べてみればほんとうにたくさんの種類の薪ストーブがありますが、当社には力強いアドバイザーがおりますので、ご要望ありましたら紹介させていただきます。

ログには7割近く設置されるという、薪ストーブ。高価なものですので、じっくり考えたいものです。

※当社のヨツール選定には個人的主観が大いに入ってます。メーカーの優劣は単なる個人的な感想にすぎません。