配筋検査

本日、神戸市のログハウス建築現場で配筋検査。

建物の配置OK.

スラブ筋OK.

立ち上げ基礎位置OK.

根入れ深さ、立ち上がり高さOK.

かぶり厚、定着長さOK.

立ち上げ基礎配筋…

あれ?

最も力の加わる立ち上げ基礎部分の配筋が、構造図と異なってます。

確かに図面表記が少し分かりにくいこともありましたが、型枠組み上がってませんでしたので、スムーズに是正。

d19の鉄筋をダブルで端部に配する図面でした。19の鉄筋は鉄骨造の施設を造る時は良く見てましたが、住宅ではまず見ません。

ですが、構造図には必要と書いてあり、それで申請してあるので施工が必要です。d13で本数を増やして賄えないものかと疑問ですが、d19の断面2次モーメントが必要とされているのでは仕方なし。

ログハウスの基礎は簡単な型ではありますが、一般的では通じない点もあり、独特です。

あとはコンクリ強度に気をつけて、いよいよ形を作っていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です