カテゴリー別アーカイブ: 未分類

クリスマスリース

昨日、竣工してお住まいになられておりますログホームを訪問しますと、玄関扉にクリスマスリースの飾り付けがされてました。

ホンカ、フィンランド、サンタ、クリスマス。雪も降りましたし。12月はログホームにお住まいの方にとって、一番特別な月かもしれませんね✨

 

ログ積み

多忙につき、少し更新遅れました。

神戸市の物件、ログ積み状況。

大分タイムラグがありますが、建築工程通りに更新していきたいと思います。

毎回、ログハウスの建築には経験のある大工さんと未経験の大工さんをあえて混合して担当してもらうように計画しております。

これは将来的にいつ建築を開始しても対応できるようになるためと、大工さんのキャリアアップのため。

本格的な和室や社寺物件を施工する際も極力そのようになるよう気をつけております。

物件請負で大工さんに外注していない当社がそうしないことには職人さんの質は下がるばかり、、と考えるのは少し厚かましいかもしれませんが、建築業界の高齢化と若者不足に伴う技術低下は深刻です。

目先のことより将来を考えますが、目の前の物件もしっかり仕上げていきますので、ログホームを積み上げていく工程を楽しんでいただければと思います。

神戸港でログ引取

本日、先週火曜日に神戸港に到着したログ材の引取りに行ってきました。

これまではコンテナのまま当社物流倉庫に持ってきてもらってたのですが、いろいろなやり方を試してみて最適解を見つけたいというのが当社のスタンス。ということで、今回は港での引き取りです。

新しい建材や工法が次々に開発されてますが、最初からこれまで通りで構わないと毛嫌いせず、常に向上心を持って業務にあたりたいものです。

篠山市メンテナンス計画

篠山市でホンカログホームにお住まいのお施主様からご依頼を頂きまして、メンテナンス訪問。

まず、駐車場に積まれた巻きとアプローチに座すボートがいい感じです。

犬好きな奥様と車やバイク等機械系の趣味をお持ちのご主人が設えられた室内は、ホンカログホームの魅力が引き出された教科書のようないい雰囲気。品質が違うと高く評価して下さっておりました。

さて、今回のメンテナンス箇所は

窓サッシからの雨漏り

天窓ブランドの紫外線劣化による取り替え

デッキ取り替え

外壁再塗装

雨漏りが一番深刻ですが、最善の対応策を提案したいものです。

ログ積完了

神戸市北区で、結構日数がかかってしまいましたが、ようやくログ積完了です。

今回は特別に空からの鳥瞰写真を撮影してみました。

このログ、実はホンカのフィンランド産ではなく、恐らく東南アジア産のものですが、ノッチの加工まできっちり仕上がっておりまして、なかなかのものです。

ログの厚みが少しものたりないのがネックですが、コストを考えるといたしかたなし。

雨が降らない間に出来るだけ早目に屋根をかけたいものです。

本日打ち合わせさせていただきました施主様作、ホンカ北播磨プロデュースのログ建築は始まったばかりです!

基礎コンクリート打設完了

配筋検査も無事合格し、コンクリートを打設しました。

コンクリートは硬くて重くて強いイメージですが、固まる前は少し様子が違います。

混ぜないと空いてしまうが混ぜすぎるとシャバシャバに、型枠や鉄筋の規則は非常に細かく、それによって形も強度も変わる、非常にデリケートな代物です。

それは季節にも左右されます。

8月の熱い時期、2月の寒い時期はかなり注意が必要ですが、幸運にも暑すぎず寒すぎずで今が最適な季節。しかも、打設後、まとまった雨が降り湿潤養生もできて幸運です。

あとはただただ、ログの到着を待つばかりです。

配筋検査

本日、神戸市のログハウス建築現場で配筋検査。

建物の配置OK.

スラブ筋OK.

立ち上げ基礎位置OK.

根入れ深さ、立ち上がり高さOK.

かぶり厚、定着長さOK.

立ち上げ基礎配筋…

あれ?

最も力の加わる立ち上げ基礎部分の配筋が、構造図と異なってます。

確かに図面表記が少し分かりにくいこともありましたが、型枠組み上がってませんでしたので、スムーズに是正。

d19の鉄筋をダブルで端部に配する図面でした。19の鉄筋は鉄骨造の施設を造る時は良く見てましたが、住宅ではまず見ません。

ですが、構造図には必要と書いてあり、それで申請してあるので施工が必要です。d13で本数を増やして賄えないものかと疑問ですが、d19の断面2次モーメントが必要とされているのでは仕方なし。

ログハウスの基礎は簡単な型ではありますが、一般的では通じない点もあり、独特です。

あとはコンクリ強度に気をつけて、いよいよ形を作っていきます。

 

ホンカログホーム、プレミアムレジデンスvol.5

ホンカの豪邸特集サッシ、プレミアムレジデンスvol5が発刊されました。

モデルハウスには備えておきますが、ご希望ありましたら送付させていただきます

ログホームに限らず、どんな建築もそうですが、私はやはり小さくて密度の濃い家が好きです。建築家の作品でも小さな建築の中にあるデザインや工夫が面白く、大きな作品はどうしても間延びした感がでてしまうのがネックです。

今回掲載の作品はプラン的にスッキリ収まっていて良いと思いますが、カスタムプランの場合はディーラーの設計能力にホンカのイメージが左右されるということになりますので、新しいホンカイメージを北播磨から作っていければと思います

気球搭乗体験イベント開催

本日、気球搭乗体験イベントがホンカ北播磨モデルハウスから徒歩5分の稲刈後の田で開催されました。

加西市は大きな川がなく年中安定した風が穏やかに吹き、盆地であり寒暖差が大きい気候条件が気球を飛ばすのに最適で。気球の飛ぶ町として有名です。

各地から気球愛好家が集まってこられるのですが、播磨風船飛行隊というチームに深く関わっておられる方が、村人におられまして、今回のイベントが開催できました。

今回は村人対象イベントでしたが、いつかホンカ北播磨のお客様対象イベントとして実施したいものです。以前から思ってます、ホンカ北播磨登山部計画もまだ温め中です、笑。

加西市の気候条件が気球に合うように、各地の風土に合わせた、それぞれの家庭向けにカスタマイズされたプランニングができればと思います。

ホンカというブランドのシリーズは世界中で手に入ります。ですが、各地のディーラーによって、作られるプランも価格もそれから得られる満足度も異なります。

ただのブランドの仲介会社ではない、注文建築を手掛ける技術集団としての仕事を提供して行きたいと思います。

 

 

 

基礎工事、着手


基礎工事に着手しました。

多くのログハウスの基礎は在来工法の基礎と少し違います。ログを積む下に基礎の立ち上がりがあり、重たい重量を受ける為にスラブが深くえぐれているのです。

すごく理にかなっているようですが、段差がある為、施工は一手間増えます。

実は在来工法でも、等級3程度の耐震を確保しようと構造計算すると、同様の基礎形状になるのですが、少し配筋等を工夫すれば解消できます。

これまでは、ホンカの構造設計さんに頂いた図面を忠実に守って施工しておりますが、時間の許す限り何事にも改良を試みて行きたいと思います。

掘り方のあと、防湿シートを施工し、捨てコンを打って、墨出し完了。配置確認は図面通り〔少し誤差はあり〕。明日から本格的に基礎工事です。